サブスクリプションのステータスを確認できない | Acrobat、トレンドマイクロのアンチウイルス

エラー:サブスクリプションのステータスを確認できません

Acrobat を起動すると、ログインするように求められます。ログイン中に、下のエラーメッセージが表示されます。特に、トレンドマイクロのアンチウイルスバージョン 15.0 以前がコンピューターにインストールされ、アクティブになっている場合に表示されます。

エラー サブスクリプションのステータスを確認できません

理由:このエラーは、トレンドマイクロの旧バージョン(15 以前)をご利用の場合に発生します。トレンドマイクロの旧バージョン(15 以前)は、Adobe Acrobat の保護モードによって実行される特定の操作を制限するためです。

このエラーを解決するには、以下の順番で解決策をお試しください。

解決策 1:トレンドマイクロをバージョン 16 以降にアップデートする

トレンドマイクロのアンチウイルスをバージョン 16 以降にアップデートします。トレンドマイクロは、その UI 内から、または Web サイト https://www.trendmicro.com からアップデートできます。

解決策 2:トレンドマイクロで Acrobat を信頼済みアプリケーションとして追加する

トレンドマイクロを更新しても問題が解決しない場合は、Acrobat アプリケーションの実行可能ファイルの場所を、トレンドマイクロのアンチウイルスの例外リスト、または信頼済みアプリケーションのリストに追加します。以下の手順に従います。 

  1. トレンドマイクロのアンチウイルスソフトウェアを開きます。

  2. メインコンソールを開く」をクリックして、「デバイス」をクリックします。

    メインコンソールで「デバイス」をクリックします。

  3. セキュリティ設定を変更するには、「設定」をクリックします。

    セキュリティ設定の設定

  4. 保護設定ウィンドウで、「例外リスト」をクリックします。

    例外リストに追加

  5. ツールバーでテキストを項目の追加ポップアップダイアログで、Acrobat.exe ファイルが含まれているフォルダーを参照し、「OK」をクリックします。

    • Acrobat(32 ビット)フォルダーのパス:C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat DC\Acrobat
    • Acrobat(64 ビット)フォルダーのパス:C:\Program Files \Adobe\Acrobat DC\Acrobat
    例外の追加

    これで、トレンドマイクロの例外リストに Acrobat が追加されました。

解決策 3:Acrobat の保護モードを無効にする

上記の解決策で問題が解決しない場合は、下の手順に従って、Acrobat の保護モードを無効にします。

  1. Acrobat DC を実行している場合は、終了します。

  2. 下のレジストリファイルをダウンロードします。

    ダウンロード

  3. ダウンロードしたファイルの内容(.reg ファイル)を抽出します。

  4. AdobeAcrobat_PMOff.reg ファイルをダブルクリックします。

  5. 表示されたダイアログボックスで、「はい」をクリックして続行し、「OK」をクリックします。