Typekit では、フォントをコンピューターに同期させることで、Illustrator や Photoshop、Microsoft Office、Keynote などの幅広いアプリケーションで使用することができます。同期したフォントは、印刷物のデザインやプレゼン資料の作成などに使用できます。

 

Creative Cloudデスクトップアプリケーションのダウンロード

フォントは無料のCreative Cloudデスクトップアプリケーションを使用してTypekitからご使用のコンピューターに同期されます。Creative Cloudデスクトップアプリケーションをインストールしていない場合は、こちらからダウンロードしてください(ログインの際には、Typekitで使用しているのと同じAdobe IDの電子メールとパスワードを使用してください)。

 

タスクバー(Windows)またはメニューバー(Mac OS)に表示されたCreative Cloudアイコンをクリックし、Creative Cloudデスクトップアプリケーションを起動します。次に「アセット」タブを選択し、「フォント」パネルを開きます。「Typekitからフォントを同期」をクリックするとブラウザーが起動し、Typekitページが表示されます。


1. 使用したいフォントを選ぶ

はじめに、フォントのライブラリを参照します。フォントライブラリでは、お勧め、名前、最新の順でフォントを並べ替えたり、左上の検索フィールドからフォント名で検索することができます。

デスクトップ上で同期可能なフォントファミリーのみを表示するには、「Webのみのファミリーを含める」チェックボックスをオフにします。

 

フォントライブラリを開いたときは日本語フォントが表示されます。ページ上部のセレクタで「デフォルト」をクリックし、欧文フォントに切り替えることができます。

 

画面右のフィルターを使用して、検索結果を絞り込むことができます。欧文フォントでは、分類(セリフ、サンセリフなど)、おすすめ(本文、見出し)、書体の属性(太さ、幅、小文字の高さなど)、または言語サポートフィルターを適用できます。

たとえば、英語とスペイン語の両方をサポートする、抑揚のある高コントラストのセリフフォントなど、フィルターはいくつでも組み合わせることができます。

 

日本語フォントのコレクションでは、明朝、ゴシック、丸ゴシック、筆書体などのスタイルの分類や、かなのみのフォントのフィルターを使用して、検索結果を絞り込むことができます。また、検索をより絞り込むために、フィルターをいくつでも組み合わせることができます。

使用したいフォントが見つかったら、フォントカードをクリックしてファミリーページに移動します。ここでは「源ノ明朝」を選択します。

2. フォントを同期させる

フォントファミリーのページで、フォントの各ウェイトを確認します。フォントの詳細や書体メーカーについての情報も参照できます。

 

フォントファミリーのページでは、そのフォントの欧文や数字、記号などを表示したり、テキストを自由に入力して表示することができます。また、スライダーを動かしてフォントの表示サイズを自由に変更することができます。

 

使用する各フォントウェイトの横にある「クイック同期」ボタンをクリックします。これで、デスクトップアプリケーションでフォントを使える状態になります。すべてのウェイトを同期させる場合は、「すべてを同期」ボタンをクリックします。

注意:

フォントに「 Web のみ」と表示されている場合は、Web フォントとしてのみ使用が許可されているフォントになります。このフォントは、コンピューターへの同期はできません。

3. 同期したフォントを使用する

ご使用のデスクトップアプリケーションでファイルを開きます。ここでは、Illustrator での作業例でご紹介します。

 

IIllustrator の文字ツールで作成したテキストを選択し、フォントメニューを表示します。先ほど同期した「源ノ明朝」がリストに追加されているので、クリックして文字に適用します。フォントリストで、Typekitから同期したフォントにはTypekitのアイコンが表示されます。


デスクトップアプリケーションからフォントを同期する

llustrator などのデスクトップアプリケーションから Typekit のフォントライブラリにアクセスすることも可能です。フォントメニューの右上にある「フォントを追加」をクリックするとブラウザーが起動し、Typekit のフォントライブラリが表示されます。後は上記の手順と同様に、使用したいフォントを選んで同期させます。


アウトライン化や PDF 埋め込みにも対応

Typekit のフォントは、通常のフォントと同じようにアウトライン化や PDF への埋め込みが可能です。印刷会社やクライアントの環境にフォントがない場合でも、問題なく表示、出力することができます。


Typekit フォントを使用したファイルを印刷入稿する場合の注意点:

Typekit のフォントを使用したファイルを印刷会社に入稿する場合には、事前に相談することをお勧めします。( Typekit はオンラインサービスです。印刷会社によってはデータセキュリティの観点からネット環境を制限しているためにフォントの同期を取ることができない場合があります。事前に相談することでオンライン対応可能な場合もありますので、必ず入稿前にご相談をお願いします)

Typekit フォントをアドビ製品で使用する場合の注意点:

• Typekit で使われたフォントは、欧文・和文書体共にパッケージ機能で収集されません。

• PDF による入稿、またはアウトラインでの入稿としてデータを準備してください。

このページは役に立ちましたか。