この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

 

 

内容 (What's Covered)

 

Adobe Photoshop では、Adobe Illustrator で作成したアートワークさまざまな方法で読み込むことができますが、選択する方法によって制御可能なレベルが異なります。Illustrator で作成した AI、EPS、または PDF ファイルを Photoshop で開くと、Photoshop はベクターアートワークをラスタライズし、「透明」、「フォント」、「レイヤー」、「パス」の編集機能を削除します。より多くの機能を保持して Illustrator アートワークを読み込むには、Photoshop 画像へドラッグ&ドロップ、またはコピー&ペーストするか、Photoshop 形式で書き出すことを推奨しています。

以下の A. ~ D. の方法を参考に作業を行ってください。

 

A Illustrator アートワークを Photoshop 画像にドラッグ&ドロップする

B. Illustrator アートワークを Photoshop 画像にコピー&ペーストする

C. Illustrator ファイルを Photoshop 形式で書き出す

D. Illustrator (*.ai)ファイルを Photoshop で開く

 

 A Illustrator アートワークを Photoshop 画像にドラッグ&ドロップする

 

短時間で Photoshop 画像を読み込むには、Illustrator アートワークを Photoshop 画像にドラッグ&ドロップします。アートワークを中央に配置する場合は Shift キーを押しながらドラッグ&ドロップします。

 

Illustrator アートワークをドラッグ&ドロップする方法

初期設定では、アートワークがドラッグ&ドロップされると新規レイヤーが作成され、ベクトルスマートオブジェクトとして読み込みます。(詳細は Photoshop CS2/CS3 ヘルプ「スマートオブジェクト」を参照してください。)

 

 

Ctrl(Windows)キー/Command(Macintosh)キーを押しながらドラッグ&ドロップする方法

Ctrl(Windows)/Command(Macintosh)キーを押しながらドラッグ&ドロップすることで、ベクターアートワークを作業用パスとして読み込むことができます。

※ 新規レイヤーとしては読み込まれません。

 

 

 注意 : テキストをパスとして読み込む場合は、あらかじめ Illustrator 上でアウトラインに変換する必要があります。詳細については Illustrator CS2/CS3ヘルプ「グラフィックオブジェクトとしての文字の変形」を参照してください。

 

 B Illustrator アートワークを Photoshop 画像にコピー&ペーストする

 

Illustrator アートワークを Photoshop 画像にコピー&ペーストする場合、Illustrator 機能の多くを保持することができます。この操作を行うためには、あらかじめ Illustrator のクリップボード環境設定を適切に設定する必要があります。

 

Illustrator のクリップボード環境設定

Illustrator のクリップボードでは、PICT、PDF、AICB を含む多くの形式がサポートされています。Illustrator は通常クリップボードに PICT データをコピーしますが、PDF または AICB 形式でコピーを行うように設定を変更することも可能です。この 2 種類の形式によって Photoshop にコピー&ペーストされたあーとワークの Illustrator 機能が保持されます。PDF 形式では Illustrator の透明が維持され、AICB 形式では Illustrator のパスが維持されます。

 

アートワークのパスをコピー&ペーストする場合は、AICB 形式のみを選択する必要があります。それ以外の場合は、PDF 形式を選択するか、AICB と両方を選択します。PDF 形式では透明だけでなく、スポットカラーなどの拡張機能もサポートされています。

 

Illustrator でクリップボード環境設定を変更するには、以下の操作を行います。

  1. [編集](Windows)/[Illustrator](Macintosh)メニューから [環境設定] - [ファイル管理・クリップボード] を選択します。
  2. [終了時のクリップボード] セクションで、用途に応じたコピー形式を選択します。
  3. AICB を選択した場合、[パスを保持] または [アピアランスとオーバープリントを保持] を選択します。



  4. [OK] をクリックします。

 

Photoshop のペーストオプション

コピーした Illustrator アートワークを Photoshop 画像にペーストする際、ペーストダイアログボックスでは以下のペースト形式を選択することができます。

 

 

項目

説明

スマートオブジェクト

コピーされたアートワークはベクタースマートオブジェクトとしてペーストされます。ベクタースマートオブジェクトは、画像の品質を落とすことなく拡大縮小・変形・移動が可能です。配置されたアートワークは Photoshop データに埋め込みされ、独立したレイヤーでラスタライズされます。

ピクセル

コピーされたアートワークを新規レイヤーにペーストし、Photoshop 画像の解像度でラスタライズします。このオプションはラスターオブジェクトをコピーする際に使用します。

 

 注意 : このオプションを使用すると、ラスター画像に対するクリッピングマスクはパスを保持しません。ただし、これらのマスクは画像をクリップし続けます。

パス

コピーされたアートワークは、作業用パスとしてペーストされます。

シェイプレイヤー

コピーされたアートワークは、新規ベクトルシェイプレイヤーとしてペーストされます。Illustrator 複合パスは属性を保持し、編集可能です。複数のコピーされたパスとクリッピングマスクは、統一された属性を使用した複数のパスとしてペーストされます。

 

 注意 : このオプションを使用すると、ペーストされたオブジェクトは Illustrator で使用していた塗りのカラーではなく、Photoshop の描画色のカラーを使用します。また、透明オブジェクトは不透明になります。

 

 

 C. Illustrator ファイルを Photoshop 形式で書き出す

 

Illustrator ファイルを Photoshop 形式(*.psd)で書き出すことにより、Illustrator アートワークの更に多くの機能を維持して Photoshop に読み込むことができます。この方法では、ラスタライズされるアートワークに対して解像度とアンチエイリアスを指定できます。また、以下の Illustrator 機能を保持できます。

- テキストの編集

- ICC プロファイル

- ネストされた、または非表示レイヤーを含むレイヤー

- マスク

- 透明

- 複合シェイプ

- スライスとイメージマップ(RGB カラーモードのみ)

 

 注意 : 注意 : 複合シェイプの線は「なし」に設定されているか、または [ラウンド結合] の場合は線の太さが整数値に設定されている必要があります。複合シェイプのレイヤーには他のオブジェクトを配置することも可能ですが、その場合、Photoshop では同一レイヤーセット内の異なるレイヤーに他のオブジェクトを配置します。

 

Illustrator ファイルを Photoshop 形式に書き出す際の詳細については、 Illustrator CS2/CS3 ヘルプ「Photoshop 書き出しオプション」を参照してください。

 

 D. Illustrator ファイル(*.ai)を Photoshop で開く

 

Illustrator で [PDF 互換ファイルを作成] オプションを使用してファイルを保存した場合は、Photoshop で直接 AI ファイルを開くことができます。

[PDF 互換ファイルを作成] オプションを使用して Illustrator ファイルを保存するには、以下の操作手順を行います。

  1. [ファイル] メニューから [保存] または [別名で保存] を選択します。
  2. [ファイルの種類] ポップアップメニューから、[Adobe Illustrator (*.AI)] を選択し、[保存] をクリックします。
  3. [オプション] ダイアログボックスで、[PDF 互換ファイルを作成] にチェックを入れて [OK] をクリックします。



本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー