エクスペリエンスのターゲット設定(XT)とは何ですか?

エクスペリエンスのターゲット設定(XT)では、マーケティング担当者が定義した一連のルールや条件を基にして、特定のオーディエンスにコンテンツを配信します。

エクスペリエンスのターゲット設定(ジオターゲティングを含む)は、特定のオーディエンスに特定のエクスペリエンスまたはコンテンツをターゲット設定するルールを定義する際に有効です。アクティビティで複数のルールを定義して、様々なオーディエンスに異なるコンテンツのバリエーションを提供します。

訪問者がサイトを表示すると、エクスペリエンスのターゲット設定(XT)は、その訪問者を評価して、設定した条件を満たしているかどうかを判断します。条件に一致した場合、その訪問者はアクティビティに組み込まれて、条件が一致したオーディエンス用に設計されたエクスペリエンスが表示されます。単一のアクティビティ内で、複数のオーディエンスに対してエクスペリエンスを作成できます。

 

XT でパーソナライゼーションをロック解除するには、どうすればよいですか?

なぜ使用する必要がありますか? 定義した一連の配分ルールに基づいて、簡単な方法で特定のコンテンツのターゲットを特定のオーディエンスに設定できます。
いつ使用する必要がありますか?

特定のエクスペリエンスやコンテンツの一部を、特定のオーディエンスに配信する必要がある場合。

統計面の詳細 この手法では、特定のエクスペリエンスか、コンテンツの特定部分のターゲットを特定のオーディエンスに設定するルールを定義します。ユーザーはエクスペリエンスレベルで変更を加えることができます。
利点

エクスペリエンスのターゲット設定では、あらゆるアクティビティの結果から推定されるインサイトを生かし、即座に行動につなげることができます。

例えば、A/B テストを実施したところ、対抗エクスペリエンスがコントロールエクスペリエンスを上回ることはなかったものの、結果から、ごく限られたセグメントの訪問者は、対抗の方がコントールよりもコンバージョン数が 4 倍多かったことがわかったとします。その場合は、エクスペリエンスのターゲット設定を使用すれば、対抗のエクスペリエンスをそのセグメントに配信することができます。

訪問者のプロファイルの発展に応じたエクスペリエンスの制御

エクスペリエンスターゲット設定を使用すると、訪問者のプロファイルの発展に応じて表示されるエクスペリエンスを制御できます。次のリストに、訪問者のプロファイルが発展する可能性があり、別のコンテンツを提示した方がよいシナリオの一例を示します。

シナリオ 詳細

地理的な位置

訪問者が出張または旅行により、異なる地理的位置から Web サイトまたはモバイルアプリを表示します。

顧客ステータス

訪問者は、アカウントを作成したり、商品を購入する前に、見込み客と見なされる可能性があります。

カテゴリ親和性

Target のカテゴリ親和性機能では、Target 設定のために、ユーザーが訪問するカテゴリを自動的にキャプチャし、そのカテゴリに対するユーザーの親和性を計算します。例えば、特定のテーマに関して Web サイトでいくつかの記事を表示した訪問者には、そのテーマに関連するコンテンツを提示できます。

曜日

週末の取り組みとして、訪問者に映画、食事またはその他の娯楽に関するコンテンツを表示できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー