問題

FrameMaker および RoboHelp 2015 リリースでモバイルアプリケーションの出力を生成できない。これは、PhoneGap で廃止されたプラグインがパブリッシュプロセスで使用されているためです。

解決策

RoboHelp (2015 リリース)でこの問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 次の .zip ファイルをダウンロードしてコンテンツを解凍します。

    ダウンロード

    ZIP ファイルには、Mpj2ResponsiveHelp.dll ファイルの更新後のバージョンが入っています。

  2. 既存の Mpj2ResponsiveHelp.dll ファイルをバックアップします。このファイルは、次の場所にあります。

    <RoboHelp_install_location>\RoboHTML

  3. Mpj2ResponsiveHelp.dll ファイルの既存のバージョンを、手順 1 でダウンロードしたファイルに置き換えます。

    注意:

    これで、新しいプロジェクトを作成できます。ただし、既存のプロジェクトでは、以下の手順を実行する必要があります。

  4. 次のいずれかの操作を実行します。

    • プロジェクトでモバイルアプリケーション出力向けに新しい単一ソースのレイアウトを作成します。
    • プロジェクトから <mobile_app_ssl_name>_config.xml ファイルを削除し、RoboHelp を再起動します。
  5. モバイルアプリケーションの出力を生成します。

FrameMaker (2015 年リリース)においてこの問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 次の .zip ファイルをダウンロードしてコンテンツを解凍します。

    ダウンロード

    ZIP ファイルには、Mpj2ResponsiveHelp.dll ファイルの更新後のバージョンが入っています。

  2. 既存の Mpj2ResponsiveHelp.dll ファイルをバックアップします。このファイルは、次の場所にあります。

    <FrameMaker_install_location>\fminit\Publisher

  3. Mpj2ResponsiveHelp.dll ファイルの既存のバージョンを、手順 1 でダウンロードしたファイルに置き換えます。

  4. 新しいパブリッシュ設定(.sts)ファイルを作成します。

  5. モバイルアプリケーションの出力設定を構成します。

  6. モバイルアプリケーションの出力を生成します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー