Adobe Photoshop CC や Adobe Illustrator CC では、整列および分布機能を使ってレイヤーやオブジェクトを並べることができます。

整列機能について

整列機能では、2 つ以上のオブジェクト(レイヤー)または 1 つ以上のシェイプを一定の場所にそろえることができます。
下の図では、「上端揃え」で整列させています。3 つのオブジェクトの内、上端が一番上にある三角を基準にして、丸と四角のオブジェクトを自動で動かします。

整列の基準となる位置は変更することができます。

Photoshop のレイヤーの整列 : 選択ツールで選択範囲を作成することで、作成した選択範囲を基準に整列することができます。

Photoshop のシェイプの整列 : パスコンポーネント選択ツールで同一レイヤー上のシェイプを選択することで、シェイプを整列することができます。オプションで「選択範囲に揃える」または「カンバスに揃える」が選択できます。「選択範囲に揃える」場合は、選択しているシェイプの中で基準点が作成されます(2 つのシェイプを選択して「上端揃え」を実行した場合、上端が上にあるシェイプの上端が基準点となります)。

Illustrator の整列 : オプションで「選択範囲に揃える」、「キーオブジェクトに揃える」、「アートボードに整列」が選択できます。「選択範囲に揃える」場合は、選択しているオブジェクトの中で基準点が作成されます(2 つのオブジェクトを選択して「上端揃え」を実行した場合、上端が上にあるオブジェクトの上端が基準点となります)。「キーオブジェクトに揃える」場合は、整列させるオブジェクトの中から基準とするオブジェクトを選択します。

分布機能について

分布機能は、3 つ以上のオブジェクト(レイヤー)を、両端にあるオブジェクトの指定部分を基準にして等間隔に並べます。
下の図では、「左端を分布」で分布させています。オブジェクトの左端が一番左側にある丸と、一番右側にある三角のオブジェクトを基準にして、その中間に四角のオブジェクトを自動で動かします。

Photoshop でレイヤーの整列や分布を行う

  1. Photoshop CC を起動し、新規ファイルを作成します。

  2. レイヤーを 2 つ以上作成し、それぞれに画像を描画しておきます。

    今回は以下のように 3 つのレイヤーを作成し、それぞれに丸、四角、三角を描画しています。

  3. ツールパネルから選択ツールをクリックし、Shift キーを押しながらクリックして、複数のレイヤーを選択します。

  4. オプションパネルの整列アイコンや分布アイコンから並び替えの方法を選択します。

    今回は、「上端揃え」を選択します。

Illustrator でオブジェクトの整列や分布を行う

  1. Illustrator CC を起動し、新規ファイルを作成します。

  2. 2 つ以上のオブジェクトを作成します。

    今回は以下のように 3 つのオブジェクトを作成しています。

  3. ツールパネルから選択ツールをクリックし、Shift キーを押しながらクリックして、複数のオブジェクトを選択します。

  4. ウィンドウ/整列 を選択して、整列パネルを表示します。

  5. 整列パネルの整列アイコンや分布アイコンから並び替えの方法を選択します。

    今回は、「左端を分布」を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー