この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

注意:

重要 : 以下の手順は、Adobe Open Options (AOO) ボリュームライセンスのエンタープライズ版を対象としています。

この文書では、Adobe Photoshop Elements 13/Adobe Premiere Elements 13 のインストーラーパッケージ(MSI または PKG)を作成する方法について説明しています。作成したパッケージは、Microsoft SCM、Apple ARD、JAMF Casper Suite などの展開ツールを使用して、クライアントコンピューターに展開することができます。

A. Creative Cloud Packager をダウンロードします。

Photoshop Elements 13/Premiere Elements 13 のパッケージを作成するには、Adobe Creative Cloud Packager を使用します。Creative Cloud Packager は、Adobe Licensing Website または Admin Console からダウンロードできます。

注意:

重要

  • Photoshop Elements/Premiere Elements のパッケージを作成するには、最新の Creative Cloud Packager を使用する必要があります。
  • Creative Cloud Packager は、Creative Suite 製品または Creative Cloud Manager 製品がインストールされているコンピューターにインストールしないでください。
  • Adobe Application Manager 3.1 と Creative Cloud Packager は同一コンピューターにインストールして使用することができますが、パッケージ作成時に両方を実行することは推奨されません。

B. パッケージの作成

Creative Cloud Packager を使用してパッケージを作成するには以下の操作を行います :

  1. ダウンロードした Creative Cloud Packager を実行します。

    • Windows : スタート/プログラム/Adobe/Creative Cloud Packager を選択します。
    • Mac OS : Macintsh HD/Applications/Adobe/Creative Cloud Packager をダブルクリックします。

    注意:

    重要 : パッケージを構築しているコンピューターで、Creative Cloud Packager を Administrator として実行することが必要です。

  2. 下段の Creative Cloud エンタープライズ版、Creative Cloud 教育期間向けデスクトップアプリケーション、Creative Cloud 官公庁向けデスクトップアプリケーションを選択します。

  3. Adobe ID およびパスワードを入力してサインインします。

  4. サインインが完了したら、「パッケージの作成」を選択します。

    注意:

    • 作成済みのパッケージを修正する場合は、「パッケージを編集」をクリックし、既存の .ccp ファイルを参照します。
    • 「ライセンスファイルの作成」をクリックすると、体験版を認証するためのライセンスファイルを作成できます。詳細についてはライセンスファイルの作成を参照してください。

  5. 「パッケージの詳細」画面が表示されたら、以下の情報を指定して「次へ」をクリックします。

    • パッケージ名
      任意のパッケージ名を指定します。
    • 保存先
      フィールド右のボタンをクリックし、パッケージを保存する場所を指定します。(インストール先ではありません。)
    • 32 bit/64 bit
      Windows 版の場合、32 ビットまたは 64 ビットのいずれかのプロセッササポートを選択します。32 ビットパッケージは 64 ビット環境では実行できません。
    • ライセンスの種類
      「シリアル番号ライセンス」を選択します。
    • Package configurations
      インストール中に発生したコンフリクトの処理を無視するかどうか、などのオプションを含むパッケージの構造を設定します。パッケージの構造を確認する、または設定するには、Advanced Configurations 画面で設定を修正します。
  6. シリアル番号を入力して、「次へ」をクリックします。

  7. 「アプリケーションおよびアップデート」画面で、パッケージに含める製品およびアップデートを選択し、「ビルド」を選択します。

    • 以前のバージョンを表示
      初期設定では、最新バージョンのソフトウェアのみ表示されます。「以前のバージョンを表示」を選択することによって、旧バージョンのアプリケーションを表示し、パッケージに含めることができます。
      ※ ダウンロード済みのアプリケーションおよびアップデートには、下向きの矢印が表示されます。
    • 言語
      画面右上のの言語ドロップダウンリストから、パッケージする製品の言語版を選択できます。
    • オフラインメディアを追加
      オンラインからではなく、DVD やダウンロード済みファイルを使用してパッケージを作成する場合は、「オフラインメディアを追加」を選択します。

    注意:

    注意 : 不正使用を回避するため、オンラインからインストーラーを取得するか、または弊社 Web サイトからダウンロードしたオフラインメディアを使用してください。

    注意:

    注意 : 作成したパッケージは、必ずアプリケーションの必要システム構成を満たすコンピューターに展開してください。

  8. アプリケーションおよびアップデートのダウンロード処理が開始され、ダウンロードが完了するとパッケージがビルドされます。ビルドが完了すると、概要ページが表示されます。エラーが発生した場合は、「Build Log」をクリックして詳細を確認することができます。

    注意:

    警告 : パッケージを作成シルト、<パッケージ名>.ccp という構成ファイルが指定フォルダー内に生成されます。このファイルはプログラムの内部処理に使用するもののため、編集や削除は行わないでください。

C. パッケージの展開

指定したフォルダー内に Build フォルダーと Exceptions フォルダーが生成されます。Exceptions フォルダーには、個別にインストール処理が必要な payload が含まれます。

パッケージの展開に関する詳細については、パッケージのデプロイを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー