この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

 

 

問題点 (Issue)

 

Windows 版 Adobe Photoshop CS または Adobe Photoshop Elements 3.0 において、以下のエラーが発生しファイルを開くことができません。

  • 「要求された操作を完了できません。ドキュメントの種類が適切ではありません。」



 

解決方法 (Solutions)

 

以下の A. または B. を行い、ファイル名に拡張子を追加します。

 

A. 保存時に拡張子を追加したファイルを開きます。

ファイル名に拡張子を含んでいるか、拡張子がファイル形式に合致しているかを確認して保存します。

  1. Photoshop または Photoshop Elements で [ファイル] メニューから [別名で保存] を選択します。
  2. [別名で保存] ダイアログボックスの [ファイル形式] プルダウンメニューから保存形式の種類を選択します。



    ※ Photoshop/Photoshop Elements は適切な拡張子をファイル名の最後に付け加えます。
  3. ファイル名の最後に ピリオドと拡張子が付いていることを確認し、 [保存] をクリックします。



     注意 : 拡張子は変更しないでください。拡張子の情報は Photoshop/Photoshop Elements がファイルを開く際に必要です。



  4. 拡張子を追加したファイルを開き直し、エラーメッセージが表示されないことを確認します。

 

 

B. ローカル上で、ファイル名に拡張子を追加して開きます。

すでに開けないファイルを Photoshop/Photoshop Elements で開けるようにするには、以下の操作を行います。

  1. 「要求された操作を完了できません。ドキュメントの種類が適切ではありません。」エラーメッセージで [OK] をクリックします。
  2. ローカル上のファイルに手動で拡張子を追加します。



    例えば、PSD 形式としてファイルを開きたい場合は、ファイル名の最後にピリオドと拡張子「.psd」を追加します。



  3. 拡張子を追加したファイルを Photoshop で開きエラーメッセージが表示されないことを確認します。

 

追加情報 (Additional Information)

 

Windows のファイル拡張子は、「*.psd」や「*.jpg」などのファイル名の最後に追加される文字列です。この拡張子の種類によって、そのファイルを開くアプリケーションの関連付け情報を Windows が判断します。この情報は Windows のレジストリに格納されています。Photoshop/Photoshop Elements はファイル拡張子からファイルを開く、もしくは保存することができるかどうかを判断します。Photoshop/Photoshop Elements が対応していない拡張子のファイルを開こうとするとエラーが発生します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー