墨消し後に PDF ファイルのサイズが増加しないようにする方法

PDF をサニタイズするとファイルサイズが増加する

PDF 文書をサニタイズまたは非表示情報を削除すると、文書に次のような変更が行われる場合があります。

  • PDF がラスタライズされ、PDF を編集できない。
  • PDF 文書のサイズが増加する。

このような変更は、Acrobat がデフォルトで重複するコンテンツを文書から削除するために発生します。これらの変更を防ぐには、文書をサニタイズする際に、PDF 内の重複するコンテンツを保持する必要があります。 

PDF のサニタイズ中に重複するコンテンツを保持する環境設定を有効にする(Acrobat DC および Acrobat 2020)

  1. Acrobat で、編集環境設定(Windows)または Acrobat環境設定(macOS)を選択します。

  2. 左側の「カテゴリ」で「文書」を選択します。

  3. 「非表示情報」セクションで、「文書のサニタイズ中に重複するコンテンツを削除しない(一部の非表示情報が残る場合がある)」を選択し、「OK」をクリックします。

    文書のサニタイズ中に重複するコンテンツを削除しないようにする環境設定

Acrobat 2020 の墨消しを使用して、非表示情報を削除する際に重複するコンテンツを保持する方法

  1. Acrobat 2020 で PDF を開き、墨消しするテキストまたは画像をマークして、「適用」をクリックします。

    墨消しするテキストまたは画像をマークして「適用」をクリック

  2. 墨消しのためにマークしたコンテンツを完全に削除するかどうかを確認するメッセージが表示されます。「OK」をクリックします。

    墨消ししたコンテンツを削除するには、「OK」をクリックします

  3. その他の非表示情報を表示して削除することを求めるメッセージが表示されます。「はい」をクリックします。

    非表示情報を検索して削除

  4. 左側の「非表示情報を検索して削除」ペインで「重複するオブジェクト」オプションの選択を解除してから、「削除」をクリックします。

    注意:

    Acrobat DC で、「文書をサニタイズ」をクリックします。次に、「非表示情報を選択して削除」を選択し、「重複するオブジェクト」オプションの選択を解除します。

    「重複するオブジェクト」オプションの選択を解除

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン