Adobe Premiere Proの中から、ビデオ用にStockのミュージックを探し、ライセンスを購入して、編集します。

Adobe Premiere Proでエッセンシャルサウンドパネルを開く

Adobe Premiere Proで、オーディオワークスペースプリセットを選択するか、ウィンドウ/エッセンシャルサウンドを選択して、Adobe Stockオーディオが組み込まれているべての新しいエッセンシャルサウンドパネルを表示します。パネル上部にある「参照」をクリックして、豊富なライブラリの中から検索することができます。

エッセンシャルサウンドパネルの「参照」タブには検索バーと、検索を絞る際に使用する3つのオプション「ムード」、「ジャンル」 および「フィルター」があります。

Adobe Premiere Proのデスクトップスクリーンショットで、編集者はウィンドウ/ワークスペース/オーディオを選択し、水平線に日が沈む曲がりくねった道を走行するビンテージのオープンカーの画像が表示されている

Adobe Stockオーディオを検索

検索バーを使用してキーワードで検索するか、ムード、ジャンル、テンポ、ボーカルなどで結果の絞り込みを開始します。 

この例では、昨年の夏に撮影した短い自動車旅行のビデオをソーシャルメディアアカウントに投稿しています。キーワード「自動車旅行」で検索し、ジャンルには「ダンス」を選択して結果を絞り込みます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はエッセンシャルサウンドパネルを使用してダンスのジャンルで検索をフィルタリングし、プログラムモニターではオープンカーが2車線の高速を走っている

候補となるトラックを試聴する

Adobe Premiere Proの高性能な「タイムラインの同期」を使用すると、素材をプロジェクトに読み込む前であっても、ビデオに必要なタイミングでAdobe Stockオーディオキューをプレビューできます。

エッセンシャルサウンドパネルの下部のタイムラインの同期の横にチェックボックスがあります。 

このチェックボックスにチェックを入れ、ミュージックキューの開始が予想されるタイムラインの任意の場所にタイムラインの再生ヘッドを置きます。この例では、最初のフレームから再生してそこから開始します。次に、検索結果の中でプレビューするミュージックキューを特定し、キュー名の横にある再生ボタンをクリックします。

別のトラックをプレビューする場合は、新しいトラック名の横にある再生ボタンをクリックする必要があります。タイムラインの再生ヘッドは初期の開始地点に戻り、新たにプレビューします。

タイムラインのアウトポイントはプレビューしているミュージックキューの長さで決まり、新しいキューを再生するたびに更新されます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はエッセンシャルサウンドパネルでミュージックトラックの再生ボタンをクリックし、日没の2車線の高速を走行するビンデージオープンカーの画像が編集インターフェイスのフレームの左側に表示されている

トラック全体を確認

キューの波形の各ポイントをクリックして、Adobe Stockオーディオトラックの様々な部分を聴くことができます。キューで再生する新しいセクションを選択すると、再生ヘッドがタイムラインの一致するポイントにジャンプします。

キューの終了方法を確認して、心地よく終了するサウンドを選択できます。

Adobe Stockオーディオトラックの波形にカーソルが置かれ、オーディオメーターがバウンスしている

タイムラインにAdobe Stockオーディオトラックを追加

タイムラインに追加するトラックを見つけたら、エッセンシャルサウンドパネルからタイムラインに直接ドラッグ&ドロップします。必要に応じて、プロジェクトのごみ箱にドラッグ&ドロップすることもできます。

このバージョンのAdobe Stockオーディオトラックは、編集作業を妨げるオーディオ透かしのないm4aファイルです。これらの透かしのないバージョンを書き出して、クライアントや共同作業者とプライベートに共有できます。 

最終編集に含めるためにトラックのライセンスを購入すると、Adobe Premiere Proでm4aバージョンが高品質なwavファイルにシームレスに置き換えられます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者は、日没の海岸道路を走行するオープンカーの編集の下にあるタイムラインのオーディオトラックに新しいミュージックキューをドロップしている

ミュージック編集の微調整

Adobe Stockのオーディオトラックを配置したので、ブレードツールを使用して、編集の時間に合わせて終了位置をトリミングします。

カットポイントにフェードアウトトランジションを追加すると、BGMが終了する際に期待した効果が得られます。ただし、ほとんどの場合は、Adobe Stockオーディオ トラックの最後のいくつかのバーをトリミングし、ビートに合わせて編集の終了位置に移動すると、最適なサウンドになります。

この微調整編集をおこなうには、オーディオトラックを拡大してオーディオ波形が見えるようにします。次に、ブレードツールを使用してキューの最後のバーをいくつかカットし、キューの他の部分の下に配置して波形を比較できるようにします。同じようなピークと最小値を揃えて再生し、滑らかなトランジションを見つけます。

試行錯誤すると、非常に滑らかに聞こえる箇所が見つかります。その場所で2つのクリップを一緒にカットします。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はアウトロ直前のAdobe Stockオーディオトラックをカットしている

トラックの終了位置を編集

波形を使用して、短縮したトラックからアウトロまでのシームレスなトランジションを見つけます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者は、同一のオーディオトラックと海岸沿いの高速を走行しているビンデージオープンカーの編集の下にあるオーディオトラック2でミュージックトラックを編集している

トラックのライセンスを購入

編集したトラックを思い通りに配置できたので、タイムラインから直接トラックのライセンスを購入できます。

ライセンスを購入するAdobe Stockオーディオトラックを右クリックし、ポップアップメニューで「ライセンス...」をクリックします。アカウントにクレジットが必要になります。クレジットはhttp://stock.adobe.com/jp/で事前に購入できます。

Adobe Premiere ProでAdobe Stockの統合されたミュージック検索機能を使用して楽曲をビデオに追加できました。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者は、フォーカスされているタイムラインパネルで、Adobe StockオーディオミュージックトラックをCtrlキーを押しながらクリックし、ポップアップメニューの「ライセンス...」を選択している

ソーシャルメディア用の書き出し

ソーシャルメディア用にAdobe Premiere Proプリセットを使用してビデオを書き出します。

この例では1080p HD YouTubeプリセットを使用しています。どのソーシャルメディアプラットフォームでも使用できる出力形式です。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、前景のメディアを書き出しウィンドウに書き出し設定が表示され、日没の高速を走行するビンテージオープンカーの静止画像も表示されている

ビデオのBGMに最適なAdobe Stockオーディオを見つけ、すぐに編集できました。

09/21/2020
このページは役に立ちましたか。