Adobe Camera Raw および Adobe Photoshop Lightroom は、すべての Canon 5D Mark IV CR2 ファイルを標準サポートしています。 キヤノンの新しいデュアルピクセル RAW 調整機能を利用するには、キヤノンの Digital Photo Professional ソフトウェアが必要です。

Camera Raw および Lightroom においてキヤノンデュアルピクセル RAW ファイルを開く前のプリプロセッシング

  1. Canon Digital Photo Professional でデュアルピクセル RAW CR2 ファイルを開きます。

  2. Dual Pixel Raw Optimizer を使用して画像を調整します。

  3. ホワイトバランスを調整します。

  4. 調整して TIFF ファイルを作成します。

  5. これで、作成した TIFF ファイルを Adobe Camera Raw または Lightroom に読み込むか、開くことができます。

注意:

Lightroom 6.7 で、デュアルピクセル RAW 対応で生成した Canon CR2 ファイルでは、DNG への変換時に「オリジナル Raw ファイルを埋め込む」オプションにチェックマークを入れる必要があります。そのため、Lightroom 6.7 における読み込み時の DNG への変換は、キヤノンデュアルピクセル RAW ファイルについては無効になります。 この制限は、Lightroom 6.8 以降のバージョンには適用されません。

Lightroom 6.7 では、非可逆圧縮オプションを指定すると、キヤノン DPR ファイルから DNG への変換がサポートされます。この場合、オリジナル画像データは保存されません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー