注意:

  Typekit は、Adobe Fonts に名前が変わりました。これは、Creative Cloud などのサブスクリプションに含まれています。さらに詳しく

Muse における Typekit Web フォントの使用

Muse で、プレミアム商用フォント向けのサブスクリプションサービスである Typekit フォントに直接アクセスできます。どのレベルの Creative Cloud プランでも Typekit ライブラリから限定フォントセレクションを試すことができます。また、有料プランをご契約の場合は、ライブラリに登録されている数千種類に及ぶフォントをすべて使用できます。Muse での Typekit の使用の詳細な説明については、弊社のウォークスルーをご覧ください。

Typekit アカウントページでいつでもプランレベルを確認できます。無料プランに入っていて、さらに多くのフォントが必要な場合は、いつでも簡単にアップグレードできます。

Web フォントホスティング - ページビューのプラン

Typekit は、ユーザーが Web サイトで使用するフォントをホストします。つまり、Typekit ライブラリのフォントを選択して、Muse でサイトを公開すると、Typekit はこれらのフォントを自動的にホストし、ご使用の Typekit アカウントを Web サイトに接続します。続いて、ファウンドリパートナーのフォントの使用に相当する料金が当該のファウンドリパートナーに適切に支払われるように、Typekit はユーザーが表示するサイトのページビュー数を追跡します。

Typekit におけるページビューの上限は、プランによって異なります。ご使用のプランレベルのページビュー数を超過した場合は、超過料金が発生する可能性があります。そのため、Muse で公開する前にこのことを前もって確認することが重要です。

ページビューのクォータは、Typekit アカウントページに記載されています。このページで、当月の現在の使用状況に関する情報も確認できます。

追加情報

ページビューの最大上限を超えると、Typekit フォントはどうなりますか?

サブスクリプション版のページビューの上限を超えても、Typekit はフォントを自動的にはシャットオフしません。常に上限を超える場合は、Typekit サポートチームは電子メールにてお客様にご連絡し、ページビューの上限設定の高いプランへのアップグレードを提案します。

無料プランにダウングレードすると、サイトのフォントはどうなりますか?

Creative Cloud 無料プランでも、Typekit の厳選ライブラリのフォントを使用する資格があります。月間契約の Creative Cloud サブスクリプションをキャンセルするが、Typekit フルライブラリへのアクセスは保持したい場合、Typekit 搭載のスタンドアローンプランにサインアップできます。詳細については、typekit.com/plans を参照するか、support@typekit.com に電子メールを送信してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー