注意:

セキュリティに関する記事の一覧については、Acrobat と PDF コンテンツのセキュリティの概要を参照してください。

Acrobat DC および Acrobat Reader DC は、JavaScript が必要なセキュリティレベル内で実行されるように、アプリケーション動作を調整することができます。これにより、JavaScript API へのアプリケーションアクセスを制限し、JavaScript API を必要としないワークフローを分離します。

  1. 編集環境設定(Windows)または Acrobat DCAcrobat Reader DC)/環境設定Mac OS)を選択します。

  2. 左側の「分類」から、「JavaScript」を選択します。

  3. JavaScript セキュリティパネルでは、必要に応じて JavaScript を管理するオプションを設定します。

    Acrobat JavaScript を使用

    チェックマークをオフにすると、JavaScript が完全に無効になるか、または API を介して JavaScript が制限されます。

    メニュー項目の JavaScript 実行権限を有効にする

    メニュー項目をクリックして JavaScript を実行できるようにします。オフになっている場合、特権付きの JavaScript の呼び出しがメニューを介して実行できます。このボックスがオンになっているか否かにかかわらず、メニュー項目を介して、特権付きではない JavaScript の呼び出しを実行することは、ブロックされません。

    グローバルオブジェクトセキュリティポリシーを有効にする

    API を介して JavaScript をグローバルに許可するか、または JavaScript を含む特定の文書を信頼します。

また、JavaScript の実行を管理するために、システムレジストリの設定を変更できます。

詳しくは、アプリケーションセキュリティガイドwww.adobe.com/go/learn_acr_appsecurity_jp)を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー