内容 (What's Covered)

運用開始前の準備

エンタープライズライセンスのアプリケーションを導入して実際に運用を開始するためには、いくつかの準備が必要です。

*必ずお読みください

導入支援説明会・導入支援サポートを受けるにあたってのお願い

導入前に以下のページを参照の上、アドビ製品のデプロイメントをご検討ください。

製品導入時の環境に関する確認事項(Creative Cloud | Document Cloud)

arrow_icon

STEP 1: まずは、導入するライセンスの種類をご検討ください。

エンタープライズ運用開始前の準備 1 - ライセンスの認証方法


arrow_icon

STEP 2: 次に、どのようにしてユーザーのコンピューターにアプリケーションを展開(デプロイメント)するかを検討します。

エンタープライズ運用開始前の準備 2 - インストーラーの入手・作成・展開


arrow_icon

STEP 3: シリアル番号ライセンスではなく、ユーザーライセンスでアプリケーションを展開する場合、管理者がユーザーを招待する必要があります。

エンタープライズ運用開始前の準備 3 - ユーザーの招待


arrow_icon

STEP 4: お困りの際は、アドビのエンタープライズ向けサポートをご利用いただけますが、問い合わせの窓口となる担当者の方を決めていただく必要があります。

エンタープライズ運用開始前の準備 4 - サポートに問い合わせる担当者の選出


arrow_icon

STEP 5: ユーザー各自がCreative Cloud製品をダウンロードしてインストールするのではなく、管理者が展開を行う場合は、インストーラーパッケージを用意します。Admin Console 上から作成するパッケージと、Creative Cloud Packager を使用したパッケージの両方をご利用いただけます。

エンタープライズ運用開始前の準備 5 - Admin Console の活用 - パッケージを管理する|パッケージタブ

エンタープライズ運用開始前の準備 6 - Creative Cloud Packager の入手


Admin Console の活用

Creative Cloud のエンタープライズライセンスは、Admin Console(アドミンコンソール)と呼ばれる Web 上の管理ポータルを利用して一元管理可能です。Admin Console の機能および使用方法については、以下の情報をご覧ください。

ダウンロード

Creative Cloud Packager の使用方法

Creative Cloud Packager を使用してパッケージを作成し、作成したパッケージを展開する手順は、プラットフォーム、ライセンスの種類、パッケージに含める Acrobat のバージョンによって異なります。

Windows の場合

Mac OS の場合

 

ライセンスファイルの利用

 

ライセンスファイルの作成

ライセンス形態の移行

Customization Wizard の活用

操作方法やトラブル対処などについては、以下のリンク集を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー