JavaScript のデバッグの追加

Acrobat JavaScript デバッガー

Acrobat の JavaScript デバッガーを使用すると、デバッガーダイアログを使用してコードを行ごとに確認したり、ブレークポイントを設定したり、変数を調査したりできます。

JavaScript デバッガーを有効にするには、編集/環境設定/JavaScriptを選択して、「Acrobat を再起動した後で JavaScript デバッガーを使用」オプションを選択します。

デバッガーを開始するには、ツール/JavaScript/デバッガーを選択します。

文書レベル JavaScript の管理

文書レベル JavaScript ダイアログボックスを使用して、現在の文書にスクリプトを追加、編集または削除できます。 

このダイアログボックスを開くには、ツール/JavaScript/文書レベル JavaScript を編集を選択します。

JavaScript エディター

JavaScript エディターを使用して、スクリプトを作成および編集できます。

このダイアログボックスを開くには、ツール/JavaScript/すべての JavaScript を選択します。

文書のアクションと JavaScript

特定の JavaScript を特定の文書のアクションに関連付けることができます。アクションがトリガーされると、スクリプトが実行されます。

文書のアクションダイアログボックスを開くには、ツール/JavaScript/文書のアクションを選択します。

アクションを選択して「編集」をクリックし、スクリプトをアクションに追加します。

JavaScript を使用した PDF のカスタマイズ

PDF ファイルをカスタマイズする最も簡単で強力な方法の 1 つは、JavaScript を使用することです。Adobe Acrobat ソフトウェアの JavaScript は、ISO-16262 の JavaScript バージョン 1.5(以前の名称は ECMAScript)に基づいて、オブジェクト、メソッド、プロパティを実装し、これにより PDF ファイルを操作したり、データベース連動型の PDF ファイルを生成したり、PDF ファイルの外観を変更したりといった様々なことができます。Acrobat JavaScript コードを特定の PDF 文書、その PDF ファイル内のページ、フィールドまたはボタンと結びつけたり、ユーザーアクションと結びつけることもできます。

JavaScript は、XML フォームに対して有用です。JavaScript により、フォームの自動処理、Web およびデータベースの通信、注釈の追加、ユーザーインターフェイス機能が可能です。Acrobat および Adobe LiveCycle ツールを使用して作成された PDF ファイルは、データを XML としてカスタムスキーマに抽出できます。Java および その他の言語で 記述されたアプリケーションは、Simple Object Access Protocol(SOAP)を使用した Web サービスで Acrobat と簡単に統合できます。

詳しくは、JavaScript を使用した Acrobat アプリケーションの開発(英語)を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン