内容 (What's Covered)

Adobe Reader では、「ノート注釈」や「テキストをハイライト表示」といった、基本的な注釈ツールを利用することができます。

 注意 : PDF 作成者によって注釈の追加が制限されている場合は、注釈機能を使用することはできません。逆に、PDF 作成者によって拡張機能が付与された PDF の場合は、多様な注釈ツールをはじめ、編集機能の一部を利用することができます。

※ 注釈を入力する方法については以下のページの「D. PDF ファイルに注釈を追加する」を参照ください。

- PDF ファイルにテキストを入力する方法(Acrobat X)

A. 基本的な注釈機能

機能の制限や拡張がされていない PDF の場合、「ノート注釈」および「テキストをハイライト表示」機能が使用できます。

B. 拡張機能が付与された PDF での Adobe Reader の機能

ファイル作成者によって拡張機能が付加された PDF 文書では、ノート注釈やテキストのハイライト表示だけでなく、描画マークアップ注釈を追加することもできます。

追加される機能には以下のようなものがあります。

  • 注釈ツール
    注釈ツールでは、ノート、テキスト注釈、スタンプ、添付ファイルなどを追加したり、描画マークアップ注釈で線や円などの図形を使用して注釈を追加することができます。 
  • 電子印鑑
    「スタンプツール」の「電子印鑑」を使用すると文書の承認作業を行うことができます。電子印鑑には、環境設定の [ユーザー情報] で指定した情報 (氏名、会社名、部署) を含めることができます。



  • 添付ファイル
    ファイルを注釈として添付 ツールを使用して、ファイルまたは音声を注釈として添付することができます。添付ファイルは PDF 文書内の任意の場所に埋め込むことができ、表示するアイコンの種類やアイコンの色を指定することが可能です。[音声注釈を録音] ツールを使用すると、音声を録音して注釈として PDF 文書に埋め込むこともできます。注釈の添付ファイルは、通常の添付ファイルとは異なり、レビュープロセスで他の注釈と共にトラックされます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー