FrameMaker および Robohelp からモバイルアプリ出力を生成できない場合

問題

FrameMaker および Robohelp 2015 リリースで、モバイルアプリの出力生成に失敗する場合があります。 これは PhoneGap で非推奨のプラグインが、、公開プロセスで使用されていることが原因です。

解決策

Robohelp(2015 リリース)でこの問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 次の .zip ファイルからコンテンツをダウンロードし解凍します。

    ダウンロード

    ZIP ファイルには、Mpj2ResponsiveHelp.dll ファイルのアップデート済みバージョンが含まれます。

  2. 既存の Mpj2ResponsiveHelp.dll ファイルをバックアップします。 このファイルは以下のロケーションに保存されています。

    <RoboHelp_install_location>\RoboHTML

  3. Mpj2ResponsiveHelp.dll ファイルの既存バージョンを、手順 1 でダウンロードしたファイルに置き換えます。

    注意:

    操作を続行し新しいプロジェクトを作成することができます。 ただし既存のプロジェクトについては、以下の手順を実行する必要があります。

  4. 以下の手順のうちいずれかを実行します。

    • プロジェクトでモバイルアプリ出力用のシングルソースレイアウトを新規作成します。
    • プロジェクトから <mobile_app_ssl_name>_config.xml ファイルを削除し、Robohelp を再開します。
  5. モバイルアプリ出力を生成します。

FrameMaker(2015 リリース)でこの問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 次の .zip ファイルからコンテンツをダウンロードし解凍します。

    ダウンロード

    ZIP ファイルには、Mpj2ResponsiveHelp.dll ファイルのアップデート済みバージョンが含まれます。

  2. 既存の Mpj2ResponsiveHelp.dll ファイルをバックアップします。 このファイルは以下のロケーションに保存されています。

    <FrameMaker_install_location>\fminit\Publisher

  3. Mpj2ResponsiveHelp.dll ファイルの既存バージョンを、手順 1 でダウンロードしたファイルに置き換えます。

  4. 公開設定(.sts)ファイルを新規作成します。

  5. モバイルアプリの出力設定を構成します。

  6. モバイルアプリ出力を生成します。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン