ハードウェアパフォーマンスに関するバッチ書き出しの問題。

問題

Premiere Pro において一括書き出しするために複数のファイルまたはシーケンスを選択する際に、選択内容にハードウェアアクセラレーション可能な数ファイルとハードウェアアクセラレーション不可能な数ファイルの組み合わせが含まれている場合、パフォーマンスメニューを変更しようとすると警告が表示されます。

説明

複数のファイルを一括書き出しする際にビデオ/エンコーディング設定パフォーマンスメニューに、選択したファイルごとの正しいハードウェアアクセラレーションが表示されないことがあります。パフォーマンスメニューがソフトウェアのみに設定されている場合、ハードウェアアクセラレーションに変更しようとすると、以下の警告ダイアログが表示されることがあります。

「ご使用のシステムのハードウェアは現在の設定ではハードウェアアクセラレーションをサポートしていません。」

キューで複数の出力を編集する時に、またはプリセットブラウザープリセットを編集する時に、Adobe Media Encoder に同じ警告が表示されることがあります。

回避策

オプション 1

ファイルごとに、シーケンスごとに個別に書き出します。ファイルごとに書き出すことで、パフォーマンスメニューに、ハードウェアアクセラレーションが使用可能であるかどうかがソースごとに正しく表示されるようになります。

オプション 2

Premiere Pro から一括書き出しを使用する際に、パフォーマンスメニューは調整せずに、Adobe Media Encoder でファイルを処理するキューオプションを選択します。Adobe Media Encoder では、プリセット名にカーソルを合わせることで、または個々のジョブごとに書き出し設定を開くことで、各ジョブのハードウェアアクセラレーションサポートを確認できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー