内容 (What's Covered)

 

Adobeのデプロイメントオプションを利用することで、様々なITインフラに応じたAcrobatソリューションの迅速なデプロイメント(導入)が可能です。 この文書は、Acrobat 9/Adobe Reader 9を企業・組織内で導入する際に参考になる情報を集めたものです。

Customization Wizard 9を使ったインストーラのカスタマイズ

 

Customization Wizard 9 はシステム管理者が組織内でAcrobat 9/Adobe Reader 9を導入する際により柔軟なコントロールを可能にするツールです。グラフィカルなインターフェイスで、組織のご要望に合わせたインストーラの動きとアプリケーションの機能をカスタマイズすることができます。



Customization Wizard 9 で可能なカスタマイズの一例



インストール作業のカスタマイズ:

* サイレントインストール

* 古いバージョンのAcrobat、Adobe Readerの削除

* 使用許諾画面の非表示化



アプリケーションのカスタマイズ:

* 自動アップデートの抑制

* DistillerのJobオプション、Adobe PDFプリンタ設定

* ウェブサービスの無効化

* デジタル署名、Right Management Serverなどのセキュリティ設定



Adobe Reader 9のインストーラをカスタマイズする場合

Adobe Reader 9をCustomization Wizard 9で使用するためには下記の文書(または Customization Wizard 9のドキュメント)に従ってインストーラファイルを抽出する必要があります。



234325 MSI インストーラを企業ネットワーク配布用に抽出する





Customization Wizard 9のダウンロード

Adobe Customization Wizard 9はこちらからダウンロードしてください(英語ページ)





Customization Wizard 9のドキュメント

Adobe Customization Wizard 9を使ったAcrobat9 /Adobe Reader 9インストーラのカスタマイズ (Windows版:日本語)





 

Adobe Reader 9/Acrobat 9の企業内でのデプロイメントについて

 

Adobe Reader 9のデプロイメント(概要)

この文書では企業内でのAdobe Reader9にデプロイメントに関する概要を紹介します。





Microsoft Windows Group Policy と Active Directory serviceを使ったデプロイメント


この文書ではWindowsネットワークでのGroup Policyを使ったAcrobat9またはAdobe Reader9のデプロイメント方法を紹介します。





Microsoft Systems Management Serverを使ったデプロイメント

この文書では Windowsクライアントで、SMSを使ったAcrobat9またはAdobe Reader9のパッケージの作成とデプロイメントの方法を紹介しています。

Microsoft Windows Terminal Services を使ったデプロイメント

この文書では、WTSを使ってAcrobat9またはAdobe Reader9をホストし、Windowsクライアントでエミュレートする方法を紹介しています。

Citrix Presentation Serverへのデプロイメント

この文書では、Citrix Presentation Serverを使ってAcrobat9またはAdobe Reader9をホストし、Windowsクライアントでエミュレートする方法を紹介しています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー