Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition(APTEE)ツールで Acrobat をシリアライズする

Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition(APTEE)ツールを使用して別のシリアル番号で Acrobat を再シリアライズする方法。

対象製品

  • Acrobat DC
  • Acrobat 2020
  • Acrobat 2017

手順

APTEE ツール(Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition)を使用して別のシリアル番号で Acrobat を再シリアライズするには、次の手順に従います。

  1. APTEE ツールをダウンロードします。

    Windows
    zip ファイルをダウンロードして、Adobe_Provisioning_Toolkit_10_0_ALL.exe ファイルを抽出します。

    Mac
    zip ファイルをダウンロードして、Adobe_Provisioning_Toolkit_10_0_ALL.dmg ファイルを抽出します。

  2. 管理者権限でコマンドプロンプト(Windows)またはターミナル(Mac)を開き、PRTK ツールの場所に移動します。

  3. 新しいシリアルキーを使用して prov.xml ファイルを作成します。コマンドプロンプト(Windows)またはターミナル(Mac)で、管理者として次のコマンドを実行します。

    adobe_prtk --tool=VolumeSerialize --generate --serial=<新しいシリアル番号> --leid=<Acrobat LEID> --regsuppress=ss --eulasuppress [--provfile=<prov.xml の絶対パス>]

  4. 次のコマンドを使用して、既存のシリアルキーのライセンスを解除します。
    adobe_prtk --tool=UnSerialize --leid=<LEID> --deactivate --force [–removeSWTag]

    注意:

    このコマンドのリターンコードは 0 または 29 です。

    • リターンコード 0 - ライセンスの解除に成功しました。
    • リターンコード 29 - このマシンでライセンスは既に解除されています。シリアル番号が期限切れになった後にユーザーが Acrobat を起動すると、シリアル番号によるライセンスがマシンから削除されます。
  5. 新しく作成した prov.xml ファイルを使用して Acrobat を再シリアライズします。次のコマンドを使用します。

    adobe_prtk --tool=VolumeSerialize [--provfile=<prov.xml の絶対パス>] --stream

Acrobat ライセンス認証 ID(LEID)

製品

Windows

Mac

Acrobat DC(ETLA シリアルキー)-
unserialize コマンドでのみ使用します。

V7{}AcrobatETLA-12-Win-GM

V7{}AcrobatETLA-12-Mac-GM

Acrobat DC(ETLA シリアルキー)

V7{}AcrobatCont-12-Win-GM

V7{}AcrobatCont-12-Mac-GM

Acrobat Classic 2020

V7{}AcrobatESR-20-Win-GM

V7{}AcrobatESR-20-Mac-GM

Acrobat Classic 2017

V7{}AcrobatESR-17-Win-GM

V7{}AcrobatESR-17-Mac-GM

Acrobat Classic 2015

V7{}AcrobatESR-12-Win-GM

V7{}AcrobatESR-12-Mac-GM

詳しくは、「Licensing identifiers (LEID)」を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン