Adobe Acrobat 2020 についての FAQ

基本事項

Acrobat 2020 は、Acrobat の最新の永続ライセンス版です。このデスクトップソリューションには、PDF 文書を扱うためのあらゆる機能が備わっています。Acrobat 2020 は日常的な PDF の取り扱いを容易にし、PDF をデスクトップで効率的に使用するための様々な機能強化を含んでいます。

Acrobat 2020 はデスクトップ上でのみ使用することも、Acrobat DC サブスクリプションを購入して、Adobe Document Cloud サービスで提供される追加機能を利用することもできます。

Acrobat 2020 で可能な処理のほんの一例を次に示します。

  • スキャンした文書をすぐに編集スキャンした紙の文書を編集可能な PDF に変換できます。自動的なフォントマッチにより、新しい編集結果も自然になじみます。
  • 保護された PDF の作成:Acrobat や、よく使われている Microsoft Office アプリケーションから、高品質な PDF ファイルを作成できます。機密情報のコピー、編集、印刷を防ぐために制限を適用することができます。
  • PDF テキストおよび画像の編集:使い慣れたポイント&クリックインターフェイスによって、Acrobat 内で PDF 文書を直感的に編集できます。
  • PDF の Office への書き出し:フォント、書式設定、レイアウトを保持しつつ、PDF を Word、Excel または PowerPoint 形式に変換できます。
  • Dropbox、Box および OneDrive の利用:Acrobat 2020 を使用しながら、Dropbox、Box または Microsoft OneDrive アカウントにアクセスしたり、それらの場所にあるファイルを編集したり、これらのサービスにファイルを保管したりできます。
  • あらゆる文書に署名:優れた自動入力機能を使用して、フォームへの入力や署名、フォームの送信をすぐにおこなうことができます。
  • 機密情報の削除: テキスト 、画像、メタデータを検索し、完全に削除することができます。

デスクトップで利用できる Acrobat Pro 2020 の新機能をいくつか紹介します。

Acrobat 2017 永続ライセンス版からアップグレードすべき理由は次のとおりです。

  • 障害をお持ちのユーザー(視覚障害や身体障害をお持ちのユーザーなど)のための、Acrobat を使用して PDF を改善するユーザー向けのアクセシビリティ機能向上のアップデートとワークフローエクスペリエンスの向上
  • 新しいホームビューにより、1 つの場所から PDF を整理、管理、検索
  • Microsoft Information Protection(MIP)ソリューションで保護されたファイルを開く機能
  • 入力と署名ツールの新しいカラーカスタマイズ機能
  • 「DirectInk」テクノロジーを活用したペンツールの向上により、PDF でよりスムーズかつ正確に書き込み可能
  • MacBook Pro 内蔵のタッチバー機能
  • ライブテキストでスキャンされた文書に OCR(光学式文字認識)を実行する機能
  • プリフライトライブラリを使用して、プロファイル、チェック、および修正のカスタマイズされたセットを取得する機能

Acrobat Pro DC のサブスクリプションを購入すると、Acrobat Pro 2020 のすべての機能に加えて、以下の機能を利用できます。

  • デスクトップ、ブラウザー、モバイルデバイスで一貫したユーザー エクスペリエンスを実現します。
  • 外出先でブラウザーまたは iOS デバイスからフォームに入力および署名できます。
  • ブラウザーまたはモバイル デバイスから PDF を作成、結合、書き出しできます。
  • デスクトップ、ブラウザー、モバイルデバイスから署名用の文書を送信できます。
  • 送信する文書の送信、トラック、到着確認をすべてデジタルなプロセスで実行できます。
  • すべてのユーザーのフィードバックを 1 つのファイルに集め、締め切りを設定し、リマインダーをスケジュールします。また、他の人が自分の文書に対してアクションを実行したら通知を受け取ります。
  • 複数のファイルを PDF に結合し、ブラウザーからページを整理できます。
  • コンピューター間で設定を同期できます。
  • タブレットまたはモバイルデバイスでテキストを追加または編集できます。
  • iOS デバイスや Android デバイスでページの並べ替え、削除または回転を行うことができます
  • 最大 100 GB のストレージにファイルをオンラインで安全に保存し、アクセスできます。
  • オンラインファイル管理サービス(Dropbox、Microsoft SharePoint、OneDrive、Box、Google ドライブなど)でホストされている PDF ファイルにアクセスできます。
  • 追加料金を伴うことなく、新機能、セキュリティアップデートおよびアップグレードに継続的にアクセスできます。

Adobe Acrobat には、デスクトップ製品、モバイル版アプリ(無料)および Adobe Document Cloud を通じて利用可能なオンラインサービス(無料)が含まれています。

Windows 向けデスクトップ製品:

Mac OS 向けデスクトップ製品:

 モバイル版アプリ:

Web アプリ:

アドビ製品のカタログで、Adobe Acrobat の購入オプションを確認してください。

はい。企業における導入を効率化し、IT コストを管理するための Acrobat の様々なツールおよびユーティリティを用意しています。詳しくは、IT 担当者向けリソースのページを参照してください。

Acrobat の新機能の使い方とチュートリアルについては、Adobe Acrobat ラーニングとサポートを参照してください。

ライセンス認証は、お客様のソフトウェアが正規のものであり、使用許諾契約に従って使用されていることをアドビが確認するために必要なプロセスです。コンシューマーとしてのお客様の権利と、ソフトウェア開発者としてのアドビの権利を保護することを目的としています。また、ライセンス認証は、購入したソフトウェアが偽物でないことを確認する際にも役立ちます。

Acrobat 製品では、ライセンス認証をインターネット経由で自動的に試行します。ライセンス認証中に個人情報が送信されることはありません。ユーザーライセンス 1 件につき、2 台のコンピューターに Acrobat をインストールする権限が付与されます。詳しくは、アドビのソフトウェアライセンス認証のページを参照してください。

オンラインのコンピューターでライセンス認証をおこなうことができない場合、IT 管理者は Adobe Customization Wizard を使用してオフラインの例外を設定できます。詳しくは、IT 担当者向けリソースを参照してください。

詳しくは、Acrobat の技術仕様のページを参照してください。

詳しくは、Acrobat の技術仕様のページを参照してください。

詳しくは、Adobe Document Cloud 言語ティアのページを参照してください。

Adobe Document Cloud

Adobe Document Cloud サービスは Acrobat デスクトップ、Web およびモバイル版アプリと連携して、ユーザーがどこにいても生産性を落とさず作業をおこなえるよう支援します。

無料の Adobe Document Cloud サービスに新規登録すると、以下のメリットがあります。

  • Adobe Document Cloud ストレージ:2 GB の無料のストレージを使用して、オンラインでファイルを保存し、これにアクセスできます。
  • 入力と署名:デスクトップ、Web、モバイル版アプリのどの環境でも自分用のオートフィルコレクションにすばやくアクセスして、フォームの入力と電子サインを迅速に済ませることができます。

Web ブラウザーやモバイルデバイスを使用して重要な PDF タスクを実行し、Acrobat デスクトップソフトウェアの機能を拡張するには、Acrobat Standard DC または Adobe Acrobat Pro DC のサブスクリプションを購入してください。

  • PDF の作成:文書、画像、写真を PDF ファイルに変換できます(Web およびモバイル)。
  • PDF の書き出し:編集可能な Microsoft Word、Excel、PowerPoint または RTF ファイルに PDF を変換できます(Web およびモバイル)。
  • PDF の編集:iPhone、iPad、Android スマートフォン、Android タブレット、Android 対応の Chromebook で PDF にテキストを追加または編集できます(Acrobat Pro DC サブスクリプションのみ)。
  • PDF の整理:PDF のページの順序の変更、削除または回転をおこなうことができます(Acrobat Pro DC のサブスクリプションを使用している場合のみ、Web およびモバイルで可能)。
  • PDF の結合:複数のファイルを単一の PDF に結合できます(Web のみ)。
  • 表示またはレビュー用のファイルの共有:新しい Document Cloud レビューサービスで文書レビューを簡素化し、迅速に実行できます。1 つのリンクを送信して、オンライン上で 1 つの PDF ファイルに対する全員のコメントを収集し、進行状況を常に把握できるようにします。
  • 署名用に送信:文書を署名用に送信し、その後のトラック、管理、保存をオンラインで実行できます(このサービスは、デスクトップ、Web、モバイルの機能をサポートしています)。
  • 入力と署名:自分用のオートフィルコレクションにすばやくアクセスして、フォームの入力と電子サインを迅速に済ませることができます(このサービスは、デスクトップ、Web、モバイルの機能をサポートしています)。
  • Adobe Document Cloud ストレージ:最大 100 GB のストレージを使用して、オンラインでファイルを保存し、これにアクセスできます。

いいえ。Acrobat 2020 デスクトップソフトウェアは単体で使用できます。Adobe Document Cloud サービスを利用しなくてもかまいません。

初めて Acrobat 2020 デスクトップソフトウェアを起動する場合は、ライセンス認証をおこなうためにインターネットに接続する必要があります。それ以降は、オフラインでの作業が可能です。

Acrobat 2020 デスクトップソフトウェアはクラウドで実行するのではなく、ローカルにインストールされ、デスクトップで実行できます。無料の Document Cloud サービスに接続すれば、より多くの機能を利用できます。ただし、クラウドに接続するソフトウェアの使用が会社で禁止されている場合は、御社の IT 管理者にご相談ください。Acrobat の設定をカスタマイズして、クラウドサービスへのアクセスを削除できます。詳しくは、IT 担当者向けリソースを参照してください。

はい。アドビでは、お客様のデジタル体験でのセキュリティ保護を最優先しています。業界標準のセキュリティへの対応は、社内文化やソフトウェア開発、さらにサービス運用プロセスに深く浸透しています。ID 管理、データの機密性または文書の整合性に関しても、Adobe Document Cloud はお客様の文書、データ、個人を特定する情報を保護するための業界標準のセキュリティ対策を実装しています。アドビのセキュリティへの対応「Adobe Secure Product Lifecycle」または Adobe Document Cloud ソリューションのセキュリティについて詳しくは、http://www.adobe.com/jp/security.html を参照してください。

モバイル

無料の Adobe Acrobat Reader モバイルアプリを使用すると、どこにいても Android デバイスや iOS デバイス、Windows デバイスから簡単に PDF ファイルを表示および操作できます。また、Adobe Acrobat Standard DC や Adobe Acrobat Pro DC のサブスクリプションを購入すると、Document Cloud の優れた機能によって PDF をさらに活用できます。詳しくは、Acrobat Reader モバイル版アプリを参照してください。または、Google Play または iTunes App Store からダウンロードします。

Adobe Sign モバイル版アプリは、Adobe Sign のモバイル向けスタンドアロンアプリです。Acrobat Standard DC、Acrobat Pro DC およびエンタープライズプラン向けの Adobe Document Cloud に付属しています。Adobe Sign を使用すると、外出先で商取引をおこなうことができます。Adobe Sign モバイルアプリケーションで、iOS または Android デバイスから送信、署名、トラックおよび署名済み文書の管理をおこなうことができます。また、クライアントや顧客から対面で電子サインをもらうにも理想的なツールです。Adobe Sign は Acrobat Reader モバイルアプリケーションと連携しなくても使用できます。Google Play または iTunes App Store からダウンロードできます。

Adobe Fill & Sign は無償のモバイル版アプリで、スタンドアロンで使用することも、Acrobat Reader モバイル版アプリと共に使用することもできます。Reader では入力可能な PDF フォームを操作し、署名を指で描くことができます。一方、入力と署名では、紙のフォームや、フォーム入力用に最適化されていない PDF を簡単に操作できます。  Google Play または iTunes App Store からダウンロードできます。入力と署名を iPad または Android タブレットデバイスにインストールすると、次の処理をおこなうことができます。

  • モバイルデバイス上で PDF ファイルを開いたり、写真の撮影や画像の選択をおこなう。
  • フォームに回答を入力したり、自動入力データ候補をそのまま使用する。
  • キーボードまたは手書きで入力するか、画像を使用してフォームに署名する。
  • 自動入力のための個人のデータベースを編集して、よく使用する情報を新しいフォーム作成のたびに再入力しなくて済むようにする。

無料の Adobe Scan モバイル版アプリを使用すると、Android および iOS デバイスを使用してどこにいてもスキャンをキャプチャし、利用することができます。レシート、メモ、文書、名刺、ホワイトボードなど、様々なものをすばやくスキャンし、画像を検索可能な高品質の Adobe PDF に変換できます。

Acrobat Reader アプリと Adobe Scan アプリでは類似のスキャンエンジンを使用していますが、スタンドアロンの Adobe Scan アプリには、自動スキャンやテキスト認識(OCR)などの追加機能が含まれています。

はい。アドビは、企業のセキュリティとコンプライアンスを保護する一方で、モバイルを利用した業務の生産性を向上させる必要がある企業顧客のニーズにも対応するよう努めています。Acrobat Reader モバイルアプリケーションと Adobe Sign モバイルアプリケーションは、どちらも Android for Work EMM プラットフォームをサポートします。また、iOS 版と Android 版の Adobe Acrobat Reader for Microsoft Intune も提供されています。Acrobat Reader は、AppConfig プラットフォームもサポートしています。詳しくは、IT 担当者向けリソースを参照してください。

いいえ。しかし、モバイル版 Acrobat Reader には、Acrobat の最も一般的な機能を含む重要な PDF ツールが付属しています。Acrobat Reader を Android デバイスや iOS デバイスで使用すると、PDF の編集、整理、作成、書き出し、署名および送信を簡単におこなうことができます。詳しくは、モバイル版 Acrobat Reader を参照してください。

Acrobat 2020 の購入

Acrobat 2020 は、都度購入の方式で提供されるデスクトップ製品です。

デスクトップ専用の Acrobat Pro 2020 または Acrobat Standard 2020 を購入できます。Acrobat DC の永続ライセンス版ソフトウェアをお持ちの場合は、特別価格でアップグレードできます。アドビストアを選択して Acrobat 2020 製品を注文するか、アドビの認定リセラーに連絡してください。企業や組織向けの Acrobat 2020 を購入する場合は、Acrobat のボリュームライセンスのページを参照してください。

Acrobat 2017 永続ライセンス版ソフトウェアを所有している場合は、永続(都度購入)ライセンス版を購入する際に、アップグレード価格割引を受けられます。都度購入にはデスクトップソフトウェアが含まれており、無料の Adobe Document Cloud サービスのみとの連携が可能です。

いいえ、体験版はありません。ただし、Windows または Mac 版の体験版 Acrobat Pro DC デスクトップソフトウェアをダウンロードできます。Acrobat DC の体験版ソフトウェアでは、Windows または Mac 版のデスクトップソフトウェアに含まれている強力な機能をすべてお試しいただけます。Document Cloud サービスは自動的には利用可能になりませんが、Adobe Document Cloud サービスアカウントに無料で新規登録することができます。すべての Document Cloud サービスを利用するには、サブスクリプションプランの購入が必要です。体験版ソフトウェアの対応言語は、英語、簡体字中国語、繁体字中国語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語です。体験版 FAQ を参照してください。

はい。アドビは、様々なお客様の要件を満たすために、多様な Acrobat ソフトウェア購入オプションを提供しております。Acrobat 製品ファミリーは、引き続き永続ソフトウェア(デスクトップのみ)ライセンスでご購入いただけます。このライセンスは、Transactional Licensing Program(TLP)Cumulative Licensing Program(CLP)などのボリュームライセンスプログラムを通じてご購入いただくか、アドビストアでデジタルデータ形式でご購入いただけます。 なお、日本の企業向けCLPでは Acrobat 2020 は提供しておりません。

Acrobat を対象とした Cumulative Licensing Program(CLP)のアップグレードプランは変更なくご利用いただけます。なお、日本の企業向けCLPでは Acrobat のアップグレードプランの提供は終了しております。

Acrobat Pro DC または Acrobat Standard DC に登録すると、お手頃な月額で次のサービスをご利用いただけます。

  • Acrobat Pro または Acrobat Standard デスクトップソフトウェア(新機能とサービスの継続的なアップデートを含む)。
  • Acrobat Reader モバイル版アプリまたは Web ブラウザーを使用してオンラインでのファイルの保存や共有などの様々な PDF タスクを処理できる、プレミアムな Adobe Document Cloud サービスの全機能へのアクセス。Document Cloud サービスは、文書の編集、送信、電子サイン、トラックおよび管理のためのワークフローにも対応します。また、オンラインファイル管理サービス(Dropbox、Microsoft SharePoint、OneDrive、Box、Google ドライブなど)でホストされている PDF ファイルにもアクセスできます。また、登録すると、最新の機能、セキュリティアップデート、アップグレードに継続的に無料でアクセスできます。

Acrobat 2020 の永続(都度購入)ライセンスを購入すると、次のものをご利用いただけます。

  • Acrobat Pro 2020 または Acrobat Standard 2020 デスクトップソフトウェア。
  • 無償の Adobe Document Cloud アカウントに新規登録すると、Acrobat Reader モバイル版アプリまたは Web ブラウザーを使用して、オンラインでのファイルの保存や共有など、基本的な PDF タスクを処理することもできます。

Transactional Licensing Program または Cumulative Licensing Program を通じて Acrobat 2020 を購入する場合は、アドビの認定リセラーにお問い合わせください。またはこちらからお申し込みいただくと、エンタープライズプラン向けの Adobe Document Cloud の詳細をご案内します。

アドビの認定リセラーにお問い合わせください。または、こちらからお申し込みいただくと、販売部門の担当者からご連絡いたします。

機能

Adobe Acrobat Pro 2020 は日常的な PDF の取り扱いを容易にし、PDF をデスクトップで効率的に使用するための様々な機能強化を含んでいます。

Acrobat 2017 永続ライセンス版からの最も重要な変更点は以下のとおりです。

  • 障害をお持ちのユーザー(視覚障害や身体障害をお持ちのユーザーなど)のための、Acrobat を使用して PDF を改善するユーザー向けのアクセシビリティ機能向上のアップデートとワークフローエクスペリエンスの向上
  • 新しいホームビューにより、1 つの場所から PDF を整理、管理、検索
  • Microsoft Information Protection(MIP)ソリューションで保護されたファイルを開く機能
  • 入力と署名ツールの新しいカラーカスタマイズ機能
  • 「DirectInk」テクノロジーを活用したペンツールの向上により、PDF でよりスムーズかつ正確に書き込み可能
  • MacBook Pro 内蔵のタッチバー機能
  • ライブテキストでスキャンされた文書に OCR(光学式文字認識)を実行する機能
  • プリフライトライブラリを使用して、プロファイル、チェック、および修正のカスタマイズされたセットを取得する機能

Acrobat Pro DC のサブスクリプションを購入すると、Acrobat Pro 2020 のすべての機能に加えて、以下の機能を利用できます。

  • デスクトップ、ブラウザー、モバイルデバイスで一貫したユーザー エクスペリエンスを実現します。
  • 外出先でブラウザーまたは iOS デバイスからフォームに入力および署名できます。
  • ブラウザーまたはモバイル デバイスから PDF を作成、結合、書き出しできます。
  • デスクトップ、ブラウザー、モバイルデバイスから署名用の文書を送信できます。
  • 送信する文書の送信、トラック、到着確認をすべてデジタルなプロセスで実行できます。
  • すべてのユーザーのフィードバックを 1 つのファイルに集め、締め切りを設定し、リマインダーをスケジュールします。また、他の人が自分の文書に対してアクションを実行したら通知を受け取ります。
  • 複数のファイルを PDF に結合し、ブラウザーからページを整理できます。
  • コンピューター間で設定を同期できます。
  • タブレットまたはモバイルデバイスでテキストを追加または編集できます。
  • iOS デバイスや Android デバイスでページの並べ替え、削除または回転を行うことができます
  • 最大 100 GB のストレージにファイルをオンラインで安全に保存し、アクセスできます。
  • オンラインファイル管理サービス(Dropbox、Microsoft SharePoint、OneDrive、Box、Google ドライブなど)でホストされている PDF ファイルにアクセスできます。
  • 追加料金を伴うことなく、新機能、セキュリティアップデートおよびアップグレードに継続的にアクセスできます。

はい。Acrobat は 64-bit アプリケーションとして実行されます。詳しくは、Acrobat Pro 2020、Acrobat Standard 2020 のシステム要件を参照してください。

保護されたビューは、Acrobat Reader の保護モードと同様に「サンドボックス」テクノロジーの実装であり、Acrobat の豊富な機能に対応しています。Acrobat 2020 では、保護されたビューの機能が拡張されており、PDF ファイル形式を使用して悪意のあるコードをコンピューターシステム上で実行しようとする書き込みベースの攻撃だけでなく、PDF ファイルを使用して機密データや知的財産を盗もうとする読み取りベースの攻撃をブロックできるようになりました。

保護されたビューでは、保護モードと同様に、信頼されていないプログラム(例えば、PDF ファイルとそこから呼び出されるプロセス)を制限付きのサンドボックス内でのみ実行します。これにより、PDF 形式を使用した悪意のあるコードが、コンピューターのファイルシステムに対して書き込みや読み取りをおこなえないようにします。保護されたビューでは、どの PDF ファイルにも悪意のあるコードが含まれている可能性があると見なし、ファイルを信頼できるとユーザーが明確に指定した場合を除いて、サンドボックス内で処理を実行します。

Acrobat 2020 と Microsoft

Acrobat 2020 は、Office 365、Office 2013、Office 2010 および Office 2007 アプリケーションとシームレスに連携します。

Windows 環境では、次の処理をおこなうことができます。

  • Office アプリケーション(Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Outlook)の Acrobat タスクリボンから高品質の Adobe PDF を作成します。
  • Office の Acrobat リボンから作成された PDF に保護を追加して、他のユーザーが機密性の高いコンテンツをコピーまたは編集できないようにします。
  • Word、Excel または PowerPoint の Acrobat リボンを使用して、様々な手順をまとめて実行します。PDF ファイルを簡単に電子メールで送信し、パスワードで保護します。また、ファイルの使用方法に制限を設定し、共有レビュー用にファイルを送信します。Acrobat Pro 2020 では、PDF を作成し、プリセットアクションをすぐに実行して、あらかじめ定義されたタスク(アーカイブまたは公開用の文書の準備など)をおこなうこともできます。
  • Microsoft Outlook 用の送信とトラックプラグインを使用して、様々なサイズのファイルを他のユーザーに送信します。また、トラックオプションを設定して、ユーザーがファイルを表示した場合に通知を受け取ることができます(Acrobat DC サブスクリプションのみ)。
  • PDF ファイルからソースの Word 文書に注釈を変更履歴として取り込みます(Microsoft Word の変更履歴の記録ツールで変更を承諾または拒否できます)。
  • 電子メールの検索と取得を簡略化します。Microsoft Outlook の電子メールまたは電子メールフォルダーをボタン 1 つで簡単にアーカイブします。
  • 高品質の Adobe PDF を Microsoft Project または Visio から直接作成します。

Microsoft のツールのその他の使用方法を次に示します。

  • Microsoft Word for Mac の Acrobat リボンを使用して、インタラクティブなリンクを備えた高品質な PDF ファイルを作成します。
  • Acrobat 2020 を使用して、既存の PDF を、業界最高レベルの正確な書式設定が適用された Word、Excel、PowerPoint 形式のファイルに変換します。Office アプリケーションで編集をおこなう際にレイアウト、箇条書きおよび表を維持します。
  • Windows 10 を搭載したタッチ操作対応デバイスを使用できます。
  • Windows 10 デバイスで、Microsoft の DirectInk テクノロジーを利用して、指やハードウェアペンを使用して PDF 上によりスムーズに描画や手書きをおこなうことができます。
  • Microsoft Internet Explorer から、ワンクリックで Web ページを PDF ファイルとしてキャプチャします。リンク、レイアウトおよび書式設定を変更せずに、ページ全体またはページの一部を変換します。

はい。SharePoint のドキュメントライブラリでは、次の処理をおこなうことができます。

  • PDF ファイルを開いて Acrobat で編集し、リポジトリに保存します。
  • リポジトリファイルを PDF に変換して保存します。
  • リポジトリファイルを PDF に変換して電子メールで送信します。
  • 複数のファイルを単一の PDF に結合します。

共有文書のレビューまたは PDF フォームのデータ収集を Office 365 または SharePoint サーバーでホストすることによって、プロセスを自動化することもできます。

はい。Acrobat 2020 は 32 ビット版と 64 ビット版の両方の Microsoft Windows で使用できます。詳しくは、Acrobat Pro 2020、Acrobat Standard 2020 のシステム要件を参照してください。

サポート

アドビでは、現在 Acrobat DC、Acrobat 2020 および Acrobat 2017 をサポートしています。詳しくは、サポート対象の製品バージョンのページを参照してください。

最新バージョンの Acrobat の登録済みユーザーの皆様は、インストールや製品に関連する問題の個別サポートをご利用いただけます。サポートはインシデント単位で提供され、価格もお手頃です。世界各国のサポートの電話番号、サポート文書の記事、チュートリアルなどのサポート情報(すべて無料)について詳しくは、Acrobat ヘルプを参照してください。Acrobat ヘルプには、Acrobat に関する一般的な問題の詳細情報も掲載されています。

永続(都度購入)ライセンスなので、サポート対象の製品のライフサイクル期間中は継続してバグの修正とセキュリティアップデートをご利用いただけます。Acrobat 2020 では、セキュリティやプラットフォームの拡張およびバグの修正だけのアップデートを四半期ごとに提供します。新機能や拡張機能は提供されません。また、無料の Adobe Document Cloud サービスのみを使用できます。IT 管理者は、必要に応じて Document Cloud サービスを除外できます。詳しくは こちらを参照してください。

Acrobat では、個々のスケジュールに合わせたアップデートの管理をご希望の企業や組織に最適な、IT 管理者向けの柔軟性に優れたツールも用意しています。詳しくは、IT 担当者向けリソースを参照してください。

標準規格とアクセシビリティ

Acrobat 2020 は、国際標準化機構(ISO)で管理されているオープンスタンダードである ISO 32000-1 をサポートします。

Acrobat 2020 を使用すると、次のワークフロー固有の PDF 規格を作成および検証できます。

  • PDF/A(アーカイブ用)(ISO 19005):PDF/A-1a、PDF/A-1b、PDF/A-2a、PDF/A-2b、PDF/A-2u、PDF/A-3a、PDF/A-3b、PDF/A-3u
  • PDF/E(エンジニアリング用、Acrobat Pro 2020)(ISO 24517):PDF/E-1
  • PDF/X(印刷用)(ISO 15930):PDF/X-1a、PDF/X-3、PDF/X-4、PDF/X-4p、PDF/X-5g、PDF/X-5pg
  • PDF/VT(可変データおよびトランザクション印刷用、Acrobat Pro 2020)(ISO 16612-2):PDF/VT-1、PDF/VT-2

PDF/A は、長期保管用の電子文書を作成、表示および印刷するための仕様を規定しています。文書の記録保管や コンプライアンスを担当する 管理者は、Acrobat 2020 を使用して、記録の最終文書を自己完結型ファイルとして維持管理および保護することができます。

PDF/E は、エンジニアリングワークフローで使用する文書を作成、表示および印刷するための仕様を規定しています。建築家、エンジニア、建設関係者および製造関係者は、Acrobat Pro 2020 を使用することで、サプライチェーンにおける技術資料や図面の交換を容易にし、文書のレビューやコメント付与を効率化できます。

PDF/X は、印刷または公開準備の整ったページを作成、表示および印刷するための仕様を規定しています。この規格は、カラースペースやトラッピングなど、印刷の重要な要素を左右する PDF 設定に関するガイドラインを規定するものです。印刷やグラフィックデザインに携わるクリエイティブプロフェッショナルは、Acrobat 2020 を使用して、意図したとおりの印刷結果を出せる PDF/X 準拠ファイルを作成して送稿できます。

PDF/VT は、銀行の取引明細や請求書などのファイルを作成、表示、印刷するための仕様を規定しており、可変データおよびトランザクション印刷を扱う業界で使用されます。可変データを含むサイズの大きな文書を取り扱う場合は、Acrobat Pro 2020 を使用して、この国際規格に確実に準拠するファイルを作成できます。

はい。Acrobat 2020 は、次の追加規格とイニシアチブに従って、PDF の作成と使用をサポートします。

  • PDF/UA(ユニバーサルアクセシビリティ):PDF/UA は、PDF 固有の技術要件を明確化し、支援テクノロジーに依存しているユーザーを含めたすべての人が確実に利用できる PDF ISO 32000-1 準拠ファイルを作成できるようにするための ISO 規格(ISO 14289-1)です。
  • W3C ウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG):アドビは、テクノロジーから独立した WCAG 2.0 規格の開発を支援するために、W3C の WCAG ワーキンググループに参加しています。また、作成者や開発者がこのアクセシビリティ標準に対応できるようにするための補助的な技術の開発にも取り組んでいます。
  • PAdES(ETSI):PDF Advanced Electronic Signatures は、欧州連合の電子署名規格に確実に従うための仕様を規定しています。Adobe Acrobat 2020 は、PAdES Parts 2、3 および 4 をサポートします。

Acrobat 2020 は、障害を持つユーザーとアクセシブルなコンテンツの作成者の両方のニーズに対応します。Acrobat Pro または Acrobat Standard を使用すると、他のユーザーが Adobe Acrobat Reader で表示できるアクセシブルな PDF 文書を誰でも作成できます。これにより、障害を持つユーザーは、複数の言語の PDF ファイルやフォームにより簡単にアクセスして、使用できます。

Acrobat Pro 2020、Acrobat Standard 2020 または Acrobat Reader DC を Windows で使用すると、 ユーザー およびコンテンツ作成者は次の処理をおこなうことができます。

  • 使いやすいウィザードでアクセシビリティの環境設定をカスタマイズする。
  • 拡大鏡を使用する。
  • 組み込みの機能または高度な画面読み上げソフトウェアを使用して、PDF の読み上げをおこなう。
  • ハイコントラストカラーを使用して、より見やすく表示する。
  • 背景を動的に調整して、ハイコントラストモードでテキストを読みやすくする。
  • テキストを折り返すことにより、拡大して表示する。

Acrobat Pro 2020 または Acrobat Reader DC を Mac で使用すると、ユーザーは次の処理をおこなうことができます。

  • Mac OS X コンピューターの VoiceOver スクリーンリーダーを使用する。
  • 拡大鏡を使用する。
  • ハイコントラストカラーを使用して、より見やすく表示する。
  • 背景を動的に調整して、ハイコントラストモードでテキストを読みやすくする。
  • テキストを折り返すことにより、拡大して表示する。
  • さらに、コンテンツの作成者は、Acrobat Pro 2020 を使用することで、PDF ファイルのアクセシビリティをさらに強化できます。
  • タグを追加することで、読み上げ順序を制御し、ナビゲーション機能を強化する。
  • ページやテキストの段組の読み上げ順序を確認し、調整する。
  • 標準に準拠した PDF 文書を検証し、アクセシビリティに関する問題が含まれていないかをチェックして、アクセシビリティ標準に準拠するようにファイルを調整する。
  • 高度なツールを活用して、WCAG 2.0 および PDF/UA 基準に準拠する PDF 文書の作成をサポートする。
  • 「アクセシブルにする」ガイド付きアクションを使用して、標準に準拠したアクセシブルな PDF ファイルを簡単に準備、確認、修正する。

詳しくは、アドビのアクセシビリティリソースセンターを参照してください。

アドビはアクセシビリティを重視しており、製品およびサービスのアクセシビリティ機能の強化に努めています。米国のリハビリテーション法第 508 条は、情報テクノロジーの障壁を排除して、障害のあるユーザーのために新たな機会を提供し、これらの目標を達成するために役立つテクノロジーの開発を促進することを目的として制定されています。障害のあるユーザーのためのアクセシビリティをサポートする Adobe Acrobat 2020 の機能は、Adobe Acrobat Voluntary Product Accessibility Templates(VPAT)に要約されています。

アドビのロゴ

アカウントにログイン