IMS での IE10 サポートの廃止

Internet Explorer 10 サポートの廃止:以前のバージョンの Technical Communication Suite とその製品では、ライセンスの取得時に必要なサインインワークフローに Internet Explorer 10(IE 10)を使用していました。Microsoft で Internet Explorer 10(IE 10)のサポートが終了したため、Adobe IMS 認証では、このバージョンの Internet Explorer に対するサポートが廃止となりました。

アドビでは、Internet Explorer 10(IE 10)ベースのライセンスワークフローのサポートも終了しているため、Technical Communication Suite とその製品の最新リリースで問題が発生することはありません。 ただし、古いバージョンの FrameMaker、RoboHelp、または他の製品を使用している場合は、ライセンスの取得とサインインに関する問題が発生する可能性があります。 次の記事では、これらの問題を解決するために適用できる回避策の詳細を説明しています。

注意:

Microsoft は、Internet Explorer 10(IE 10)のサポートを終了しました。 したがって、アドビでは今後、これらの特定のバージョンの Internet Explorer に関して報告される問題を修正しません。

回避策

aasiapp.exe ファイル情報

このファイルは、次のパスにあります。

ファイル名

AASIapp.exe

MD5 チェックサム

030d5e286c9668e71da8ccfcfa8a7137

製品名

  • Adobe Captivate(2019 release)および Adobe Captivate(2017 release)
  • Adobe Presenter Video Express(12)
  • Adobe Presenter 11.1
  • Adobe FrameMaker
  • Adobe RoboHelp

ファイルを C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\OOBE\PDApp\P7\AASIapp.exe にコピーする必要があります。

解決策 1

TLS 1.2 が有効となっている IE 11 がインストールされ、オペレーティングシステムが最新バージョンに更新されていることを確認します。

重要

フォルダー P7 が見つからない場合は、次の手順に従います。

  • 抽出したインストーラーフォルダー/パッケージ/AAM に移動します。 フォルダー P7 はこの場所に保存されています。
  • P7 を開き、P7.pima ファイルをデスクトップにコピーします。
  • P7.pima のファイル名を P7.zip に変更し、zip ファイルを抽出します。
  • 展開されたフォルダー内の AASIapp.exe を置き換えます。
  • フォルダー P7 をコピーし、C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\OOBE\PDApp. に貼り付けます。
  • インストーラーを実行します。

解決策 2

解決策 1 が機能しない場合は、次の手順を実行します。

  • Set-up.exe を次の場所のレジストリに追加します。 
  • [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_BROWSER_EMULATION] 
  • [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_BROWSER_EMULATION]
  • DWORD 32 ビットを追加し、上記のレジストリの場所(下記を参照)に 2af8 という名前と値で Set-up.exe を追加し、インストーラーを再実行します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン