Adobe Stockオーディオを使用してビデオ用に独自のビートを作成し、ボイスオーバートラックと完全に組み合わせます。
アフリカ系アメリカ人の女性がコンピューターモニターの前に座って作業し、同じ部屋では他にも多くの人がコンピューターに向き合って作業している

Adobe Premiere Proでエッセンシャルサウンドパネルを開く

Adobe Premiereで、オーディオワークスペースプリセットを選択するか、ウィンドウ/エッセンシャルサウンドを選択して、Adobe Stockオーディオが組み込まれているすべての新しいエッセンシャルサウンドパネルを表示します。パネル上部にある「参照」をクリックして、豊富なライブラリの中から検索することができます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はウィンドウ/ワークスペース/オーディオを選択し、背景のプログラムモニターにはコンピューターに向かって作業している若いアフリカ系アメリカ人女性の画像が表示されている

Adobe Stockオーディオを検索

検索バーを使用してキーワードで検索するか、ムード、ジャンル、テンポ、ボーカルなどで結果の絞り込みを開始します。 

この例では、自動運転車に取り組んでいるAI企業の短いプロモーションビデオを編集しています。VO用に一息つける余地を確保するために、印象的なイントロの後に落ち着いていくような最適なビートのAdobe Stockオーディオキューを探します。

ヒップホップのジャンルを選択して、結果を視聴するだけで検索できます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はエッセンシャルサウンドパネルを使用してキーワード「未来」で検索している

候補となるトラックを試聴する

Adobe Premiere Proの高性能な「タイムラインの同期」を使用すると、素材をプロジェクトに読み込む前であっても、ビデオに必要なタイミングでAdobe Stockオーディオキューをプレビューできます。

エッセンシャルサウンドパネルの下部のタイムラインの同期の横にチェックボックスがあります。 

このチェックボックスにチェックを入れ、ミュージックキューの開始が予想されるタイムラインの任意の場所にタイムラインの再生ヘッドを置きます。この例では、最初のフレームから再生してそこから開始します。 

検索結果の中でプレビューするミュージックキューを特定し、キュー名の横にある再生ボタンをクリックします。

別のトラックをプレビューする場合は、新しいトラックの再生ボタンをクリックするだけです。タイムラインの再生ヘッドは初期の開始地点に戻り、新たにプレビューします。上向き矢印キーと下向き矢印キーおよびスペースバーを使用してキーボードで手早く操作することができます。

気に入ったトラックが完璧でない場合には、すぐに同じアーティストの他のトラックを聴いて、最適なものがないか確認できます。  

キューの右側にある3点アイコンをクリックして、「このアーティストをさらに検索」を選択します。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はエッセンシャルサウンドパネルでミュージックトラックの再生ボタンをクリックし、ビデオ編集がフレームの左側の編集インターフェイスに表示されている

トラックをタイムラインに追加

タイムラインに追加するトラックを見つけたら、そのトラックを右クリックし、「プロジェクトに追加」を選択してプロジェクトに追加できます。 

トラックをハードドライブのローカルフォルダーに保存するか、Adobe Creative Cloudライブラリに追加するオプションもあります。 

このAdobe Stockオーディオトラックのサンプルバージョンはm4a圧縮ファイルです。ただし、編集の操作を妨げるオーディオ透かしはありません。これらのバージョンを透かしなしでプロジェクトの一部として書き出し、クライアントや共同作業者とプライベートに共有できます。 

最終編集に含めるためにトラックのライセンスを購入すると、Adobe Premiere Proでm4aバージョンが高品質なwavファイルにシームレスに置き換えられます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者は新しいミュージックキューをタイムラインのオーディオトラックにドロップしている

ループするビートを特定

オーディオトラックの左側にあるミュートアイコンをクリックしてVOトラックをミュートします。次に、タイムラインのミュージックキューを選択して再生します。

ビートにマークを付けるには、4カウントを使用し、1に戻るたびにキーボードのMキーをタップします。「M、2、3、4、M、2、3、4」のようにカウントします。

トラック全体にマークを付けると、マーカーがすべてのダウンビートに表示されます。各マーカーはこのキューの潜在的な編集ポイントです。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はマーカーをダウンビートのAdobe Stockオーディオミュージックトラックに追加している

Adobe Stockオーディオキューの再編集

この例では、キューの開始とともにミュージックを開始されますが、ビデオのメイン部分では、キューの他の部分よりも余裕を持たせるために、52秒前後のマークから開始するビートを使用します。

ブレードツール(キーボードショートカットC)を使用して、メインのビートが始まる直前の17秒地点の前後に配置したマーカーの近くにあるAdobe Stockオーディオキューをカットします。 

余分な箇所が排除されたビートが開始されるため52秒前後のマークでキューをもう一度ブレード処理し、スティンガーでキューが終了する直前の58秒前後のマークでもキューを再度ブレード処理します。

次に、選択したビートを、イントロが終了するカットの適切な場所にスライドし、より強いビートを置き換えます。編集した内容を再生して、正確であるか確認します。 

4カウントループを、繰り返しすぎないように必要な回数だけ複製します。この編集では、ループを3回使用していますが、3回目では、最後のスティンガーを再生します。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はAdobe Stockオーディオトラックをカットしている

VOでミュージックをダッキング

エッセンシャルサウンドパネルを使用してボイスオーバー録音をハイライトし、VOクリップでミュージックを自動的にダッキングします。

タイムライン上のVOクリップ(この例ではオーディオトラック2)をすべて選択します。 エッセンシャルサウンドで、「編集」タブをクリックしてから、「会話」ボタンをクリックします。

次に、タイムラインのすべてのStockオーディオクリップ(この例ではオーディオトラック1のすべてのクリップ)を選択し、「ミュージック」ボタンをクリックします。

Stockオーディオクリップを選択した状態で、エッセンシャルサウンドの「ダッキング」の横にあるチェックボックスをクリックし、「キーフレームを生成」ボタンをクリックします。BGM音量が低くなりすぎた場合は、「低減の量」を左にスライドして下げてみましょう。次にもう一度「キーフレームを生成」をクリックします。

Adobe Premiere Proでキーフレームが配置され、タイムラインにVOクリップがあるすべての場所でBGM音量が下がります。ダッキングコントロールのパラメーターを調整して、目的のバランスを見つけます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はエッセンシャルサウンドパネルのミュージックトラック用ダッキングインターフェイスにある「キーフレームを生成」をクリックし、プログラムモニターでは、アフリカ系アメリカ人の女性が他の同僚がいる部屋でコンピューターに向かって作業している

ボイスオーバーのバランス調整

オーディオトラック2のボイスオーバークリップをすべて選択し、エッセンシャルサウンドパネルの「編集」タブを見ます。 

この例では、これらのクリップに会話のラベルを付けたときにAdobe Premiere Proで自動的に適用された調整により最適なサウンドになっていますが、この場所で必要に応じて調節することができます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、カーソルが「ボーカルプレゼンス」が選択されているEQダイアログボックス付近に置かれ、プログラムモニターでは、アフリカ系アメリカ人の女性が、部屋の中でコンピューターに向かって働いている多くの人の前に立っている

トラックのライセンスを購入

編集したトラックを思い通りに配置できたので、タイムラインから直接トラックのライセンスを購入できます。

ライセンスを購入するAdobe Stockオーディオトクリップを右クリックし、ポップアップメニューで「ライセンス...」をクリックします。アカウントにクレジットが必要になります。クレジットはwww.stock.adobe.com/jp/で事前に購入できます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、ライセンスAdobe Stockダイアログポップアップウィンドウの「確認」ボタンにカーソルが置かれている

ソーシャルメディア用の書き出し

Adobe Premiere Proのソーシャルメディアやデスクトッププレゼンテーション用プリセットを使用して、ビデオを書き出します。

この例では1080p HD Vimeoプリセットを使用しています。どのソーシャルメディアプラットフォームでも使用できる出力形式です。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はメニューバーからファイル/書き出し/メディア...を選択している

ビデオに最適なカスタムビートをカットして、ボイスオーバートラックと完璧に組み合わせました。

09/21/2020
このページは役に立ちましたか。