Adobe Connect Edge サーバーの DNS 設定オプション

Adobe Connect Edge サーバーの DNS 設定オプション

問題

このテクニカルノートは、Adobe Connect Enterprise Server 6 のインストールおよび設定ガイドを補足するためのものです。

Edge サーバーは遠隔地のデータを集約し、個々で処理できないものをパッケージ化したうえで、Origin サーバーに移行します。このためには遠隔地の DNS サーバーを正しく設定する必要があります。

 





上記の Edge サーバーをある企業で実装すると仮定します。シカゴで Origin サーバーがインストールされ、東京やパリなど世界中のユーザーが本番環境でこれを使用する場合、東京とパリには相当数の Connect ユーザーが存在するため、これらのロケーションで Edge サーバーがインストールされることになります。

完全修飾ドメイン名(FQDN)

種類

IP アドレス

connect.example.com

Origin

10.7.215.10

edge.tokyo.example.com

Edge

10.7.145.11

edge.paris.example.com

Edge

10.7.95.12

注:上記のドメイン名と IP アドレスは一例です。

Edge サーバーの実装前に、東京、パリ、シカゴなどのユーザーはブラウザーを開き、URL(http://connect.example.com)を入力のうえ Connect セッションを開始します。シカゴ、パリ、東京などには、同一の DNS マッピングを共有するための、DNS サーバーが存在しました(します)。このような DNS 構造は「一元的 DNS システム」と呼ばれます。DNS は「一元的」であるため全員が同じマッピングテーブルを共有し、ユーザーのロケーションにかかわらず、connect.example.com は 10.7.215.10 に転換されます。このため Edge サーバーがインストールされると問題が発生します。

Edge サーバーのインストール後、東京のユーザーは http://connect.example.com を入力する際に、10.7.215.10(connect.example.com)ではなく 10.7.145.11(edge.tokyo.example.com)に、パリのユーザーは 10.7.95.12 にマッピングされる必要があります。一元的 DNS システムで同じマッピングテーブルが共有される(connect.example.com が常に 10.7.215.10 にマッピングされる)場合は、これをどのように設定すればよいのでしょうか。「Subnet Prioritization」を用いることでこれが可能となります。

解決策

「Subnet Prioritization」が設定されると、一元的 DNS システムではクライアント(ユーザー)のロケーションに基づく IP アドレスのリストが返されます。このため http://connect.example.com を入力するパリのユーザーは、 10.7.95.12、10.7.145.11、10.7.215.10(パリ、東京、シカゴ)のようなリストを、東京のユーザーは 10.7.145.11、10.7.95.12、10.7.215.10(東京、パリ、シカゴ)のようなリストを、その他ユーザーは 10.7.215.10、10.7.145.11、10.7.95.12(シカゴ、東京、パリ)のリストを受け取ります。これにより Connect の問題が解消されます。これでパリと東京のユーザーは現地の Edge サーバーを通じて Connect にアクセスし、その他ユーザーは Origin サーバーに直接アクセスすることになります。

DNS サーバーが一元的でなくマッピングテーブルを共有しない場合は、「Subnet Prioritization」の必要はなく、各 DNS サーバーを個別に設定することができます。

「Subnet Prioritization」の設定方法は、Microsoft ウェブサイトに掲載されています。

注意点

  1. クライアントが connect.example.com を変換する際、サブネットに DNS エントリーがない場合、クライアントに IP アドレスが返されると、DNS データベース / テーブルに最後に入力された DNS エントリーが、クライアントの DNS キャッシュの最初の行に表示されます。このため DNS が Origin のみの実装に設定された後に Edge サーバーが追加された場合は、Origin の DNS エントリーを削除し、最後のエントリーとしてが再度追加しなければなりません。
  2. 「Subnet Prioritization」でサブネットマスクおよびネットワーククラスを処理する方法についても問題があります。DNS サーバーは Windows 2003 サーバーで、「ラウンドロビン」がオフでなければなりません。Microsoft のサポート記事については、http://support.microsoft.com/kb/842197をご参照ください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン