A/B テスト(テスト 2)を作成する必要があるシナリオを想定してみましょう。そのテストページは、別の A/B テスト - テスト 1(テスト 1 はメインランディングページにあります。)から 2 ページ先のファネル内にあり、テスト 2 のテストページに直接アクセスすることはできません。例:テスト 2 のテストページにアクセスするトラフィックは、テスト 1 のテストページに最初にアクセスした場合にのみ、そのページに辿りつくことが出来ます。

よりクリーンなデータのため、両方の A/B テストのトラフィックを相互に排他的なものにしたいと考えます。したがって、これを実現するためには、次のことが必要です。

  1. テスト 1 が消費するトラフィック量を削減します。テスト 1 がテストページから全てのトラフィックを消費する場合、テスト 1 がまだ適用されていないテスト 2 のテストページをヒットするトラフィックはありません。したがって、テスト 1 のトラフィックは、いくつかの「汚染されていないトラフィック」をテスト 2 のテストページへと流したり、オーディエンス(検索エンジンやオーガニックトラフィックからの訪問者)にテスト 1 を適用して、メインランディングページにアクセスしている一部の訪問者のみに言語学的にも正しくない行にテスト 1 が公開されるようにするため、削減する必要があります。ランディングページのテスト 1 を「すべての訪問者」に対して公開している場合は、アクティビティに含める対象とする訪問者の割合を指定することができます。例えば、すべての訪問者の 50%を含めることを選択できます。

    abc
  2. テスト 1 に公開されていないトラフィックをテスト 2 に公開する必要があります。例:ランディングページでテスト 1 に入った訪問者のプロファイルをセットし、テスト 1 に入っていないユーザーをテスト 2 の対象にします。  同じ結果を達成するため、以下の手順に従ってください。

    1. テスト 1 という名前のプロファイルスクリプトを作成し、テスト 1 に入った顧客のプロファイルに値を返します。下記を参照してください。

      adam_1
    2. テスト 2 という名前の別のプロファイルスクリプトを作成して、その訪問者がテスト 1 に入ったかどうかを確認します。それに従って、「テスト 2 に入った」または「テスト 2 に入っていない」の値を返します。

      Adam2
    3. すべての設定後、「テスト 2 - オーディエンス」という名前のオーディエンスを作成して、「訪問者プロファイル」をルールとして追加します。そして、上記で作成されたプロファイルスクリプト「ユーザーテスト 2」を絞り込みとして選択します。

      Adam3
    4. 最後に、上記で作成されたオーディエンスにテスト 2 を適用します。

 プロファイルスクリプトの作成について詳しくは、次のリンクを参照してください。

  • https://marketing.adobe.com/resources/help/ja_JP/target/target/c_profile_parameters.html
  • https://marketing.adobe.com/resources/help/en_US/tnt/pdf/js_expression_cheat_sheet.pdf

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー