DVA アプリケーションで環境設定フォルダーが読み取り専用になるエラーの対処方法

問題点

稀ですが、次の問題が発生する場合があります。

  • Premiere Pro または After Effects が応答しない。
  • Premiere Pro または After Effects の処理速度が断続的に遅くなる。
  • 環境設定フォルダーが読み取り専用であることを示すエラーメッセージが表示される。
  • Premiere Pro または After Effects が起動時にクラッシュする。
  • 読み込みや書き出しなどでコンピューター上のファイルにアクセスすると Premiere Pro または After Effects がクラッシュする。

解決策

環境設定フォルダーの属性を読み取り/書き込みに手動で設定します。次の手順に従って、Adobe フォルダーに読み取り/書き込み権限を設定します。

Windows

この操作を次のフォルダーに実行します。

  • C:\Program Files\Adobe
  • C:\Program Files (x86)\Adobe
  • C:\ProgramData\Adobe
  • C:\Users\<ユーザー>\AppData\Roaming\Adobe
  • C:\Users\<ユーザー>\AppData\Roaming\Adobe\Premiere Pro\<バージョン番号> - Premiere Pro の場合
  • C:\Users\<ユーザー>\AppData\Roaming\Adobe\After Effects\<バージョン番号> - After Effects の場合
  1. エクスプローラーを開きます。「表示」タブをクリックして、「隠しファイル」を選択します。

    隠しファイルの表示
    隠しファイルの表示
  2. 前述のパスのフォルダーに移動します。

  3. エクスプローラーでフォルダーを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

  4. セキュリティ」タブをクリックし、「編集」をクリックしてパラメーターを設定します。

  5. アクセス許可ダイアログで、ユーザー名を選択します。アクセス許可領域で、「拒否」チェックボックスの選択を解除します。Premiere Pro の場合:

    権限の有効化
    権限の有効化
  6. OK」を 2 回クリックします。

  7. アプリケーションを起動します。

macOS

  1. 新しい Finder ウィンドウを開きます。

  2. option キーを押しながら、画面上のツールバーにある移動メニューをクリックし、「ライブラリ」を選択します。(option キーを押したままにしないと、ライブラリは表示されません。)

  3. Application Support/Adobe/Premiere Pro フォルダーに移動して開きます。

  4. <バージョン番号> フォルダーをクリックして Command + I を押し、情報ウィンドウを開きます。

  5. 情報ウィンドウの下部にある「共有とアクセス権」セクションにユーザーアカウントが表示されていることを確認します。アクセス権が「読み取りと書き込み」に設定されていることを確認します。

    アクセス権の確認
    アクセス権の確認
  6. ユーザーアカウントがリストされていない場合は、次の別の手順に従います。

    1. ウィンドウの下部にあるロックアイコンをクリックします。
    2. 画面の指示に従い、ユーザー認証情報を入力します。
    3. + ボタンをクリックして、ご使用のユーザーアカウントを追加します。
    4. ご使用のユーザーアカウントをクリックし、「選択」を選択します。
    5. 読み取り専用」をクリックし、「読み取りと書き込み」に変更して、ご使用のユーザーアカウントの権限を「読み取りと書き込み」に変更します。
    6. ロックアイコンをクリックして、変更を保存します。
  7. ご使用のユーザーアカウントが既にリストされていても、「読み取り専用」に設定されている場合は、手順 6(手順 c および d を除く)にリストされている手順をすべて実行します。

  8. After Effects の場合、[ドライブ]/Users/[ユーザー]/Library/Preferences/Adobe/ に対して手順 1 ~ 7 を繰り返します。