この記事では、Adobe Target のインターフェイスでプロパティを作成する方法、プロパティの実装に含めるプロパティトークンを生成する方法、そしてプロパティを実装する 3 つの方法(Web、モバイル、および電子メール/セットトップボックスまたは API)について説明します。 

Adobe Target でプロパティを作成する方法

Adobe Target でプロパティを作成する方法

組織のプロパティを作成することによって、ユーザーがターゲットアクティビティを実行できる範囲を指定できます。

 

プロパティの作成

1. トップメニューバーに移動し、「セットアップ」をクリックします。

2. 左側のメニューバーを参照します。「プロパティ」をクリックすると、以前作成された組織のプロパティのリストが中央に表示されます。*ただし、プロパティをまだ作成していない場合は、リストにプロパティが表示されず、この領域は空になります。

3. 画面の中央にある青い「+ プロパティを作成」ボタンをクリックします。 

4. Web、モバイルアプリ、電子メール、その他のAPI(例えば、セットトップボックスや Playstation コンソールなど)のプロパティの目的のチャネルを選択します。

5. プロパティに名前を付けます。プロパティの名前は、アクセスする必要があるユーザーが簡単に識別できる短い名前である必要があります。プロパティの詳細を含める場合は、その情報を「プロパティの説明」フィールドに含めるオプションがあります。

6. 青い「コードを生成」ボタンをクリックして作成を確認します。実装コードの一意の文字列がすぐに表示されます。

7. 事前に選択したコードをクリップボードにコピーします。このコードは Target の実装を更新するときに使用します。 

8. 完了したら、右上隅にある青い「保存」ボタンをクリックします。プロパティの作成を確認する緑色のポップアップウィンドウが表示されます。 

 

プロパティの実装の次の手順

Target の実装を更新する方法はいくつかあります。例えば、Web ページには次の方法を使用できます。

1. Dynamic Tag Management(Adobe Activation)の「グローバルパラメーター

2. targetPageParams() 関数

3. mboxCreate() 関数

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー