ボタン、フォーム要素、ヘッダー、アイコンなどのUIキットコンテンツを使用することで、デザイン作業をすばやく開始できます。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:UIキットにアクセスして、そのコンテンツを自分のデザインに利用する方法

Adobe XD CCでデザインする際、XD内からUIキットやその他のリソースにアクセスして、プロセスを簡単にすることができます。UIキットは、ボタン、フォームコンポーネント、ステータスバーなどのデザイン要素のセットです。これを自分のプロジェクトにコピー&ペーストすることで、デザイン作業を迅速に進めることができます。

UIキットの取得

  • Adobe XD内でUIキットにアクセスするには、「ファイル/UIキットを取得」を選択するか(Mac OS)、アプリの左上隅にある設定メニューをクリックして「UIキットを入手」を選択します(Windows)。メニューには用途やプラットフォームに応じて異なるUIキットが表示されます。
  • 例としてワイヤーフレームを選択すると、デフォルトのブラウザーでwebページが開き、このページからキットをダウンロードできます。

UIキットのコンテンツの利用

  • UIキットをダウンロードしたら、UIキットのXDファイルを開きます。ワイヤーフレームUIキットには、2つのXDファイル(webデザイン用およびアプリデザイン用)が含まれます。UIキットのコンテンツをドキュメントにコピー&ペーストできます。

ほとんどの場合、UIキットのコンテンツは編集可能です。コンテンツをデザインに追加し、外観や内容を適宜変更できます。

このページは役に立ちましたか。