内容 (What's Covered)

この文書では、Mac OS をセーフブートで起動した際、Adobe After Effects CS5/CS5.5、Adobe Premiere Pro CS5/CS5.5、Premiere Elements 9 がどのように動作するのかを表にまとめて説明しています。

After Effects

製品バージョン OS バージョン 起動の可否 起動時の動作
CS5 10.6.8 ×

以下のエラーメッセージが順に表示されます。

  • 「After Effects 警告:フォント"Verdana""Italic"を読み込めません」
  • 「After Effects:After Effects のインターフェースに必要なフォントを読み込めません。フォントを置き換えるか After Effects を再インストールしてください」
  • 「After Effects 続行できません:アプリケーションの起動中に予期しないエラーが発生しました」 
  10.7 正常に起動します。
CS5.5 10.6.8 ×

以下のエラーメッセージが順に表示されます。

  • 「After Effects 警告:フォントを作成できません。」
  • 「After Effects 続行できません:アプリケーションの起動中に予期しないエラーが発生しました」 
  10.7 正常に起動します。

Premiere Pro

製品バージョン OS バージョン 起動の可否 起動時の動作
CS5 10.6.8  ◎  正常に起動します。
  10.7  ×

 以下のエラーメッセージが表示されます。

  • 「Premiere Pro スタートアップエラー 使用できるモジュールを見つけられませんでした。ビデオ表示ドライバーを更新して、もう一度実行してください」 
CS5.5 10.6.8  ◎ 正常に起動します。
  10.7  ×

以下のエラーメッセージが表示されます。

  • 「Premiere Pro スタートアップエラー 使用できるモジュールを見つけられませんでした。ビデオ表示ドライバーを更新して、もう一度実行してください」 

Premiere Elements

製品バージョン OS バージョン 起動の可否 起動時の動作
9 10.6.8  ×  アプリケーションウィンドウ左下に「ユーザーインタフェイスを初期化しています」と表示されたままの状態になります。
   10.7  ×

 以下のエラーメッセージが表示されます。

  • 「Adobe Premiere Elements 9 が予期しない理由で終了しました。」

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー