Adobe Connect ラーニングとサポート

Covid 19 ヘルプセンターにアクセスして、現在の緊急事態において Adobe Connect を活用する方法を確認してください

はじめに

ダウンロードして、メンバーシップヘルプを探し基本を学習する。

はじめに

チュートリアル

スキル向上に役立つ、初心者からエキスパートまでのチュートリアルをご紹介。

チュートリアル

ユーザガイド

製品の基本的な概念やよくある質問をご紹介。

ユーザガイド


トラブルシューティングとヘルプ

接続テストユーティリティを使用して、接続に関する問題のトラブルシューティングを行います。会議室内で「ヘルプトラブルシューティング」を選択して、テストを実行します。接続に関する問題の詳細は、「接続のトラブルシューティング | Adobe Connect」を参照してください。

トレーニングイベントの一覧を確認して、関心のあるトレーニングに登録してください。

画面の共有、録画内容の変換、ファイルの共有を行う場合は、デスクトップ用のアプリケーションが必要になるためです。詳しくは、デスクトップ用アプリケーションの詳細情報を参照してください。

ブラウザーのデフォルト設定で Flash が有効になっていないか、サンドボックスに問題がある可能性があります。ブラウザーを使用して会議に参加する方法については、ブラウザーで会議に参加するを参照してください。

Adobe Connect Central で会議室を作成します。

はい。サブスクリプションをコミットする前に Adobe Connect の体験版を使用することができます。Adobe Connect 会議に招待されている場合は、体験版アカウントは必要ありません。受信した会議リンクをクリックするだけです。

はい。スムーズに会議を進めるため、事前にアプリケーションをインストールして、会議前の診断テストを実行することをお勧めします。詳しくは、デスクトップ用アプリケーションの詳細情報を参照してください。

はい。会議に参加できるユーザーを制御するための複数のオプションがあります。Adobe Connect の会議室内で「会議/アクセスと入室を管理」を選択し、サブメニューでいずれかのオプションを選択します。Adobe Connect Central で会議の参加者を管理することもできます。

Adobe Connect の会議室のキャパシティを確認する方法を参照してください。ライセンスの詳細については、Adobe Connect のライセンスを参照してください。

はい。「ポッド/ビデオテレフォニー」を選択して「ストリーミングを開く」をクリックします。会議でのビデオの設定を参照してください。

メニューバーのマイクボタンをクリックして、マイクのオンとオフを切り替えます。または、マイクボタンの横のメニューで「マイクをミュート」を選択します。会議のオーディオを参照してください。

会議の録画は、Flash で作成されますが、これは多くのモバイルデバイスでサポートされていません。会議の録画を MP4 形式に変換する方法を確認してください。そうすればモバイルデバイスで再生できます。

会議を録画すると、録画には一意の URL が割り当てられ、録画は Connect Central の会議室の「録画」タブに格納されます。録画した会議を再生する方法と、他のユーザーと録画を共有する方法を参照してください。

無効なユーザーまたはパスワードのエラーが表示された場合は、「パスワードを忘れた場合」リンクをクリックして簡単にパスワードをリセットすることができます。

「サブスクリプションの管理」ページから、クレジットカードと他の課金情報を更新できます。Adobe Connect オンラインストアにアクセスし、注文番号と注文パスワードを入力してアカウントにアクセスしてください。

体験版が期限切れになった場合は、月間または年間のサブスクリプションに登録すると、引き続き会議室することができます。詳しくは、Adobe Connect の FAQ を参照してください。

Adobe Connect Central で、「管理サービスプランサービスプランの変更プランのキャンセル」を選択します。Adobe Connect オンラインストアでも、サブスクリプションをキャンセルすることができます。注文番号と注文パスワードを入力してアカウントにアクセスするだけです。Adobe Connect アカウントの管理について詳しくは、Adobe Connect の FAQ を参照してください。

docker.errors.DockerException: Error while fetching server API version: ('Connection aborted.', FileNotFoundError(2, 'No such file or directory'))

このエラーメッセージは、Podman が正しくインストールされていない場合、またはユーザーが root ユーザー(sudo su)を使用してログインした場合に表示されます。次の手順に従います。

  1. Podman、またはsudo yum remove podman-remoteを削除します。
  2. 現在のユーザーからログアウトし、再度ログインする。
  3. 実行 /external/install.sh.

注意:スクリプト実行中は、ユーザーを root に変更したり(「sudo su」またはその他の関連コマンド)、sudo を使用しないでください。

メディアサーバーには 1:1 の NAT が必要です。つまり、メディアサーバーのインターネットへの出入りは、すべてパブリック IP を使用する必要があります。 ルーターまたはファイアウォールでメディアサーバー用に 1:1  NAT を設定すると、メディアサーバーは STUN プロトコルを使用するためにそのパブリック IP を自動検出します。WebRTC ゲートウェイの管理インターフェイスに移動し、メディアバーがパブリック IP アドレスを検出できることを確認してください。 

https://adminwebrtc.yourdomain.com/admin/#/servers

1:1 NAT が正常に機能した後でも、クライアントからメディアサーバーに到達できない

WebRTC クライアントは ICE を使用し、以下の順序でメディアサーバーとの音声・映像ストリームの確立を試みます。

  • UDP(ポート範囲 :35000 ~ 65535)

  • TCP(ポート 3478 を超える)

  • TLS(ポート 443 を超える)

  • C12 WebRTC ベースのクライアントは、ポート 443 を超える TLS に切り替える前に、すべてのオプション(TCP と UDP)を試行します。

Connect 12 は、デフォルトで CPS とWebRTC、New Connect Cluster(通称 NCC)が同じ VLAN/VPC またはブロードキャストドメインにあることを前提に設計されています。異なるネットワークに設置されている場合は、CPS と NCC/WebRTC 間で適切なレイヤー 3 ルーティングを行い、双方向のネットワーク接続を確保するようにしてください。 

CPS と NCC 間のネットワーク接続を確認するには、CURL と Telnet を使用します。 

CPS と NCC 接続は、HTTPS でのみ動作します。

以下のエラーが FMGW コンテナー ログに表示されます。2 つ目の Redis インスタンスは、セカンダリ として実行するように設定されています。 

ERROR [FM.LiveSwitch.Signalling.Server.IdleThread][-] 2022-07-21T12:46:29.439Z Unexpected error in idle thread. 
StackExchange.Redis.RedisServerException: READONLY You can't write against a read only replica. 

解決策:  

Redis サービスに対応する設定ファイルを開き、属性「slave-read-only」の値を「no」に変更します。 

回避策として、次の手順に従います。

  1. cd ncc-onprem-installer.
  2. mv Images images.
  3. sed -i 's/Images\//images\//' Installer/utils/global_constants.py.
  4. アンインストール - uninstall.sh. を実行
  5. 再インストール - MainInstall.sh. を実行

お問い合わせ方法

Connect

サポート代表者は、以下の方法でサポートを受けることができます。 

電話によるサポートAdobe Connect サポートの電話番号を参照してください。

チャットによるサポート:     画面右下隅のボタンに表示されている通話アイコンをクリックするだけで、製品スペシャリストと会話することができます。

代表者の代わりにサポートを受けてもよいかわからない場合は、サポート対象のユーザータイプと、当社のエンタープライズサポートチームを確認してください。