エラー:実行中の Acrobat が原因でエラーが発生しました

実行中の Acrobat が原因でエラーが発生しました

Acrobat でツールや機能を使用するときに、次のようなエラーが発生することがあります。

「実行中の Acrobat が原因でエラーが発生しました」

エラー:問題が発生しました。

「Acrobat が DDE サーバーに接続できない」

Acrobat が DDE サーバーに接続できない

理由:このエラーは、既に起動している Acrobat のインスタンスがビジー状態またはハング状態のときに、Acrobat 以外で何らかの操作(例えば、ダブルクリックで PDF ファイルを開く操作など)を行うと発生します。

 

解決策

この問題を解決するには、次の解決策を以下の順にお試しください。

解決策 1:Acrobat を終了して実行中の Acrobat プロセスを終了する

  1. Acrobat を終了します。

  2. 次のいずれかの操作を行い、タスクマネージャーを開きます。

    • Windows タスクバーを右クリックし、「タスク マネージャー」をクリックします。
    • Ctrl+Alt+Delete を押し、「タスク マネージャー」をクリックします。
  3. Adobe Acrobat を右クリックし、「タスクの終了」をクリックします。

    Acrobat を右クリックし、「タスクの終了」を選択して終了

  4. タスクマネージャーを閉じます。

    Acrobat を再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。問題が解決されていない場合は、次の解決策に進みます。

解決策 2:レジストリを修正する

  1. Acrobat を終了します。

  2. Windows レジストリエディタを開きます。

    1. スタートファイル名を指定して実行を選択します。
    2. 名前フィールドに Regedit と入力して、「OK」をクリックします。
    レジストリエディターを開きます。

  3. 次のレジストリキーに移動します。
    HKEY_CLASSES_ROOT\acrobat\shell\open\ddeexec\application

    application フォルダーに移動

  4. バックアップを作成します。Application キーを右クリックして、「エクスポート」をクリックします。レジストリ ファイルのエクスポートダイアログボックスで、ファイル名を入力して「保存」をクリックします。

    Application を右クリックして「エクスポート」を選択

  5. キーの値を AcroViewA20 から AcroViewR20 に変更します(最後の 2 桁の数字は、コンピューターにインストールされている Acrobat のバージョンを表します。例えば、Acrobat 2020 の場合は 20 になります)。

    1. 「名前」の「デフォルト」をダブルクリックします。文字列の編集ダイアログボックスが表示されます。
    2. 値のデータ」フィールドで、値を AcroViewR20 に変更して、「OK」をクリックします。
    キー名を編集

  6. ダイアログボックスの右上隅にある 閉じるアイコン(X)をクリックして、レジストリエディターを終了します。

    Acrobat を再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。問題が解決されていない場合は、次の解決策に進みます。

解決策 3: Acrobat を最新バージョンにアップデートする

  • Acrobat から自動的にアップデートするには、ヘルプアップデートの有無をチェックを選択します。Updater ウィンドウの手順に従って、最新のアップデートをダウンロードしてインストールします。

    Acrobat を再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。問題が解決されていない場合は、次の解決策に進みます。

解決策 4:Acrobat を修復する

Acrobat や、それに依存するリソースが破損している場合があります。次の手順で Acrobat を修復します。

  • Acrobat 内から修復するには、ヘルプインストールの修復の順に選択します。
Acrobat のインストールの修復

解決策 5:ウイルス対策プログラムを無効にする

  1. ウイルス対策プログラムがマシンにインストールされているかどうか確認します。

  2. インストールされている場合は、無効にします。問題が解決したかどうかを確認します。

    問題が解決した場合は、該当するベンダーに問題を報告します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン