Sketchからいくつかの方法でXDプロジェクトに素材を取り込みます。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:いくつかの方法でSketchから素材を読み込む方法

Sketchから素材を読み込む方法

Sketchから素材を読み込むには、Sketchの素材をXDにドラッグする、SketchドキュメントをXDで開くなどいくつかの方法があります。

注意:Sketchからコピー&ペーストすることもできますが、元と同様の精度で編集機能を維持するには、Sketchから同じコンテンツをXDにドラッグする方法を推奨します。

ヒント:Sketchから素材を書き出して、XDプロパティに読み込むこともできます。

「開く」コマンドを使用してSketchの素材を読み込む

  • 左上隅にある設定メニュー(Windows)またはファイルメニュー(macOS)から「コンピューターから開く」を選択します。Sketchドキュメントを選択して、「開く」をクリックします。XDでSketchドキュメントが開き、編集可能なXDドキュメントに変換されます。

注意:Sketchバージョン43以降で作成されたSketchファイルのみ、開くことができます。

SketchファイルをXDで開いたときに使用可能な機能一覧をご覧ください。

ドラッグ&ドロップでSketchの素材を読み込む

  • SketchでSketchファイルを開きます。
  • Sketchドキュメントのコンテンツを選択します。
  • 右側のインスペクターで、「Make Exportable」の右にある「+」をクリックします。Formatメニューの「SVG」を選択します。
  • 左側のレイヤーパネルからXDにコンテンツをドラッグします。編集可能なコンテンツがXDドキュメントに埋め込まれます。
     
10/15/2019
このページは役に立ちましたか。