環境

Target Standard

Target Premium

原因

Web サイトの Content-Security-Policy ヘッダーが Target ライブラリをブロックし、Target Visual コンポーザーでのページ編集を妨げています。

CSP

解決の手順

以下のように Requestly ルールを設定して、CSP ヘッダーを削除できます。

CSP

 
Requestly では、ヘッダーの削除が必要な場合は、常に以下のいずれかを実行します。
Chrome の Requestly 拡張機能を使用するには:
 
a)Chrome に Requestly ブラウザー拡張機能をインストールします。
b)拡張機能を開いて、次を使用するように設定します。
c)「Modify headers(ヘッダーを変更)」を選択します。
e)以下を入力します。

  • ルール名
  • 変更ルール
  • 「Add(追加)」を「Remove(削除)」に切り替えます。
  • 「Request(リクエスト)」を「Response(応答)」に切り替えます。
  • ヘッダー名として「Content-Security-Policy」と入力します。
  • 「Save(保存)」をクリックします。
  • これで、Visual Experience Composer でページをすばやく読み込むことができるはずです。

 
注意:VEC で開く URL についてのみヘッダーを削除するように URL ルールを追加します。
VEC で編集をおこなう場合はルールを有効にし、VEC を使用しない場合はルールを無効にします。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー