オンプレミスの Adobe Connect でヘルプとサポートリソースのリンクを設定する方法を学習します。

アカウント管理者は、会議室のヘルプメニューにステータスページへのリンクやサポートページへのリンクを追加できます。これらは自分で設計した HTML ページへのリンクです。ステータスページでは、Adobe Connect システムのステータスに関する情報を提供できます。サポートページでは、Adobe Connect を使用したサポートの利用に関する情報を提供できます。これらのリンクを定義しない場合は、リンクをヘルプメニューに追加できません。

  1. テキストエディターで RootInstallationFolder¥custom.ini ファイルを開きます。

  2. ステータスページへのリンクを編集するには、STATUS_PAGE = "http://connect.example.com/status.html" を設定します。

  3. サポートページへのリンクを編集するには、SUPPORT_PAGE="http://connect.example.com/support.html" を設定します。

    URL には、会議サーバーのドメインへの絶対 URL または相対 URL を指定できます。絶対 URL の場合は、先頭を “http://” または “https://” にします。相対 URL の場合は、先頭を「/」にします。

  4. 次の手順を実行して、Adobe Connect を再起動します。

    1. スタート/すべてのプログラム/Adobe Connect Server/Adobe Connect Central Application Server を停止を選択します。 

    2. スタート/すべてのプログラム/Adobe Connect Server/Adobe Connect Central Application Server を起動を選択します。 

Adobe Connect Central ホームページの「リソース」タブには、「はじめに」ページ、Adobe Connect Central ヘルプ、Adobe Connect のドキュメントおよび ConnectUsers.com へのリンクがあります。これらのリンクを別の場所にリダイレクトできます。

注意:

ConnectUsers.com のリンクは相対リンクではなく Web サイトに移動するため、リダイレクトすることはできません。

  1. HTML エディターで編集するページを開きます。各ファイルパスのプレースホルダー lang に 2 文字の言語コードを入力します。例えば、英語のコードは「en」です。

    ページ

    場所

    ノート

    はじめに

    appserv/common/help/lang/support/startmain.htm

    このファイルは、Adobe Connect Server バージョン 7 以降で編集できます。

    Adobe Connect Central ヘルプ

    appserv/common/help/lang/connect/9.0/using/AH_HOME.html

    このファイルを変更すると、Adobe Connect Central の上部にあるヘルプリンクも変更されます。

    このファイルは、Adobe Connect Server バージョン 7 以降で編集できます。

    Adobe Connect のドキュメント

    appserv/common/help/lang/go/doc.html

    このファイルは、Adobe Connect Server バージョン 7.5 以降で編集できます。

  2. これらの各ファイルに、ファイルのトータルコンテンツとして以下を入力します。

    <!-- ======================================================================= 
        This is used by Adobe Connect to redirect to the desired webpage. 
        If there is a particular place where you would like users to be sent, 
        please customize the URL below. 
         ======================================================================= --> 
    <META HTTP-EQUIV=Refresh CONTENT="0; URL=http://www.example.com">
  3. URL 属性の値を編集して、コンテンツを対象とします。URL は、相対パスまたは絶対パスのいずれかです。

    例えば、doc.html ファイルを組織のサーバーのドキュメントにリダイレクトするには、http://www.example.com/support/documentation/connectpro という URL を使用できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー