Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition は、Adobe Application Manager Enterprise Edition でデプロイしたアドビ製品のシリアルを追跡および管理するためのサポート対象プラットフォームのコマンドラインツールです。ツールキットは Creative Cloud Packager のインストールの一部としてダウンロードされます。

次の手順で Creative Cloud Packager をダウンロードします。

  • Creative Cloud グループ版をご利用の場合、Adobe Creative Cloud のグループ管理者ポータルから Adobe Creative Cloud Packager をダウンロードします。
  • Creative Cloud エンタープライズ版をご利用の場合、アドビライセンス Web サイト(LWS)または Admin Console から Adobe Creative Cloud Packager をダウンロードします。エンタープライズ版のライセンスキーも LWS から取得できます。

Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition はプラットフォームによって実行ファイルが異なります(Windows® では adobe_prtk.exe、Mac OS では adobe_prtk)。

Windows では DOS コマンドプロンプトを、Mac OS ではターミナルを起動して、実行ファイルをダウンロードしたフォルダーに移動し、以下の章で説明されている構文でコマンドを呼び出します。

APTEE コマンドを実行するための構文

エンタープライズユーザー向けにパッケージをシリアライズ

エンタープライズでのデプロイ用のパッケージのシリアルライズには、次の共通手順が含まれます。

  1. エンタープライズの管理者が関連プロビジョニング情報を含む prov.xml ファイルを作成します。インターネットに接続してこのファイルを生成します。
  2. 管理者は生成された prov.xml ファイルを使用して、クライアントコンピューターにデプロイされたパッケージのシリアライズとライセンス認証を、ボリュームシリアライズコマンドを使用しておこないます。

prov.xml の生成

企業で導入する際に Creative Cloud Packager を使用しない製品の prov.xml ファイルを生成するには、次のコマンドを管理者として実行します。

adobe_prtk --tool=VolumeSerialize --generate --serial=<serialnum> [--leid=<LEID>] [--regsuppress=ss] [--eulasuppress]
[--locales=limited list of locales in xx_XX format or ALL>] [--provfile=<Absolute path to prov.xml>]

生成された prov.xml ファイルは、既に体験版としてデプロイされているパッケージのシリアライズとライセンス認証に使用できます。

次の表はサポートされているコマンドの引数です。

--serial serialNum シリアル番号
--leid LEID 製品のライセンス識別子(詳しくは、製品の識別を参照してください)。
--regsuppress=ss (オプション)ユーザー登録を抑制
--eulasuppress (オプション)EULA プロンプトを抑制
--locales (オプション)xx_XX 形式のロケールのリストまたは ALL から指定
--provfile (オプション)prov.xml を作成するフォルダーのパス。このパラメーターを指定しない場合、prov.xml ファイルは APTEE が格納されているフォルダーに作成されます。

メモおよび推奨事項:

  • このコマンドは製品がインストールされていなくても実行できます。
  • このコマンドを実行するコンピューターはインターネットに接続されている必要があります。
  • ボリュームで使用する prov.xml を生成するときにユーザー登録を抑制するために、パラメーター --regsuppress=ss を使用することをお勧めします。

パッケージのボリュームシリアライズ

管理者は次のコマンドを使用して、クライアントコンピューターにデプロイされたパッケージのシリアライズとライセンス認証をおこなうことができます。

adobe_prtk --tool=VolumeSerialize [--provfile=<Absolute path to prov.xml>] [--stream]

次の表はサポートされているコマンドの引数です。

--provfile (オプション)prov.xml の絶対パス。この引数を指定しない場合、prov.xml ファイルの保存場所は、APTEE が格納されているフォルダーになります。
--stream (オプション)このオプションは、企業がイメージングツールを使用してライセンスパッケージを様々なマシンにデプロイするときに使用します。

メモおよび推奨事項:

  • このコマンドを使用するには最新バージョンの Adobe Application Manager が必要です。最新バージョンは http://www.adobe.com/go/applicationmanager_jp/ からダウンロードできます。
  • prov.xml ファイルが生成されてからコマンドを実行します。

ユーザーインターフェイスがない製品の体験版の使用を開始する

製品の中にはユーザーインターフェイスがないものもあります。これらの製品については、次のコマンドを使用して体験版の使用を開始します。

adobe_prtk --tool=StartTrial --leid=LEID

ここでは、LEID が製品のライセンス識別子になります(詳しくは、製品の識別を参照してください)。

パッケージのシリアライズ解除

パッケージのシリアライズを解除するコマンドは以下のとおりです。

adobe_prtk --tool=UnSerialize --leid=<LEID> [--locale=locale] [--deactivate] [--removeSWTag]

以下はサポートされているコマンドの引数です。

--leid LEID 製品のライセンス識別子(詳しくは、製品の識別を参照してください)。
--locale locale (オプション)ロケールコード。コードとロケールの対応表については、ロケールコードをご覧ください。
--deactivate (オプション)システムの対応するライセンスを非アクティブにします
--removeSWTag

SWTag ファイルを削除します。

SWTag は ISO/IEC 標準(ISO/IEC 19770-2)に則って命名されたソフトウェアアプリケーション名のユニバーサル識別タグファイルを参照します。このファイルによって、ソフトウェアアセットの発見と管理を正確で一貫性がある、自動化された方法でおこなえます。

--force (オプション)コンピューターの対応するライセンスを強制的に非アクティブにします

メモおよび推奨事項:

  • 有効なライセンスがシステムにある場合に限り、--deactivate 機能は SWTag ファイルを暗黙的に削除します。
  • このコマンドを使用するには最新バージョンの Adobe Application Manager が必要です。最新バージョンは http://www.adobe.com/go/applicationmanager_jp/ からダウンロードできます。

ログ記録

各コマンドの進捗および結果についての情報は、ツールによってライセンスログ oobelib.log に記録されます。

ログファイルの場所は以下のとおりです。

  • (Windows OS)%temp%
  • ~/Library/Logs(Mac OS)

エラーコード

以下は、シリアライズが失敗したときにレポートされる可能性があるエラーコードです。

1 Arguments passed in command line are invalid(コマンドラインに渡された引数が不正です)
8 Unable to resolve AMT config path(AMT 構成パスを解決できません)
9 Upgrade serial not supported(シリアルのアップグレードはサポートされていません)
14 Unknown error(不明なエラー)
19 The provXML is missing(provXML が見つかりません)
20 Loading of permanent activation grace failed (due to malformed xml, corrupt or missing Enigma data, or some other error)(永久アクティブ化の付与の読み込みに失敗しました(破損している xml、文字化けまたは見つからない暗号データ、または他のエラーによります))
21 Unable to update PCF/SLCache(PCF/SLCache を更新できません)
22 Unable to open a PCF/SLCache session(PCF/SLCache セッションを開けません)
23 The prov.xml file contains invalid empty tag values(prov.xml ファイルには不正な空のタグ値が含まれています)
24 Enigma data has serial number of a language different from the language of the installed product(暗号データのシリアル番号の言語がインストールされている製品の言語と一致しません)
25 If no product is installed on the target machine or enigma data of serial number could not be decoded(対象のコンピューターに製品がインストールされていないか、シリアル番号の暗号データはデコードされませんでした)
26 PCF file not found(PCF ファイルが見つかりません)
27 Unable to edit the prov.xml file(prov.xml ファイルを編集できません)
28 Invalid prov.xml file specified(無効な prov.xml ファイルが指定されています)
29 No matching license found(一致するライセンスが見つかりません)
30 Action not initiated by an admin user(管理者によって実行されていない操作です)
31 Invalid locale specified(無効なロケールが指定されました)
32 Invalid SLConfig path(無効な SLConfig パスです)
33 Failed to find LEID for serial(シリアルの LEID が見つかりませんでした)
37 Failed to unarchive this machine(このコンピューターを解凍できませんでした)
38 Failed to make activation call because machine is offline(コンピューターがオフラインのため、アクティブ化の呼び出しを実行できませんでした)

製品の識別

シリアライズされた製品は、デプロイメントパッケージからインストールされているため、ライセンス識別子(LEID)で一意的に特定できます。LEID を使用して、変更またはクエリを実行したいシリアル番号を持つインストール済みの製品を特定します。LEID のリストはこちらで入手できます。

ロケールコード

特定のロケールのシリアライズを削除するときに、シリアライズの解除機能で使用できるロケールコードの一覧を次の表に示します。

da_DK デンマーク語
de_DE ドイツ語
en_GB 英語(各国共通)
en_US 英語(U.S.)
es_LA スペイン語(南アメリカ)
es_MX スペイン語(メキシコ)
es_NA スペイン語(北アメリカ)
fi_FI フィンランド語
fr_CA フランス語(カナダ)
fr_FR フランス語(フランス)
hr_HR クロアチア語
hu_HU ハンガリー語
it_IT イタリア語
ja_JP 日本語
ko_KR 韓国語
nb_NO ノルウェー語
nl_NL オランダ語
pl_PL ポーランド語
pt_BR ポルトガル語(ブラジル)
ro_RO ルーマニア語
ru_RU ロシア語
sk_SK スロバキア語
sl_SI スロベニア語
sv_SE スウェーデン語
tr_TR トルコ語
uk_UA ウクライナ語
zh_CN 中国語(簡体)
zh_TW 中国語(繁体)

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー