Adobe XD CCはユーザーエクスペリエンスデザインのためのオールインワンプラットフォームで、特にPhotoshopの操作に慣れている場合は簡単に習得できます。XDはPhotoshopと緊密に連携することで既存のアセットをすばやく取り込むことができ、効率的にユーザーエクスペリエンスをデザインすることができます。

UI/UXワークフローでXDを最大限に活用

XDはユーザーエクスペリエンスのデザインとプロトタイプ作成のための強力なツールです。リピートする要素の作成および変更、デザインのサイズ変更、インタラクティブ機能の追加など、UI/UXワークフローで発生する課題を解決します。XDの機能について詳しくはビデオをご覧ください。

学習した内容:

  • リピートグリッドを使って繰り返し要素をすばやく作成する
  • レスポンシブサイズ変更によって最小限の調整で画面サイズを変更する
  • ドキュメント全体のカラーと文字スタイルを管理および変更する
  • ドキュメント全体のデザイン要素を入れ替える
  • プロトタイプによって動的なデザインに変更する
  • レビューとフィードバックのためにプロトタイプを共有する

Adobe XDでPhotoshopのコンテンツを使用する方法

XDインターフェイスに慣れるとともに、既存のPhotoshopプロジェクトをXDで開いて編集することがいかに簡単かを学びます。

学習した内容:

  • PhotoshopファイルをXDで直接開く
  • XDとPhotoshopの類似点と違いを知る
    • XDはベクターで、Photoshopはビットマップ
    • アートボード、レイヤー、シンボル、マスキング、タイポグラフィ
  • PhotoshopからビットマップやSVGレイヤーをコピーしてXDにペーストする
  • シンボルを使って複数の画面でデザイン要素を管理する
  • Creative Cloudライブラリのアセットをデザインに取り込む
11/12/2018

プレゼンター:Howard Pinsky

このページは役に立ちましたか。