A/B テストバリエーション名を Google Analytics イベントに渡し、A/B テストの影響を追跡するには、Adobe Target 内の HTML オファーを作成する必要があります。そのオファー内で JS コードを記載すると、Google Analytics へデータを渡すことができます。そして、アクティビティ(キャンペーン)内のエクスペリエンスに対するオファーを適用します。以下の手順に従って、同じように実行してください。

  • Adobe Target へログインします
  • 新しい HTML オファーを追加します(オファー>作成>HTML オファー)
  • オファーに「テストオファー」という名前をつけ、JavaScript コード(タグをそのまま使用)に設定、ペーストします。

注意:必要に応じて、以下の Google Analytics コードをカスタマイズすることができます。これがスクリプトです。

    <script type="text/javascript">
    alert("Your Campaign name is " + '${campaign.name}' + " :Your Experience name is "+ '${campaign.recipe.name}'+" :Your campaign Id is "+'${campaign.id}' +" :Your Experience ID is "+ '${campaign.recipe.id}' + " :Your Experience Traffic Type is "+'${campaign.recipe.trafficType}');
    var sCampaignName='${campaign.name}';
    var sExperienceName = '${campaign.recipe.name}';
    _gaq.push(['_setCustomVar',1,'Target' + sCampaignName,sExperienceName,1]);
    _gaq.push(['_trackEvent','Target',sCampaignName,sExperienceName,undefined,true]);
    </script>
  • Form Based Experience Composer を使用する場合、エクスペリエンス内の「コンテンツ」の矢印「>」をクリックしてオファーをエクスペリエンスに適用してください。
Michael_03
  • Visual Experience Composer を使用する場合、ページがエクスペリエンスで読み込まれた後、オファーで置換したいページエレメントをクリックすると、メニューにエレメントのタイプで使用できるオプションが表示されます。Swap Offer をクリックして、コンテンツ/オファーライブラリから「テストオファー」というオファーを選択します。
gaurav_01
Gaurav_02
  • 検証とテストのために、上記で作成されたオファーに警告を表示し、出力は以下に示すスナップショットと類似したものになります。
Mathew_01

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー