マテリアルと環境光の書き出し

他のアプリケーションで使用するために作品を書き出す方法について説明します。

書き出しは、Sampler のクリエイティブなプロセスの最終手順であり、他の 3D アプリケーションでアセットを使用する最初の手順でもあります。使用予定のアプリケーションに基づいて、アセットを書き出します。Sampler はさまざまな形式で書き出しできるため、ほぼどこでもアセットを使用できます。

書き出しプロセスはすべて、共有パネルから管理されます。共有パネル は、右側のサイドバーから開くことができます。

アセットを他のアプリケーションに送信する

右側のサイドバーから開いた共有パネルを示すスクリーンショット。
右側のサイドバーから共有パネルを開きます。

共有パネルの「送信先...」セクションには、作品を他のアプリケーションに直接送信するためのオプションがあります。これにより、ファイルの管理に費やす時間を最小限に抑えることができ、クリエイティブなプロセスに集中できます。

作品を別のアプリケーションに送信するには、「送信先」セクションで該当するオプションを使用します。表示されるウィンドウまたはプロンプトに移動します。作品の送信先アプリケーションが開きます。

注意:

送信先」セクションの下のオプションが灰色表示されている場合は、それらの上にカーソルを合わせると、使用できない理由が表示されます。

アセットを書き出す

書き出し形式...」ボタンを使用して、アセットをシステムの場所に書き出します。書き出しによって、ファイル形式やその他の設定を変更して、アセットを他のアプリケーション用に構成できます。

書き出し形式...」をクリックすると、ウィンドウが開き、書き出しオプションが表示されます。

書き出し形式」ウィンドウ で、次を変更できます。

  • アセットの名前。これは、プロジェクトの名前には影響しません。
  • 書き出し先。
  • ファイル形式。使用するファイル形式は、アセットを使用する予定のアプリケーションによって異なります。SBSAR および SBS ファイルは、単一のファイルに書き出され、最も多くの機能を備えています。その他の使用可能なファイル形式では、アセットの各チャンネル向けに選択された形式で画像が書き出されます。
  • チャンネルを決定するためのプリセットは、自動的に書き出されます。これは、チャンネルを個別に切り替える必要がなく、すばやく設定するために役立ちます。
  • 書き出されたアセットの解像度。
  • 書き出す個々のチャンネル。書き出すチャンネルは、アセットを使用する予定のアプリケーションによって異なります。 
書き出し形式ウィンドウのスクリーンショット

アセットを書き出すと、共有パネルに書き出しキューが表示されます。書き出しキューを使用して書き出しの進行状況を確認し、書き出したファイルの場所を開きます。

注意:

ビット深度は、法線および高さチャンネルでは強制的に 16 ビットになります。他のチャンネルは、使用したマテリアルとフィルターに応じて 8/16 ビットで書き出されます。

次のトピック

ここでは、作品を書き出す方法について説明しました。次に、Sampler で使用可能なさまざまなフィルターについて詳細をご確認ください。

ご質問またはご意見

ご質問またはご意見がある場合は、Substance 3D Sampler Community に参加し、他の Sampler ユーザーと共有してください。ヘルプを取得したり、提案をしたり、作品やテクニックを紹介し合ったりすることができます。

新しい Sampler 機能についてのご意見等は、ぜひ当社にお寄せください

アドビのロゴ

アカウントにログイン