内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Premiere Pro でデュレーションを変更する方法について説明します。

A. デュレーションとは

デュレーションとは、クリップの再生時間、つまりクリップのインポイントからアウトポイントまでの時間のことです。編集前のクリップのデュレーションは、クリップを読み込んだりキャプチャしたときのデュレーションと同じです。

B. デュレーションの変更方法

B-1. 数値を指定して変更する

  1. タイムラインパネルで、デュレーションを変更するクリップを選択します。

  2. クリップ/速度・デュレーション を選択します。

  3. クリップ速度・デュレーション ダイアログボックスで設定を行い、「OK」をクリックします。

    • 選択したクリップの速度を変更せずにデュレーションを変更するには、連動ボタンをクリックして切断されたリンクを表示します。連動を解除すると、デュレーションを変更せずに速度を変更することもできます。速度はパーセンテージの設定のままでクリップがトリミングされるか、デュレーションはパーセンテージの設定のままでクリップの速度が変更されます。
    • クリップを逆方向に再生するには、「逆再生」をオンにします。
    • 速度やデュレーションが変わってもオーディオの現在のピッチを維持するには、「オーディオのピッチを維持」をオンにします。
    • 変化する隣接のクリップに合わせて移動させるには、「変更後に後続のクリップをシフト」をクリックします(このオプションは、タイムラインパネルでクリップの速度やデュレーションを変更する場合にだけ使用できます)。

B-2. レート調整ツールを使用して変更する

  1. 目的のクリップが入っているビデオトラックのトラックヘッダーで、「キーフレームを表示」ボタンをクリックします。「キーフレームを表示」が選択されていなければ選択します。

  2. クリップエフェクトメニューの三角形をクリックし、タイムリマップ/速度 を選択します。クリップの速度を制御する水平のラバーバンドがクリップの中央にかけて表示されます。

    ※ クリップエフェクトメニューの三角形は、ビデオトラックの各クリップのファイル名の横に表示されます。表示が見にくい場合は、ズームインして表示領域を確保する必要があります。

  3. ラバーバンドを上または下に移動すると、クリップの速度が増加または減少します。速度の変化量を元の速度のパーセント値で表すツールヒントが表示されます。

C. 静止画のデュレーション

静止画を読み込むと自動的に、「環境設定」で指定されているデュレーションが設定されます。静止画のデュレーションも「速度・デュレーション」コマンド もしくはタイムライン上で変更できます。

静止画のデフォルトのデュレーションは環境設定ダイアログボックスから変更することができます。
※ デフォルトのデュレーションを変更しても、既にシーケンスの一部として読み込まれている静止画のデュレーションは変更されません。

  1. 編集/環境設定/一般 を選択して、環境設定ダイアログボックスを開きます。

  2. 「静止画像のデフォルトデュレーション」の数値を変更して、「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー