この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。 

問題点 (Issue)

Adobe Encore CS5/CS4/CS6 または Adobe Premiere Elements 7/8/9/10/11を使用して DVD または Blu-ray の書き込みを行い、正常に完了した後にディスクをプレイヤーに挿入して再生を行うと、以下のいずれかの問題が発生します。

- 再生が開始されません。
- 映像の乱れなどにより正しく再生されません。

解決方法 (Solutions)

A. プレイヤー側に問題が無いか確認します。

DVD プレイヤー/Blu-ray プレイヤーが正常に動作していて、テレビと正しく接続されていることを確認するために、コンピューターから書き出したディスクではなく、市販の DVD や Blu-ray が正しく再生されるか確認してください。

市販のディスクでも、コンピューターから書き出したディスクと同様の問題が発生する場合は、プレイヤーに付属のマニュアルを参照し、トラブルシューティングを行うか、または次のステップに進んでください。

B. ディスクの汚れなどを確認します。

ディスクの汚れや、塵、指紋の付着などを確認します。専用のクリーナーなどを使用して、ディスクの汚れを掃除してください。

C. 書き出し時のテレビ規格

Encore および Premiere Elements では、NTSC と PAL どちらの規格にも対応しています。北米、日本、韓国、フィリピン、南米諸国では NTSC が採用されており、その他の国では PAL が採用されています。両方の規格に対応しているプレイヤーもありますが、通常はどちらか一方のみに対応しています。

規格を誤っている可能性がある場合は、再度正しい規格を選択して書き出しを行います。規格を選択するには、以下の操作を行います。

Encore : プロジェクトの作成時に、[新規プロジェクト] ウインドウの [基本] タブで、[テレビ方式] ポップアップメニューから適切な規格を選択します。

Premiere Elements : タスクパネルの [書き出し] タブを選択し、[ディスク] をクリックします。[プリセット] ポップアップメニューから適切な規格を選択します。 

D. 追加のトラブルシューティング

プレイヤー、ディスク、テレビ規格のいずれも問題が無い場合は、以下のいずれかのトラブルシューティングを行います。

D-1. DVD のトラブルシューティング

D-2. Blu-ray のトラブルシューティング

D-1. DVD のトラブルシューティング

以下のいずれか、または複数の操作を行います。

1. 他の DVD プレイヤーを使用します。
古い機種のプレイヤーには、コンピューターから書き込んだ DVD を再生できないものがあります。他の DVD プレイヤーで再生できるか確認してください。

2. 他のメディアに書き込みを行います。
古い機種のプレイヤーには、特定のメディアでのみ、コンピューターから書き込んだ DVD を再生できるものがあります。 DVD プレイヤーに付属の説明書などを参照し、コンピューターからの書き込みで再生に対応しているメディアの種類を確認してください。

新しい空の DVD メディアに書き込みを行います。以下のいずれか、または複数の項目において、前回問題が発生したメディアとは異なるものを使用してください。

  • 製造元
  • フォーマット(DVD+R、DVD-R、DVD-RW、および単層/二層など)
  • 書き込み速度(2x、4x など)

この方法では何度か試行錯誤を行わなければならない可能性があります。数種類のメディアを用意して試行することで、作業環境に適したメディアを特定することができます。

弊社では、推奨するメディアの指定はありません。弊社ユーザーフォーラムで、他のユーザーの成功例などを確認できる場合があります。

VideoHelp.com(http://www.videohelp.com/dvdmedia*) では、DVD メディアの互換性に関するレポートが公開されています。

 警告 : 上記のリンクはサードパーティの Web サイトに移動します。弊社では、情報の正誤に関する検証などを行っておりません。この情報はサービスの一環として提供するものです。

3. 自動再生ディスクの場合、メインメニューを含めます。
メニューを表示しない DVD は、自動再生 DVD と呼ばれます。古い機種のプレイヤーには、自動再生 DVD の読み取りで問題が発生するものがあります。自動再生 DVD で問題が発生する場合は、メインメニューを追加してから書き込みを行います。

メインメニューを追加する方法については、以下のヘルプを参照してください。

- 「メニューの作成」(Encore CS5 以降のバージョン)
- 「メニューの作成」(Encore CS4)

- 「ディスクメニューの作成」(Premiere Elements 9 以降のバージョン)
- 「ディスクメニューの作成」(Premiere Elements 8)
- 「ディスクメニューの作成」(Premiere Elements 7)

4. 高ビットレートの MPEG-2 ファイルを置き換えます。

デジタルビデオ編集アプリケーションから書き出された MPEG-2 ファイルが含まれるプロジェクトの場合、ビットレートが 8 Mbps を超えている可能性があります。DVD の仕様では 9 Mbps が上限ですが、特定のプレイヤーにおいて、8 Mbps を超えるビットレートの DVD を読み取る際に問題が発生することがあります。 

プロジェクトで使用している MPEG-2 ファイルのビットレートが 8 Mbps を超えている場合、ビデオ編集アプリケーションから 8 Mbps 以下のビットレートを指定して再度書き出しし、DVD に書き込みを行ってください。 

D-2. Blu-ray のトラブルシューティング

以下のいずれか、または複数の操作を行います。

1. プレイヤーのファームウェアをアップデートします。

Blu-ray プレイヤーのファームウェアをアップデートすることにより、コンピューターで書き込みした Blu-ray ディスクとの互換性が向上する可能性があります。ファームウェアのアップデートに関する詳細については、プレイヤーの製造元にお問い合わせください。

Blu-ray.com(http://www.blu-ray.com/firmware*)では、さまざまな Blu-ray プレイヤーのファームウェア更新情報が公開されています。

 警告 : 上記のリンクはサードパーティの Web サイトに移動します。弊社では、情報の正誤に関する検証などを行っておりません。この情報はサービスの一環として提供するものです。

2. 他のメディアに書き込みを行います。

他の種類のメディアを使用することにより、問題が改善される可能性があります。下のいずれか、または複数の項目において、前回問題が発生したメディアとは異なるものを使用してください。

  • 製造元
  • フォーマット(BD-R/BD-RE、および 25 GB 単層/50 GB 二層など)
  • 書き込み速度(2x、4x など)

この方法では何度か試行錯誤を行わなければならない可能性があります。数種類のメディアを用意して試行することで、作業環境に適したメディアを特定することができます。

弊社では、推奨するメディアの指定はありません。弊社ユーザーフォーラムで、他のユーザーの成功例などを確認できる場合があります。

VideoHelp.com(http://www.videohelp.com/dvdmedia*)では、Blu-ray メディアの互換性に関するレポートが公開されています。

 警告 : 上記のリンクはサードパーティの Web サイトに移動します。弊社では、情報の正誤に関する検証などを行っておりません。この情報はサービスの一環として提供するものです。

3. MPEG-2 Blu-ray ディスク

Blu-ray の仕様では、H.264 コーデックのみでなく、DVD でも使用されている MPEG-2 コーデックがサポートされています。H.264 コーデックでは、品質を損なうことなく高圧縮を実現することができますが、プレイヤーによっては、コンピューターで書き込まれた H.264 エンコードのデータ読み取りで問題が発生することがあります。H.264 の Blu-ray ディスクで問題が発生する場合は、MPEG-2 Blu-ray ディスクの書き込みをお試しください。

Blu-ray のフォーマットで MPEG-2 を選択するには、以下の操作を行います。

Encore

  1. [ファイル] メニューから [プロジェクト設定] を選択します。
  2. 以下のいずれかの操作を行います。
    Encore CS5 以降の場合
    a. [基本] タブで [トランスコードの初期設定] をクリックします。
    b. [Blu-ray] タブを選択します。
    c. [コーデック] ポップアップメニューから [MPEG-2] を選択します。
    Encore CS4 の場合
    [基本タブ] で [コーデック] ポップアップメニューから [MPEG-2] を選択します。

Premiere Elements 9

注意 : Premiere Elements 10 以降は、MPEG2Blu-ray の書き出しに対応していません。

  1. タスクパネルの書き出しタブを選択し、「ディスク」をクリックします。

  2. [Blu-ray] を選択します。
  3. [プリセット] ポップアップメニューから任意の MPEG-2 プリセットを選択します。

4. 他の Blu-ray プレイヤーを使用します。

プレイヤーによっては、コンピューターから書き出した Blu-ray ディスクと互換性が無いものがあります。他の Blu-ray プレイヤーで再生できるか確認してください。

追加情報 (Additional Information)

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー