トラブルシューティングとヘルプ

ダウンロードとインストール

After Effects のダウンロードとインストールの方法

Creative Cloud アプリケーションカタログから After Effects をダウンロードできます。ダウンロードを完了するには、Adobe ID とパスワードを使用してログインする必要があります。旧バージョンのインストールまたは更新の確認を含む詳細については、「Download and install Creative Cloud apps(Creative Cloud アプリケーションのダウンロードとインストール)」を参照してください。

After Effects がインストールできない原因

「インストールに失敗しました」エラーの解決には、エラー: Creative Cloud デスクトップアプリケーションの「インストールに失敗しました」を参照してください。その他のダウンロード、インストール、アップデートなどについての問題を解決するには、このダウンロードおよびインストールに関する問題のトラブルシューティングガイドを参照してください。

After Effects の体験版はダウンロード可能ですか?

はい。 Creative Cloud アプリケーションカタログから、すべての Creative Cloud アプリケーションの体験版をダウンロードできます。Adobe ID とパスワードでログインして体験版をダウンロードする必要があります。詳細は、「Creative Cloud 体験版のダウンロードとインストール」を参照してください。

Adobe ID またはパスワードを取得するにはどうすればよいですか?

以下の Adobe ID とログインに関するよくある問題への簡単な解決策をお読みになり、アカウントへのアクセス権をもう一度獲得してください。

After Effects は別のコンピューターにインストール可能ですか?

After Effects とその他の Creative Cloud アプリケーションは、2 台までのコンピューターにインストールできます。3 台目のコンピューターにインストールしたい場合は、インストール済みのマシンのいずれかでライセンス認証を解除する必要があります。Creative Clouds アプリケーションのライセンス認証とその解除の詳細を確認してください。

アカウント管理

パスワードを変更するにはどうすればよいですか?

現在の Adobe ID とパスワードで、「Adobe ID アカウント」ページにログインしてください。このページから、「セキュリティとプライバシ」タブをクリックし、続いて「パスワード」の下で「変更」をクリックします。パスワードと他のアカウント情報の変更の詳細は、「Adobe ID アカウントの管理」を参照してください。

クレジットカード情報を変更するにはどうすればよいですか?

メンバーシップをアップグレードまたは変更するにはどうすればよいですか?

Creative Cloud のプランの切り替えは簡単です。これらのステップバイステップの手順に従って、プランをアップグレードまたは変更してください。

体験版がまもなく期限切れになります。切り替えるにはどうすればよいですか?

有償メンバーシップへの体験版の切り替えは簡単です。これらのステップバイステップの手順に従って、メンバーシップをアップグレードし開始してください。

メンバーシップをキャンセルするにはどうすればよいですか。その場合ファイルはどうなりますか?

メンバーシップをキャンセルした場合でも、Creative Cloud メンバーの無償の特典と、デバイスに保存したすべてのファイルにアクセスできます。アプリケーションやほとんどのサービスにはアクセスできなくなり、クラウドストレージが 2 GB に減らされます。さまざまなタイプの Creative Cloud メンバーシップをキャンセルする方法を確認し、Adobe サブスクリプションの契約条件を把握してください。

手法

手持ちフッテージによるぶれのある映像は修正できますか?

はい。ワープスタビライザー VFX エフェクトを使用して、ぶれやぎくしゃくした動きのあるショットを自動でスタビライズできます。詳細な手順については、「Stabilize shaky video footage(ぶれのあるビデオフッテージのスタビライズ)」を参照してください。

現実的なモーションを作成するには

現実的なモーションは単に物を動かすこととは異なります。この短いビデオで、モーションのぼかし、カラーとシャドウの修正、カメラの動きのシミュレーションなど特殊効果を追加する方法をご覧ください。

キャラクターをアニメーション化してダイアログと同期するには

Adobe Character Animator は Web カメラから顔の表情と動きをキャプチャし、動作に基づきキャラクターをアニメーション化します。詳細については、Character Animator ユーザーガイドを参照してください。

タイトルのテキストをアニメーション化するには

この 3 部からなるビデオチュートリアル「Animate a logo for video(ビデオのロゴのアニメーション化)」で After Effects でのテキストのアニメーション化の基本をご覧ください。

オブジェクト内にフッテージを表示するには

オブジェクトをマスクし、その他のフッテージがその中に表示されるようにします。この記事でシェイプとマスクの作成に関する詳細をご覧ください。

書き出しに関する問題

ビデオファイルのサイズが非常に大きくなる原因再生の品質が悪い原因

ムービーのレンダリングと書き出しを行うと、デフォルト設定は非圧縮ファイルまたは可逆圧縮ファイルを作成します。こうしたファイルはサイズが大きく、ポストプロダクション作業用で、再生向けではありません。コンピューター上でスムーズに再生するには、ファイルを圧縮してください。ムービーのエンコーディングと圧縮オプションの詳細をご覧ください。

すべての QuickTime コーデックを利用できない原因

QuickTime にはエンコーディングのレガシーコーデック用の環境設定が含まれます。設定が有効になっていない場合、After Effects では一部のコーデックが利用できません。「Some QuickTime codecs missing in After Effects(After Effects で一部の QuickTime コーデックが見つからない)」の記事で、QuickTime の環境設定の設定方法について参照してください。

YouTube または Vimeo への書き出しに使用する設定は何ですか?

Adobe Media Encoder を使用すると、レンダリングを行い、YouTube、Vimeo、Creative Cloud、FTP サイトに同時にアップロードできます。「コンポジションAdobe Media Encoder キューに追加」を選択し、After Effects のコンポジションを直接 Adobe Media Encoder に送信します。詳細については「Publish to YouTube and Vimeo(YouTube と Vimeo への公開)」を参照してください。

H.264、MPEG-2、または WMV 形式に書き出すには

Adobe Media Encoder を使用して、これらの形式に書き出します。「コンポジションAdobe Media Encoder キューに追加」を選択し、After Effects のコンポジションを直接 Adobe Media Encoder に送信します。詳細については、「Create H.264, MPEG-2, and WMV videos(H.264、MPEG-2、または WMV ビデオの作成)」を参照してください。

Flash Player 向けにビデオを作成するには

Adobe Media Encoder を使用して、Adobe Flash グループ推奨の形式である H.264(.mp4)に書き出します。「コンポジションAdobe Media Encoder キューに追加」を選択し、After Effects のコンポジションを直接 Adobe Media Encoder に送信します。詳細については、「Create H.264, MPEG-2, and WMV videos(H.264、MPEG-2、または WMV ビデオの作成)」を参照してください。

一般的な問題

QuickTime のエラーが発生する原因

QuickTime の問題にはさまざまな原因が考えられます。QuickTime のエラーのトラブルシューティングで解決策をご覧ください。

Unicode 文字の変換でエラーが発生する原因

OS の言語に適合しない After Effects の言語バージョンがインストールされています。エラー「Could not convert Unicode characters(Unicode 文字を変換できませんでした)」の記事で回答を見つけてください。

After Effects 体験版の有効期限が切れました。モーショングラフィックステンプレートを引き続きレンダリングできますか?

体験版が期限切れでも、モーショングラフィックステンプレートを引き続きレンダリングできます。詳細については、モーショングラフィックステンプレート FAQを参照してください。

After Effects の起動時にフォント辞書を読み込めないエラーの原因

コンピューターを再起動しても警告が続く場合は、エラー「The font dictionary can't be read(フォント辞書を読み取れない)」の記事で回答を見つけてください。

After Effects がメモリを割り当てることができないエラーの原因

After Effects を実行すると、「0.000 MB のメモリを割り当てることができません」または「0.002 MB のメモリを割り当てることができません」というメッセージが表示されることがあります。「メモリを割り当てることができません」で記事の回答をみつけてください。

コミュニティ

会話にご参加ください。