パブリックベータプログラムでアドビアプリに関するフィードバックをアドビと直接共有する方法について説明します。

概要

Overview

アドビのパブリックベータプログラムでは、Creative Cloud のメンバーの方にアドビアプリケーションのベータ版ビルドを提供し、ビルドの評価をお願いしています。詳細をお読みください。


パブリックベータは、製品の開発段階で新しい修正や機能をテストすることで、アドビに直接フィードバックを行いたいユーザーを対象にしています。

ベータ版ビルドは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションから個別のアプリとして提供されます。ベータ版ビルドは、リリースバージョンのアプリケーションと共存できます。

現在、Premiere Pro、After Effects、Adobe Audition、Character Animator、Adobe Media Encoder、Adobe Premiere Rush がパブリックベータに含まれています。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションで左側のサイドバーに表示される「カテゴリ」で「ベータ版アプリケーション」を選択します。目的のアプリケーションのベータ版ビルドをインストールして使用します。

ベータ版ビルドは Creative Cloud デスクトップアプリケーションの「ベータ版アプリケーション」セクションに表示されますが、このセクションの展開は段階的に行われます。最終的には Creative Cloud のすべてのメンバーに表示されますが、それまでに 2、3 か月かかります。ユーザー側で必要な操作はありません。

ベータ版ビルドはほぼ毎日更新されます。ベータ版ビルドは必要に応じてインストールできます。また、Creative Cloud デスクトップアプリケーションの環境設定で「アプリ」の「自動更新」オプションを有効にすると、自動的にインストールされます。

注:エンタープライズ版をご利用の場合、会社の IT 部門がこのオプションを無効にしていることがあります。

パブリックベータは、製品開発に直接参加できる機会をユーザーの皆さんに提供するプログラムです。パブリックベータは、さまざまなシステム構成で適切に動作する最高のアプリケーションを提供していくための取り組みの一つとして実施しています。

個人の体験を分析して製品の改善に役立てるため、ベータ版アプリはユーザーの使い方に関する情報をアドビに送信します。通常のアプリの設定はベータ版に適用されません。詳しくは、「アプリの使用状況に関する情報」を参照してください。

私もパブリックベータを利用できますか?

2why_you

パブリックベータには Adobe Creative Cloud のすべてのメンバーが参加できます。このプログラムに参加すると、個別のビルドを実行して製品チームにフィードバックを送信できます。

 


パブリックベータは、ビルドのテストや、アドビ製品チームへのフィードバックを行いたいユーザーを対象にしています。ベータ版の参加者は、開発プロセスに参加してアプリケーションのビルドを実行しますが、自分のシステム構成で予期しない問題が発生する可能性があることを理解しておく必要があります。

パブリックベータには Adobe Creative Cloud のすべてのメンバーが参加できます。

注:Creative Cloud デスクトップアプリケーションの「ベータ版アプリケーション」セクションは段階的に展開されます。最終的には、Creative Cloud の有償プランを利用しているすべてのユーザーに公開されます。ユーザー側で必要な操作はありません。

いいえ。パブリックベータでは、多くのユーザーが開発中の製品のベータテストに参加し、フィードバックを提供します。その成果は新しいリリースに反映され、このプログラムに参加していないユーザーにも提供されます。

Adobe Premiere Rush モバイルアプリのベータ版ビルドは、Google Play Store(Android)または Testflight(iOS)からダウンロードできます。

ベータ版ビルドは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションの「アンインストール」でいつでもアンインストールできます。ベータ版で作成したドキュメントはディスクに残ります。

アプリの使用状況に関する情報

3app_usage_information

アドビでは、アドビの製品を最適な状態に保ち、製品を改善するため、デバイス、ドキュメント、ユーザーの使用方法に関する情報を収集する場合があります。詳細をお読みください。


アドビでは、ユーザーの環境を分析して製品の改善に役立てるため、次のような情報を収集します。

  • システム情報 - デバイス、オペレーティングシステム、搭載メモリの容量、画面解像度など
  • アドビ製品情報 - バージョン番号など
  • ドキュメントに関する情報 - ページ数、ドキュメント ID など(ドキュメント内のコンテンツは収集されません)
  • ドキュメントの使用状況に関する情報 - ドキュメントを開いた回数など
  • ユーザーがアドビアプリケーションを操作した方法や、アプリケーションがユーザーのコンテンツを処理した方法(ユーザーが使用する機能や、選択したオプションなど)

通常のアプリの設定はベータ版に適用されません。ベータ版アプリの使用状況に関する情報をアドビと共有しない場合は、ベータ版アプリのダウンロードとインストールは行わないでください。

インストールとセットアップ

4setting_and_setup

ベータ版ビルドは、特定のオペレーティングシステムでのみ使用できます。また、推奨の必要システム構成もあります。ここでは、インストールとセットアップの詳細について説明します。


現在、ベータ版ビルドを使用するには、次のオペレーティングシステムが必要です。

  • Windows 10 または Windows Server バージョン 1809 以降
  • macOS 10.13 以降

ベータ版の必要システム構成だけでなく、リリースバージョンの必要システム構成も満たす必要があります。アプリケーションの実行に必要なプロセッサー、グラフィック、ストレージ、メモリの詳細については、次の文書を参照してください。

ベータ版アプリは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションから入手できます。Adobe ID で Creative Cloud にログインしてください。ベータ版ビルドは、リリースバージョンのアプリケーションとは別に「ベータ版アプリケーション」に表示されます。ベータ版ビルドは青と白のアイコンで表示され、アプリケーション名の後に (Beta) が付いています。

インストール」または「アップデート」ボタンをクリックして、ベータ版アプリの最新バージョンをインストールします。ベータ版の新しいビルドはほぼ毎日リリースされます。

Creative Cloud デスクトップの環境設定で、ベータ版アプリの自動更新を選択できます。

注:エンタープライズ版をご利用の場合、このオプションが使用不可になっていることがあります。その場合は、担当のアカウントマネージャーに確認してください。

ベータ版ビルドは、リリースバージョンとは別のフォルダーにインストールされます。たとえば、「Adobe Character Animator (Beta)」にインストールされます。リリースバージョンでの作業に影響を与えることなく、ベータ版ビルドを評価できます。ベータ版アプリには、個別の環境設定とデフォルトのユーザードキュメントフォルダーがあります。すでにインストールされているアプリケーションのユーザー設定は変更されません。

リリースバージョンにインストールされているサードパーティ製プラグインもベータ版ビルドで使用できます。ベータ版ビルドにプラグインが表示されない場合は、ベンダーに連絡して、Creative Cloud アプリケーションのベータ版ビルドがサポートされているかどうか確認してください。

ベータ版ビルドは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションの「アンインストール」でいつでもアンインストールできます。ベータ版で作成したドキュメントはディスクに残ります。

その他の質問

5what_to_expect

ここでは、ベータ版ビルドの使用時やアドビのチームとのやり取りでよくある質問を紹介します。また、送信したフィードバックがアドビでどのように使用されるのかについても説明します。


パブリックベータは頻繁に更新されています。新しいビルドでは、バグが解決され、機能の改善が追加されています。ビルドは毎日更新されることもあります。ベータ版でテストした機能や修正がリリース可能な状態になったと判断されると、これらの機能または修正が次のリリースバージョンに組み込まれます。リリースバージョンのアプリケーションの更新は、月に 1 回程度行われます。

ベータ版ビルドについてフィードバックや質問がある場合は、ベータ版のフォーラムにアクセスしてください。

beta_forum
ベータ版アプリの右上隅にある「フィードバックを送信(Provide Feedback)」アイコンをクリックします。ドロップダウンメニューから「コミュニティに移動(Visit the community)」を選択します。これで、アプリのベータ版コミュニティフォーラムに移動します。

アプリケーションのリリースバージョンに関する問い合わせについては、アドビコミュニティのアドビカスタマーケアヘルプページまたは Twitter を参照してください。

ベータ版ビルドは安定していて、問題なく使用できますが、リリースバージョンに比べると予期しない問題が発生する可能性があります。ベータ版ビルドを使用すると、新しいビルドのテストやバグの修正を行い、製品開発にフィードバックを行うことができます。 重要なプロジェクトの場合は、アプリケーションのリリースバージョンを使用することをおすすめします。

問題の重大度と影響を受けるユーザー数を考慮してバグ修正の優先度を決めています。

ベータ版ビルドのアプリ内調査機能とデータシグナルにより、ユーザーと製品から修正や機能の完成度に関するフィードバックを収集します。

各ベータ版ビルドの新機能(What's New)パネルにリリースノートが表示されます。この情報にアクセスするには、アプリの右上にある三角フラスコのアイコンをクリックします。

beta_whats_new
アプリの右上にある三角フラスコのアイコンを探します。

アドビでは、バージョンを重ねるごとに安定性が増すように努めています。問題が発生した場合は、ベータ版の最新ビルドに更新して、問題が解決したかどうか確認してください。アプリケーションのリリースバージョンにはいつでも切り替えることができます。

ベータ版ビルドの頻度によっては、ビルドの最初の提供時に機能やバグの修正、「新機能(What's New)」ダイアログボックスの説明が英語で表示される場合があります。翻訳されたバージョンはその後に提供されます。

Dynamic Link ワークフローは、ベータ版ビルドと別のアプリのベータ版ビルドの間でのみ機能します。ベータ版ビルドとリリース版の間で Dynamic Link は機能しません。

ベータ版テストのベストプラクティス

6beta_testing_bestpractises

ここでは、ベータ版を使用する場合のベストプラクティスについて説明します。


ベータ版ビルドには独自の環境設定があります。アプリケーションのリリースバージョンに影響を及ぼすことはありません。以下では、ベータ版ビルドの使用で生じる可能性がある影響について説明します。

  • ユーザードキュメント(プロジェクト)

デフォルトでは、ベータ版ビルドで作成されたドキュメント(プロジェクト)は、リリース バージョンと異なるフォルダーに保存されます。例えば、Character Animator のベータ版は Character Animator (Beta) フォルダーにプロジェクトを作成します。ベータ版ビルドでは、リリースバージョンのドキュメントフォルダーにあるプロジェクトを開くことができます。

ただし、ベータ版ビルドで使用する前に、プロジェクトとファイルのコピーを作成しておくことをおすすめします。

  • プラグインと拡張機能

ほとんどの場合、リリースバージョンで使用されているプラグインと拡張機能はベータ版ビルドでも動作します。問題が発生した場合には、プラグインまたは拡張機能の提供元に Adobe Creative Cloud アプリケーションとの互換性を確認してください。 

  • 他のアプリケーションとの連携

Dynamic Link は、他のベータ版アプリとの間でのみ機能します。リリースバージョンのアプリケーションでは機能しません。

Photoshop と Illustrator ファイルの場合、「オリジナルを編集」コマンドは、リリースバージョンの Photoshop または Illustrator と同じように機能するはずです。

 

ベータ版ビルドは、リリースバージョンと互換性を維持するように設計されているので、この 2 つのバージョン間でファイルを移動することは可能です。ただし、ベータ版ビルドからリリースバージョンにプロジェクトファイルを移動すると、ベータ版でのみ使用可能な機能は削除されます。また、プロジェクトを移動できない場合もあります。  

フィードバックの送信

7feedback

アドビでは、お客様からのご意見をお待ちしています。フォーラムでは、バグの報告、機能のリクエスト、アドビへの問い合わせを行うことができます。


ベータ版アプリの右上にある「フィードバックを送信(Provide Feedback)」アイコンをクリックします。

  • バグを報告するには:

ベータ版コミュニティフォーラムから問題を報告するには、ドロップダウンリストから、「バグの報告(Report a bug)」を選択します。

  • 新機能を提案するには:

ドロップダウンリストから「機能改善のリクエスト(Request a feature)」を選択して、UserVoice からアイデアを送信します。

  • ベータ版アプリの機能についてディスカッションするには:

ドロップダウンリストから「コミュニティに移動(Visit the community)」を選択します。これで、アプリのベータ版コミュニティフォーラムに移動します。