この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

内容 (What's Covered)

フォントファイルが破損していると、アプリケーションの動作に影響を及ぼす可能性があり、その結果、フリーズや強制終了などの問題が発生することがあります。この文書では、Windows システムで問題のあるフォントを特定する方法について説明しています。

フォントのトラブルシューティング

  1. すべてのアプリケーションを終了します。

  2. デスクトップ上に空のフォルダーを 1 つ新規作成します。フォルダー名は「フォント」など分かりやすい名前にしてください。

  3. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 8 の場合

    1. 以下のいずれかの操作を行います。
      Windows 8.1 : スタート画面左下の、下向き矢印をクリックします。
      ※ 下向き矢印が表示されない場合はマウスを動かします。
      Windows 8 : スタート画面の何も無いところを右クリックし、画面右下の「すべてのアプリ」をクリックします。
    2. 「コントロールパネル」をクリックします。

    Windows 7/Vista/XP の場合

    スタート/コントロールパネルを選択します。

  4. コントロールパネルが表示されたら、以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 8/7/Vista の場合

    1. 「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。
    2. 「フォント」をクリックします。

    Windows XP の場合

    「フォント」をダブルクリックします。

  5. Ctrl + A キーを押し、すべてのフォントを選択し、次に Ctrl + C キーを押してコピーします。

  6. 手順 2. で作成したフォルダーを開き、Ctrl + V キーを押して貼り付けます。フォントの数によっては、貼り付けに時間がかかります。

  7. 手順 4. で開いたフォント画面に戻り、再度 Ctrl + A キーを押してすべて選択します。

  8. Delete キーを押して削除します。削除の確認メッセージが表示された場合は、「はい」をクリックします。

    注意:

    「コレクションの削除」ダイアログボックスが表示された場合は、「選択したすべてのフォントコレクションに対して実行する」のチェックを入れ、「はい、このフォントコレクション全体をコンピューターから削除します」をクリックします。

  9. 削除処理が完了すると、システムに必要な最低限のフォントだけが残された状態になります。手順 2. で作成したフォルダーからいくつかのフォントを、コントロールパネルのフォント画面にドラッグしてインストールします。

  10. アプリケーションの問題が発生するか確認します。

  11. 問題が発生するまで、手順 9. と 10. を繰り返します。問題が発生したら、その直前にフォント画面に戻したフォントが問題の原因であると考えられます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー