・ デスクトップ製品 SDK サポートインシデントとは

デスクトップ製品 SDK サポートでは、デベロッパー様から当サポートに寄せられる一つ一つのお問い合わせを「デスクトップ製品 SDK サポートインシデント」と呼んでいます。または、デベロッパー様がそのようなお問い合わせを行う「権利」のことを、「デスクトップ製品 SDK サポートインシデント」と呼ぶ場合もあります。E メールで当サポートにご質問をお送りいただくためには、あらかじめ必要な数分のデスクトップ製品 SDK サポートインシデントをご購入いただく必要があります。

2015年5月現在、アドビストアでのデベロッパー向けのサポート販売はすべて終了しています。ご購入は各サポート取扱販売店およびソリューションパートナーよりお願いします。また、デベロッパーサポートについての各種お問い合わせは、ご指定の問い合わせメールアドレスへお願いします。お電話によるサポートはおこなっておりません。

デベロッパー向けサポート購入について、詳しくはこちら

※ 2012 / 4 / 1 よりサポート言語は、英語のみとなります。

デスクトップ製品 SDK サポートへのお問い合わせは、別途定められた弊社のソフトウェア開発キット (SDK) に関してのみとなります。また、1件のインシデントには、それ以上区分することができない、最小限の1つの事項に関するご質問のみを含むものとします。お寄せいただいた1通の E メールに複数のご質問が記述されている場合には、複数のインシデントが消費される場合がありますので、ご了承ください。

・ デスクトップ製品 SDK サポートインシデントの消費

当サポートが提示した解決方法やトラブルの回避策によって、ご質問の事項が解決した場合、デスクトップ製品 SDK サポートインシデントが1つ消費されます。インシデントの消費は、当サポートとデベロッパー様の間で授受されたメールの本数や、解決に要した時間などとは、直接関係がありません。一度消費したインシデントは、再利用できません。

なお、デベロッパー様が行う不具合の報告のうち、当サポートによる回避策の提示を要求しないものについては、インシデントは消費されません。インシデントを消費しない場合は、弊社からの回答メールの中で、インシデントを消費しない旨を明示的にお知らせします。

 

デベロッパー様がお持ちのインシデントの消費・未消費の状態につきましては、弊社よりご案内しておりません。有効なインシデントがいくつ残っているか不明な場合などには、パートナープログラム事務局までお問い合わせください。

 

・ デスクトップ製品 SDK サポートインシデントの有効期限

デスクトップ製品 SDK サポートインシデントの有効期限は、インシデント購入日から一年となります。インシデントの有効期限が終了する時点で未使用のインシデントが残存する場合、そのインシデント該当額の返金はできません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー