注意:

セキュリティに関する記事の一覧については、Acrobat DC と PDF のセキュリティの概要を参照してください。

機密情報を墨消しまたは削除する理由

PDF を配布する前に、文書に機密情報や個人を特定できる個人情報が含まれていないことを調べる必要があります。墨消しツールを使用して、PDF 内の機密情報を含む画像やテキストを削除または墨消しします。

非表示情報を検索して削除」機能を使用して、非表示になっているコンテンツを PDF から検索して削除します。例えば、自分が作成した PDF 文書のメタデータには、通常、自分の名前が作成者として表示されます。誤って文書の外観を変更してしまう情報も削除する必要があります。JavaScript、アクション、フォームフィールドは、変更される可能性のある情報です。

機密情報の墨消し(Acrobat Pro DC)

墨消しとは、文書から表示されているテキストやグラフィックを完全に削除する処理です。コンテンツを削除するには、墨消しツールを使用します。削除された項目の代わりに、カラーボックスとして表示される墨消しマークを配置することも、その領域を空白のままにすることもできます。墨消しマークの上にカスタムテキストや墨消しコードを表示するように指定できます。

注意:

特定の単語、文字、語句を検索して削除する場合は、テキストを検索ツール  を使用します。

機密情報の墨消し
墨消しとしてマークされたテキスト(左)、墨消しされたテキスト(右)

  1. ツール墨消しを選択します。

    第 2 ツールバーに墨消しツールセットが表示されます。

  2. 第 2 ツールバーで、墨消しとしてマークテキストと画像を選択します。

  3. (オプション)墨消しマークの表示方法を設定するには、第 2 ツールバーの「プロパティ」をクリックします(墨消しマーカーの表示方法の変更を参照してください)。

  4. 以下のいずれかの操作で、削除する項目をマークします。
    • ダブルクリックして単語(欧文のみ)または画像を選択します。
    • ドラッグして線、テキストのブロック、オブジェクトまたは領域を選択します。
    • Ctrl キーを押しながらドラッグしてスキャンした文書内のページの領域を選択します。

    注意:

    墨消しマークの外観をプレビューするには、マークされた領域の上にポインターを置いたままにします。

  5. 複数のコードエントリを 1 つの墨消しに適用するには、墨消しマークを右クリックしてオプションを選択します。詳しくは、複数のコードエントリの適用を参照してください。

  6. (オプション)墨消しマークを繰り返すには、墨消しマークを右クリックし、「複数ページにマークを繰り返す」を選択します。特定のヘッダー、フッターまたは透かしが多くのページの同じ場所に表示される場合、これは便利な機能です。

  7. 墨消しする項目のマークが完了したら、第 2 ツールバーの「適用」をクリックして項目を削除し、「OK」をクリックします。

    これらの項目は、文書が保存されない限り、完全には削除されません。

  8. 非表示情報を検索して削除」機能を使用して文書内で非表示になっている情報を検索して削除する場合は、ダイアログボックスで「はい」をクリックします。そうでない場合は、「いいえ」をクリックします。

  9. ファイル上書き保存を選択し、ファイル名と場所を指定します。接尾辞「_Redacted」がファイル名に追加されます。元のファイルを上書きしたくない場合は、別の名前や場所を使用してファイルを保存します。

テキストの検索および削除(Acrobat Pro DC)

テキストを検索ツールを使用して、検索可能なテキストが含まれる PDF 内の単語または語句を検索して削除します。

注意:

テキストを検索ツールでは、保護された(暗号化された)PDF は検索できません。

  1. ツール墨消しを選択します。

    第 2 ツールバーに墨消しツールセットが表示されます。

  2. 第 2 ツールバーで、墨消しとしてマークテキストを検索を選択します。

  3. 検索ダイアログボックスで、現在の PDF を検索するか、別の場所にあるすべての PDF を検索するかを指定します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。
    • 1 つの単語または語句を検索するには、「1 つの語または句」を選択し、テキストフィールドに単語または語句を入力します。
    • 複数の単語を検索するには、「複数の語句」を選択し、「単語を選択」をクリックします。「新しい語句」テキストフィールドにそれぞれの単語を入力し、「追加」をクリックします。検索する単語または語句の一覧を含むテキストファイルを読み込むこともできます。
    • パターン(電話番号、クレジットカード番号、電子メールアドレス、社会保障番号、日付など)を検索するには、「パターン」をクリックします。使用可能なパターンの 1 つを選択します。パターンの言語バージョンは変更することができます。パターンの異なる言語バージョンの選択を参照してください。
  5. テキストを検索して削除」をクリックします。

  6. 検索結果が表示されたら、文書名の隣にあるプラス記号(+)をクリックして、検索されたすべての単語または語句の一覧を表示します。そして、次のいずれかの操作により、墨消しとしてマークする項目を選択します。
    • 一覧に表示された項目をすべて選択する場合は、「すべてをチェック」をクリックします。
    • 個々の項目を選択するには、墨消しにする項目の横のチェックボックスをクリックします。チェックボックスの横のテキストをクリックすると、ページ内での出現箇所が表示されます。
    • 何もマークしない場合は、検索ダイアログボックスを閉じるか、「新規検索」をクリックして再度検索を行います。
    • 単語全体または単語の一部(文字)を墨消しとしてマークするには、「墨消しマークのオプション」からオプションを選択します。単語の一部をマークする場合は、「単語の一部を墨消しとしてマーク」を選択します。設定ダイアログボックスが表示されます。設定ダイアログボックスで、墨消しする文字の数と位置を指定します。文字の墨消しは、クレジットカード番号などのパターンを検索して、識別のために番号の一部を表示しておきたい場合に便利です。
  7. 墨消し用にマークする項目を選択した場合は、「チェックした結果を墨消し用に設定」をクリックします。

    一覧で選択した項目が、墨消し用のマーク付きで表示されます。

    注意:

    ファイルを保存する前であれば、文書内の墨消しマークを選択し、Delete キーを押して墨消しマークを削除できます。ファイルを保存すると、墨消しマークは確定されます。

  8. マークされた項目を削除するには、第 2 ツールバーの「適用」をクリックし、「OK」をクリックします。

    これらの項目は、文書が保存されない限り、完全には削除されません。

  9. 非表示情報を検索して削除」機能を使用して文書内で非表示になっている情報を検索して削除する場合は、「はい」をクリックします。そうでない場合は、「いいえ」をクリックします。

  10. ファイル上書き保存を選択し、ファイル名と場所を指定します。元のファイルを上書きしたくない場合は、別の名前や場所を使用してファイルを保存します。

非表示のコンテンツの検索と削除

非表示情報を検索して削除」機能を使用して、非表示のテキスト、メタデータ、注釈、添付ファイルなど、不要な情報を文書から検索して削除します。項目を削除すると、その他の項目も自動的に文書から削除されます。削除される項目には、電子署名、サードパーティ製プラグインやアプリケーションによって追加された文書情報、Adobe Reader のユーザーが PDF 文書をレビュー、署名、入力できるようにする拡張機能などが含まれます。

注意:

PDF 文書を閉じるときや電子メールで送信するときに文書の非表示コンテンツを検査するには、文書環境設定ダイアログボックスで該当するオプションを指定します。

  1. ツール墨消しを選択します。

    第 2 ツールバーに墨消しツールセットが表示されます。

  2. 第 2 ツールバーで、「非表示情報を検索して削除」をクリックします。

    項目が見つかると、各項目の横のチェックボックスが選択された状態で非表示情報を検索して削除パネルに表示されます。

  3. 文書から削除する項目のチェックボックスだけが選択されていることを確認します(「非表示情報を検索して削除」オプションを参照してください)。
  4. 削除」をクリックして、選択された項目をファイルから削除し、「OK」をクリックします。

  5. ファイル上書き保存を選択し、ファイル名と場所を指定します。元のファイルを上書きしたくない場合は、別の名前や場所を使用してファイルを保存します。

選択した情報は、ファイルを保存した時点で完全に削除されます。ファイルを保存せずに閉じた場合は、このプロセスを再度実行し、ファイルを保存する必要があります。

「非表示情報を検索して削除」オプション

メタデータ

メタデータには、作成者の名前、キーワード、著作権情報など、文書およびその内容に関する情報が含まれています。メタデータを表示するには、ファイルプロパティを選択します。

添付ファイル

どのような形式のファイルも、添付ファイルとして PDF に添付できます。添付ファイルを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネル添付ファイルを選択します。

しおり

しおりは、ページ内の主要なテキストとのリンクで、PDF 内の特定のページを開きます。しおりを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネルしおりを選択します。

注釈

この項目には、注釈として添付されたファイルを含めて、注釈ツールを使用して PDF に追加された注釈がすべて含まれます。注釈を表示するには、ツール注釈を選択します。

フォームフィールド

この項目には、フォームフィールド署名フィールドを含む)と共に、フォームフィールドに関連付けられたすべてのアクションと計算が含まれます。この項目を削除すると、すべてのフォームフィールドは分割・統合されて、入力、編集、署名はできなくなります。

非表示テキスト

この項目は、PDF 内の透明なテキスト、他の内容に隠されたテキスト、背景と同色のテキストを示します。

非表示のレイヤー

PDF には、表示または非表示の複数のレイヤーを含めることができます。非表示のレイヤーを削除すると、PDF からそれらのレイヤーが削除され、残りのレイヤーは 1 つのレイヤーに統合されます。レイヤーを表示するには、表示表示切り替えナビゲーションパネルレイヤーを選択します。

埋め込まれた検索用インデックス

埋め込まれた検索用インデックスによって、PDF ファイル内の検索が高速化されます。PDF に検索用インデックスが含まれているかどうかを確認するには、ツールインデックスを選択し、第 2 ツールバーの「埋め込みインデックスを管理」をクリックします。インデックスを削除するとファイルサイズが小さくなりますが、PDF の検索時間が増加します。

削除またはトリミングされたコンテンツ

PDF には、トリミングされたページや削除されたページ、削除された画像など、削除された内容が非表示で残っていることがあります。

リンク、アクションおよび JavaScript

この項目には、Web リンク、アクションウィザードにより追加されるアクションおよび文書全体にわたる JavaScript が含まれます。

重なり合うオブジェクト

このアイテムには、相互に重なり合うオブジェクトが含まれます。このオブジェクトとしては、画像(ピクセルから構成されます)、ベクトルグラフィック(パスから構成されます)、グラデーション、またはパターンが可能です。

パターンの異なる言語バージョンの選択(Acrobat Pro DC)

ローカライズされたパターンが検索パネル(墨消し墨消しとしてマークテキストを検索)に表示されます。

  1. 編集環境設定(Windows)または Acrobat環境設定(Mac OS)を選択します。

  2. 左側の「分類」から、「文書」を選択します。

  3. 墨消し」領域で、テキストを検索して削除パターンのロケールを選択メニューから言語を選択します。「OK」をクリックします。

墨消しマーカーの表示方法の変更(Acrobat Pro DC)

初期設定では、墨消しとしてマークした画像とテキストの周りに細い赤のアウトライン、墨消しされた画像とテキストの場所に黒のボックスが表示されます。墨消しマークの初期設定の外観は、項目を墨消しとしてマークする前に設定することができます。また、墨消しを適用する前に、墨消しマークの外観を変更することができます。

すべてのマークのデフォルトの外観の設定

  1. ツール墨消しをクリックします。

    第 2 ツールバーに墨消しツールセットが表示されます。

  2. 第 2 ツールバーで、「プロパティ」を選択します。

    墨消しツールのプロパティダイアログボックスが表示されます。

  3. 表示方法」タブで、変更するオプションを選択して「OK」をクリックします。

    • 墨消し領域の塗りつぶしの色アイコンをクリックし、カラーパレットから、削除する項目を塗りつぶす墨消しの色を選択します。墨消し領域を空のままにするには、「カラーなし」を選択します。
    • カスタムテキストまたは墨消しコードのオプションを選択する場合は、「オーバーレイテキストの使用」を選択します。フォント、サイズ、テキスト整列を選択します。
    • カスタムテキスト」を選択し、墨消し領域に表示するテキストを入力します。
    • 墨消しコード」を選択し、既存のセットに含まれるコードを選択するか、「コードの編集」をクリックして新しいコードセットまたはコードを定義します(墨消しコードおよびコードセットの作成を参照してください)。
    • 墨消しマークの表示方法」領域で、アウトラインの色アイコンまたは塗りつぶしの色アイコン、またはその両方をクリックします。墨消しとしてマークする画像とテキストの色をカラーパレットから選択します。スライダーを移動して色の不透明度を調整します。選択した領域を空のままにするには、「カラーなし」を選択します。

墨消しテキストのプロパティ(Acrobat Pro DC)

カスタムテキスト

カスタムテキスト」オプションに入力したテキストを、墨消しマークの上に表示します。

フォント

選択したフォントでカスタムテキストを表示します。

フォントサイズ

選択したポイントサイズでカスタムテキストを表示します。

墨消し領域に合わせてテキストのサイズを自動的に変更

墨消し領域に合わせてカスタムテキストのサイズを変更します。このオプションが選択されていると、オーバレイテキストのフォントサイズ設定は無効になります。

フォントカラー

選択したカラーでカスタムテキストを表示します。カラーは、カラースウォッチをクリックして変更できます。

オーバーレイテキストの繰り返し

カスタムテキストのインスタンスを、フォントサイズを変更することなく必要な数だけ墨消し領域に配置します。例えば、カスタムテキストとして文字 x やハイフン(-)を指定すると、墨消し領域全体にこれらの文字が繰り返し表示されます。

テキスト整列

テキストを左、右または中央に揃えます。

墨消しコード(Acrobat Pro DC)

Acrobat では、墨消しとして選択した領域にオーバープリントするためにオーバーレイテキストが使用されます。オーバーレイテキストの 1 つの例として、コードセットからの 1 つまたは複数のコードエントリで構成される墨消しコードが挙げられます。Acrobat には、使用可能な U.S. FOIA および U.S. Privacy Act のコードセットが含まれています。コードまたはカスタムテキストのいずれかを使用して、オーバーレイテキストを作成することができます。墨消しコードは、保存、書き出しおよび取り込みが可能なテキストエントリであることが特長です。1 つのコードセットには、複数のコードをまとめておくことが可能です。

注意:

コードには、オーバレイテキストの現在の属性(色、フォント特性、テキストの繰り返しやサイズなど)がコード定義として保持されることはありません。コードは、オーバレイテキストそのものを、以降のセッションで再利用できるようにしたり、コードセットを共有する他のユーザーが再利用できるようにする役割しか持っていません。コードにその他の属性を設定する場合は、墨消しツールのプロパティダイアログボックスを使用します。

墨消しコードおよびコードセットの作成

  1. ツール墨消しをクリックします。

    第 2 ツールバーに墨消しツールセットが表示されます。

  2. 第 2 ツールバーで、「プロパティ」を選択します。

    墨消しツールのプロパティダイアログボックスが表示されます。

    Acrobat の墨消しツールのプロパティ
    墨消しツールのプロパティダイアログボックスを使用した墨消しコードの作成

  3. オーバーレイテキストの使用」を選択します。

  4. 墨消しコード」を選択します。

    • 1 つの墨消しコードに複数のコードエントリを追加するには、コードエントリリストからエントリを選択し、「選択したエントリを追加」をクリックします。必要に応じて繰り返します。「選択したエントリを削除」を選択して、「墨消しコード」リストにあるコードエントリを削除します。
    • コードの編集」をクリックして変更を加えます。
  5. 墨消しコードエディターダイアログボックスで、「セットの追加」をクリックします。

  6. (オプション)コードセット一覧の下にあるテキストフィールドにセットの名前を入力し、「セット名の変更」をクリックします。

  7. コードの追加」をクリックし、コードエントリ一覧の下にあるテキストフィールドに、オーバーレイテキストとして表示するテキストを入力して、「コード名の変更」をクリックします。

  8. コードセットにさらに別のコードエントリを追加する場合は、ここまでの手順を繰り返します。また、別のコードセットおよびコードを作成する場合は、直前の 3 つの手順を繰り返します。

墨消しコードおよび墨消しコードセットの編集(Acrobat Pro DC)

  1. ツール墨消しをクリックします。

    第 2 ツールバーに墨消しツールセットが表示されます。

  2. 第 2 ツールバーで、「プロパティ」を選択します。

    墨消しツールのプロパティダイアログボックスが表示されます。

  3. オーバーレイテキストを使用」を選択し、「墨消しコード」を選択します。

  4. 左側の一覧から「コードセット」を選択し、「コードの編集」をクリックします。

  5. 墨消しコードエディターダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • コードセットとそれに属するすべてのコードエントリを削除するには、「コードセット」からコードセットを選択して、「セットの削除」をクリックします。
    • 他の PDF で再利用したり他のユーザーと共有したりすることができるよう、コードセットを別の XML ファイルに書き出すには、そのコードセットを選択します。「セットの書き出し」をクリックし、ファイルの保存場所とファイル名を指定して「保存」をクリックします。
    • 以前に保存したコードセットを取り込むには、「セットの取り込み」をクリックし、該当するファイルを検索、選択して、「開く」をクリックします。
    • コードセットの名前を変更するには、「コードセット」からコードセットを選択し、一覧の下にあるボックスに新しい名前を入力して、「セット名の変更」をクリックします。
  6. コードセットを選択した状態で、編集するコードエントリを選択し、次のいずれかの操作を行います。

    • コードエントリを削除するには、「コードの削除」をクリックします。
    • コードエントリの名前を変更するには、一覧の下にあるボックスに新しい名前を入力し、「コード名の変更」をクリックします。

複数のコードエントリの適用

  1. 墨消しマーカを右クリックします。

  2. コンテキストメニューのリストの一番下からコードセットを選択し、ドロップダウンメニューからコードエントリを選択します。コードが適用されると、コードエントリの隣にチェックマークが表示されます。

  3. コードエントリを墨消しにさらに追加するには、以上の手順を繰り返します。

墨消しマークにポインターを置き、カンマで区切られたそれぞれのコードエントリを確認します。

注意:

同じコードを複数の墨消しに適用するには、コンテンツをマークする前に、墨消しのプロパティを設定します。第 2 ツールバーで、「プロパティ」をクリックします。「オーバーレイテキストを使用」を選択し、「墨消しコード」を選択します。「コードセット」、コードエントリの順に選択して「選択したエントリを追加」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー