AEM Sites のインストールとデプロイ

AEM の基本事項を確認する

AEM における開発

AEM インスタンスの構築について確認する

AEM プロジェクトの管理

AEM プロジェクトを正常に管理する

AEM の管理

AEM の管理手順を理解する

AEM におけるオーサリング

AEM におけるオーサリングのコンセプトを確認する

AEM のリリースノート

各リリースの製品の更新内容について確認する

AEM Assets

AEM Assets ソリューションを理解する

AEM Forms

AEM Forms(JEE および OSGi)を理解する

AEM Communities

AEM Communities を理解する

AEM Mobile

AEM Mobile ソリューションを理解する

クラスと認定

対面式のクラスとバーチャルクラスで学習を深める

チュートリアル

初心者から上級者向けの様々なビデオでスキルアップ。

HTL

HTML テンプレート言語を使用して AEM で開発する方法を学習する

Dispatcher

Dispatcher を AEM で設定する方法を学習する

トラブルシューティングとヘルプ

Adobe Experience Manager は、商用 Web サイトと関連サービスの構築、管理、およびデプロイメントに関する Web ベースクライアント/サーバーシステムです。多数のインフラストラクチャレベルおよびアプリケーションレベルの機能を 1 つの統合型パッケージにまとめます。

有効なメンテナンス/サポート契約を結んでいるお客様にはコードを記載したメール通知が届き、Adobe Licensing Web サイトから AEM をダウンロードすることができます。企業パートナーは、spphelp@adobe.com からダウンロードアクセスを要求できます。

AEM リリースの詳細については、AEM Sustenance Hub を参照してください。

ライセンスをお持ちのお客様は、アドビのカスタマーケアチームから AEM のサポートを受けることができます。また、AEM コミュニティまたは @AdobeExpCare Twitter ハンドルで質問することもできます。

ドキュメントは、Adobe Experience Manager の以下のバージョンについて入手可能です。 

** バージョンは現在は公式にサポートされていません

以下から AEM のすべてのリリースノートにアクセスできます。

Adobe Experience Manager は、商用 Web サイトと関連サービスの構築、管理、およびデプロイメントに関する Web ベースクライアント/サーバーシステムです。多数のインフラストラクチャレベルおよびアプリケーションレベルの機能を 1 つの統合型パッケージにまとめます。

組織で AEM Assets を使用すると、マルチテナントクラウドプラットフォームのデジタルアセットを簡単に作成、管理、配信、最適化できます。

Adobe Experience Manager Mobile(AEMM)は、AEM Assets、Sites、画面、ワークフロー、ユーザーマネージャ、コマース、フォームを活用する Adobe Experience Manager のマルチチャネルデジタルプラットフォームの一部です。

AEM は、バックエンド処理、ビジネスルールおよびデータと統合すると同時に、複雑なデジタルフォームを作成、管理、公開および更新するための使いやすいソリューションを提供します。AEM Forms では、通信管理機能、ドキュメントセキュリティ、統合された分析とともに、フォームのオーサリング、管理、公開を組み合わせて、魅力的なエンドツーエンドのエクスペリエンスを作成できます。

Adobe Experience Manager(AEM)Communities では、パフォーマンスやサイト管理を強化したり、サイト訪問者を価値あるコミュニティメンバーに変えるオンプレミスのコミュニティサイトをすばやく作成したりすることができます。

Adobe には、AEM を最大限に活用するのに役立つ重要なリソースが多く揃っています。

AEM Community では、提案、共同作業からのサンプルワークフロー、チュートリアル、コンテンツコードサンプルを常時、製作しています。

AEM には複数の組織における多くの用途が揃っていると共にその広範さも十分で、企業全体に機能を提供できます。最初の手順を詳細に調べる場合は、以下の導入ガイドをご覧ください。

マイクロカーネルはパーシスタンスマネージャとして機能するため、これらを理解することは AEM を正常に実装する上でとても重要です。お客様のニーズに適合するものを選択には、インスタンスの目的および検討しているデプロイメントタイプが関わってきます。最も一般的な AEM セットアップで推奨される用途についてご案内します。

AEM のインストールにおいて、セキュリティは重要な考慮事項のひとつです。デプロイメント時に AEM のインストールを安全におこなうために必要な様々な手順と対策について確認します。チェックリストは、上から下の順に適用してください。

AEM コミュニティは、スタートわずか 4 年弱ながら、世界中に何千人ものメンバーを抱えています。メンバーは、Experience Manager の初心者から、熟練のエキスパート開発者や管理者まで、幅広い人々によって構成されています。AEM コミュニティでは、AEM の機能に関する質問から、開発に関するヘルプ情報に至るまで、お手伝いします。また、社内外のエキスパートユーザーとエキスパートセッションを定期的に開催して、サンプル、記事、チュートリアルなどの作成を行っています。

今すぐコミュニティに参加し、優れたコンテンツや人々、ナレッジにアクセスしてください。AEM コミュニティはすべての人に公開されているコミュニティです。AEM に関心のある方は、どなたでも大歓迎です。今すぐ、ご覧ください。

はい、ございます。アドビでは様々なイベントを運営しています。毎月開催するセッションでは、特定の AEM トピックについてエキスパートに質問することができます。また、ImmerseAdobe Summit などの主要イベント、最寄りの地域のユーザーグループイベントについてもお知らせします。

今すぐ、AEM コミュニティにアクセスして、最新の情報をご覧になることを強くお勧めします。

はい、できます!AEM コミュニティチームでは、メンバー全員を対象にサンプルと例に常時取り組んでいます。

AEM コミュニティは定期イベントを毎月開催し、技術、ベストプラクティスに関する会員研修を行っています。これらのライブ Web キャストに参加したり、時間があるときにキャストを再生したりできます。

オーサーインスタンスの最適化は、AEM の高パフォーマンスインストールにおいて重要です。トラブルシューティングで利用できるログについて説明し、AEM WCM のインストール時に発生する可能性のある一般的な問題についても説明します。詳細

オーサリング時の AEM のトラブルシューティングには、AEM を使用する際に発生する可能性のある一般的な問題と推奨される解決方法が記載されています。

以下のトラブルシューティングシナリオについては、一般的なインストールの問題点/回答を参照してください。

  • Quickstart jar をダブルクリックしても何の効果もないか、別のプログラム(アーカイブマネージャなど)の JAR ファイルが表示される。
  • CRX 上で実行しているアプリケーションでメモリ不足エラーが発生する。
  • Quickstart をダブルクリックしてもブラウザーに AEM ようこそ画面が表示されない。

AEM の レプリケーションのトラブルシューティング(非リバースレプリケーション)に対するベストプラクティスを説明します

ログの使用には、AEM でどのようなログを使用できるかや、ログのトラブルシューティング方法の詳細情報が含まれます。

お問い合わせ先

サポートポータル:Experience Cloud のサポート」の記事を参照してください。

電話:1-800-497-0335(米国およびカナダ)

その他の地域の電話番号を入手

電話:1-800-497-0335(米国およびカナダ)

その他の地域の電話番号を入手

電子メール:

  1. ケースの詳細を記入して、電子メール経由でチケットを開きます。
  2. ケースを customercare@adobe.com 宛に送信します。