内容 (What's Covered)

 この文書では、体験版の Adobe Premiere Elements 8、Adobe Premiere Pro CS4、Adobe Soundbooth CS4、Adobe After Effects CS4、Adobe Encore CS4、Adobe Flash CS4 Professional でインストールされない、または使用できない機能について説明します。

 

A. Premiere Elements 8

B. Premiere Pro CS4

C. Soundbooth CS4

D. After Effects CS4

E. Encore CS4

F. Flash CS4 Professional

 

 A. Premiere Elements 8

 

体験版 Premiere Elements 8 では、編集時および編集したムービーを書き出して再生する際に、「Adobe Premiere Emelemts 8 体験版で作成」という透かし文字が中央に表示されます。



 

 B. Premiere Pro CS4

 

体験版 Premiere Pro CS4 では最新のカメラを利用している場合、以下の機能を試すことができません。

  1. HDV、AVCHD、XDCAM カメラからのコンテンツ編集
  2. MPEG-2 や MPEG-4に関連する操作

上記コーデックを使用するためには、製品の購入が必要です。

またスピーチ検索で使用する言語解析モデル(解析用の辞典)は、体験版 Premiere Pro CS4 では英語のみご利用いただけます。日本語およびその他の言語解析モデルは、以下の弊社 Web ページからダウンロードの上、お試し下さい。

 

URL : http://www.adobe.com/jp/products/premiere/speechtotext/

 

その他、Premiere Pro CS4 の追加機能については体験版に含まれません。

追加機能を使用するには、体験版を終了後、製品を弊社 Web ページから購入して必要なファイルをダウンロードします。製品をパッケージで購入した場合は、「修復」から追加機能をインストールします。

 

 C. Soundbooth CS4

 

Soundbooth CS4 は CS3 と同じ種類のコーデックを使用しています。体験版 Soundbooth CS4 では、以下のコーデックを利用することができません。

書き出し

MPEG-1 (Windows のみ)、MPEG-2、MPEG audio、AMR audio、H.264 (Macintosh のみ)、AAC audio、MPEG-4 (Macintosh のみ)、Flash Video

読み込み

MPEG-1 (Windows のみ)、MPEG-2、MPEG-4、MPEG-1 audio、MPEG-2 audio、AMR audio、H.264、AAC audio

※ QuickTime をインストールしている場合、QuickTime が提供している AAC, MPEG-4, H.264 を使用することができます。

 

上記コーデックを使用するためには、製品の購入が必要です。

またスピーチ検索で使用する言語解析モデル (解析用の辞典) は、体験版 Soundbooth CS4 では英語のみご利用いただけます。日本語およびその他の言語解析モデルは、以下の弊社 Web ページからダウンロードの上、お試し下さい。

URL : http://www.adobe.com/jp/products/soundbooth/speechtotext/

 

 D. After Effects CS4

 

体験版 After Effects CS4 では、最新のカメラを利用している場合、以下の機能を試すことができません。

  1. HDV、AVCHD、XDCAM カメラからのコンテンツ編集
  2. MPEG-2 や MPEG-4 に関連する操作

上記コーデックを使用するためには、製品の購入が必要です。

 

 注意 : After Effects テンプレートプロジェクトとフッテージは、体験版の内容には含まれません。使用するには製品を弊社 Web ページからダウンロード購入した後、必要なファイルをダウンロードします。製品をパッケージで購入した場合は、「修復」から追加機能をインストールします。

 

 E. Encore CS4

 

Encore CS4 は、体験版をご利用いただけません。使用するためには、製品の購入が必要です。

 

 F. Flash CS4 Professional

 

体験版 Flash CS4 Professional では、以下のファイル形式を書き出すことができません。

- MPG - MPEG 1/MPEG 2

- MP4

- F4V

- 3GP

- 3G2

- MOV

- M4A

 

上記のうち、QuickTime をインストールすると、以下のファイル形式が利用可能になります。

- MP4

- 3GP

- 3G2

- MOV

- M4A

 

また Flash CS4 Professional の製品を購入すると、以下のファイル形式が利用可能になります。

- MPG - MPEG 1/MPEG 2

- MP4

- F4V

 

 注意 : ただし、 Flash CS4 Professional の購入後も一部のファイル形式を利用するには Quick Time のインストールが必要です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー