Photoshop Elements と Photoshop Lightroom の違い

A. 対応 OS

  Photoshop Elements 10 Photoshop Lightroom 4
Windows Windows XP (Service Pack 3) 日本語版、

Windows Vista 日本語版、Windows 7 日本語版
Windows Vista (Service Pack 2) 日本語版、

Windows 7 (Service Pack 1) 日本語版
Mac OS Mac OS X v10.5.8 ~ 10.7 日本語版 Mac OS X v10.6.8、

v10.7 日本語版

※ 必要システム構成に記載されている OS です。

↑ top

B. 機能の違い

◎ : 対応、△ : 一部対応、- : 未対応

[ 管理 ] Photoshop Elements 10 Photoshop Lightroom 4
管理方法 アルバム カタログ、コレクション
スタック
重要度、レーティング
キーワードタグ
キャプション、タイトル
メモ、説明
カラーラベル
フラグ
写真の検索
動画ファイル *1
音声ファイル *1 *3
メタデータの編集
XMP 対応
[ 画面表示 ] Photoshop Elements 10 Photoshop Lightroom 4
セカンドウィンドウ
比較表示
選別表示 *5
フルスクリーン表示
背景光オン/オフ
[ 補正機能 ] Photoshop Elements 10 Photoshop Lightroom 4
ヒストグラム *6
トーンカーブ △ (カラーカーブ)
色かぶり補正 △ (カラーカーブ)
露出量補正 *7
角度補正
赤目修正
レンズ補正
肌色補正(ソフトスキン)
[ 対応ファイル ] Photoshop Elements 10 *4 Photoshop Lightroom 4
Camera Raw
16bit 画像 *2
CMYK
DNG
TIFF
JPEG
PSD
[ 編集・作成 ] Photoshop Elements 10 Photoshop Lightroom 4
スライドショー
Airtight ビューア
ID プレート
パノラマ (Photomerge Panorama)
集合写真 (Photomarge Group Shot)
顔 (Photomarge Faces)
背景

(Photomarge Scene Cleaner)
露出調整 (Photomarge Exposure)
スタイルを適用 (Photomarge Style Match)
HDR に結合
CD/DVD ジャケットの作成
CD/DVD ラベル
メニュー付き VCD
グリーティングカード
フォトブック
フォトカレンダー
フォトコラージュ
フォトメール
テキスト追加
シェイプ
[ その他の機能 ] Photoshop Elements 10 Photoshop Lightroom 4
レイヤー
選択ツール
クイック編集
ガイド編集
コンタクトシート
ピクチャパッケージ
ドラフトモードプリント
テザー撮影
オンライン公開
オンラインアルバム
Facebook に配信
Flickr に配信

*1: Elements Organizer に読み込むことはできますが、動画や音声の編集はできません。

*2: 編集モードで開く際、レイヤーは統合されます。

*3: スライドショーの BGM として使用することは可能です。

*4: Photoshop Elements 10 の入出力ファイル対応形式については詳しくは、こちらをご覧ください。

*5: 個別に非表示にすることができます。

*6: RAW ファイルの場合、調整が可能です。それ以外の場合は、調整レイヤーのレベル補正で編集することができます。

*7: レンズフィルターで擬似的に表現できます。

↑ top

写真の検索

詳細検索 (Photoshop Elements 10)

Photoshop Elements の Elements Organizer では、検索/詳細(メタデータ) から、写真を検索することができます。詳細検索では、使用したカメラの機種、撮影日、ファイルサイズなどから最高 10 件までの検索条件を設定することができます。検索条件はスマートアルバムとして保存できますので、スマートアルバムをクリックすれば、必要な写真をすぐに見つけ出せます。

ライブラリフィルタ(Photoshop Lightroom)

ライブラリモジュールのグリッド表示の上部に表示されるライブラリフィルターバーを使用すると、テキスト、属性、メタデータという 3 つのモードで写真をフィルターできます。任意のモードを選択して使用したり、複数のモードを組み合わせてより複雑なフィルターを適用することができます。

背景光オン/オフ(Photoshop Lightroom)

Photoshop Lightroom では、「背景光」コマンドを使用して、インターフェイスを減光するか非表示にして、画面上で写真を目立たせることができます。ウィンドウメニューから「背景光」を選択し、いずれかのオプションを選択します。または、 L キーを押して、3 つの明るさを順に切り替えることもできます。

トーンカーブ

カラーカーブ(Photoshop Elements)

Photoshop Elements では、画質調整/カラー/カラーカーブ から「カラーカーブを補正」コマンドを使用して、色、明るさ、およびコントラストを簡単に調整できます。また、露出を調整することもできます。

ハイライト補正、中間調の明るさ、中間調のコントラスト、シャドウ補正の微調整がスライダを使って行うことができます。 (カーブを直接操作をすることはできません。バーで調整します。)

トーンカーブ(Photoshop Lightroom)

スライダ操作により直感的に画像を編集することができます。ハイライト、中間調、シャドウなどを個別に調整し、色調やコントラストを詳細に調整することもできます。トーンカーブは、現像モジュールから利用できます。

Airtight ビューア(Phtooshop Lightroom)

Lightroom には、HTML または Flash 用の Web ギャラリーテンプレートが付属しており、Web モジュールの Airtight ビューワから選択できます。付属のテンプレートは、ギャラリーの色、ギャラリーレイアウト、テキスト、ID プレートなどの要素を指定してカスタマイズできます。

ガイド編集(Photoshop Elements)

Photoshop Elements のガイド編集モードは一部の作業を系統立てて構成したもので、わかりやすい説明も表示されるため、より簡単に作業を実行することができます。またガイド編集の際も、補正前の画像と補正後の結果を並べて表示することができます。1 回クリックするだけで複数の手順を取り消したりやり直すことができるため、気軽に試してみることが可能です。

  

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー