アップデートとは不具合の修正、小さな機能向上の提供など、ソフトウェアの小規模な更新のことです。

同製品をプログラムファイルで書き換えていくというのが、アップデートの一般的な認識です。

Adobeでは正規ユーザに対して、無償のアップデートファイルをダウンロード形式で提供しています。

Adobe製品のアップデートはこちらで無償提供しています。

アップグレードとはソフトウェアに大規模な改良が加えられることです。

アップデートのようにプログラムファイルでソフトウェアを書き換えるのではなく、別の製品として購入するのがアップグレードの一般的な認識です。

Adobeでは有償または無償で、箱に梱包されたパッケージ形式またはファイルのダウンロード形式でアップグレード版を提供しています。

Adobe製品のアップグレード版はこちらでご購入いただけます。

Adobeでは1.1や3.2など、5以外の小数点のついた上位バージョンへの変更をアップデートとしています。

例:Acrobat 8.0→Acrobat 8.1 / Dreamweaver 8→Dreamweaver 8.0.2

それに対して、1や2など小数点がないもの(または1.0や2.0という表記)や小数点が5の上位バージョンへの変更をアップグレードとしています。

例:Photoshop CS2→Photoshop CS3 / Acrobat 7.0→8.0 / AfterEfects 6.0→6.5

Creative SuiteやFrameMakerなど、一部製品で例外もあります。

例:Creative Suite Premiere 1.3や2.3はアップグレード扱い / FrameMaker 7.1や7.2はアップグレード扱い

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー