macOS 12 および Windows 11 のオーディオデバイスのプライバシー機能

macOS 12 Monterey と Windows 11 では、オーディオデバイスにアクセスするアプリケーションに新しいプライバシー機能が導入されています。Premiere Pro、After Effects、Audition、Character Animator を使用している場合、これらのオペレーティングシステムでアプリケーションを起動すると、これらの変更が通知されます。

macOS

アドビアプリケーションがオーディオ入力デバイスを使用している場合、メニューバーに小さなオレンジ色のインジケータが表示される場合があります。

macOS のメニューバーインジケータ

マイクへのアクセス許可を求めるアドビアプリケーション

Windows

Windows 11 では、アプリケーションがオーディオ入力デバイスにアクセスしていることをタスクバーのアイコンとメッセージで通知します。

Windows でマイクの使用を通知するヒント

Windows 11 のタスクバーインジケータ

OS のインジケータ以外にも通知する方法があります。Web カメラなどのデバイスでは、アプリケーションがオーディオ機能にアクセスすると、接続中のデバイスのランプが点灯します。

注意:

再生中やアイドル状態など、実際に録音を行っていないときに、OS またはハードウェアのインジケータが表示される場合があります。これは、デバイスが録音中であるという意味ではなく、単にオーディオ入力デバイスとしてアドビアプリケーションに接続されていることを表しています。

オーディオを同期するクロックソース

Premiere Pro、Audition、After Effects、Character Animator は、オーディオ入力デバイスの機能をクロックソースとして使用し、オーディオの再生や録音を同期できます。実際に録音しているかどうかに関わらず、このようなアクセスでインジケータが表示され、オーディオやビデオがキャプチャされているような印象を与えることがあります。Premiere Pro のボイスオーバーセッション、Audition のポッドキャスト、Character Animator のパフォーマンスなど、実際にオーディオを録音していなければ、これらのアプリケーションでオーディオまたはビデオコンテンツをキャプチャまたは監視することはありません。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合