PPTX ファイル共有のガイドライン

Adobe Connect Meeting Room で Microsoft PowerPoint プレゼンテーションファイルを共有する際のベストプラクティスと注意事項。

Adobe Connect で PPTX ファイルを共有する際は、下記のベストプラクティスを使用してください。これらのプラクティスは、PPT ファイルを共有する際には必要ありません。

PPTX ファイルは、Adobe Connect Meeting の共有ポッドに直接アップロードすることも、Adobe Connect Content ライブラリにアップロードすることもできます。

Adobe Connect Meeting Room のコンピューターから直接共有する場合は、次の操作を行います。

  • Adobe Connect デスクトップ用アプリケーションを使用してセッションに参加する初めて PPTX ファイルを共有する場合は、デスクトップ版 Adobe Connect アプリケーションをインストールするように求められます。
  • アップロード元のコンピューターに Microsoft PowerPoint がインストールされていることを確認してください。 
  • アップロード元のコンピューターで Microsoft PowerPoint のモーダルダイアログボックスが開いていないことを確認してください。 
  • Adobe Presenter をお持ちの場合は、ローカル(マイコンピューター)を zip パッケージとして公開してから zip パッケージを共有できます。

Connect Meeting Room で共有するためにコンテンツを Adobe Connect Content ライブラリにアップロードするときは、次の手順を実行します。

  1. PPTX を PPT 形式で保存してから、PPT ファイルをアップロードします。 
  2. Adobe Presenter を使用して、zip パッケージとしてローカル(マイコンピューター)に公開します。zip ファイルをコンテンツライブラリにアップロードするか、Adobe Presenter から Adobe Connect コンテンツライブラリに直接公開します。

この表は、さまざまなシナリオでのアップロード動作を比較したものです。

PowerPoint の機能

Adobe Presenterを使用せずに PPTX を共有する

Adobe Presenter を使用して PPTX を共有する

ワードアート

保持

保持(テキストアニメーションは失われます)

積み上げテキスト(テキスト方向)

保持

保持(テキストアニメーションは削除)

スマートアート

保持

保持(スマートアートアニメーションは失われます)

チャート

保持(色の塗りつぶしはサポートされていません)

保持(チャートアニメーションは失われます)

テキスト効果(グラデーション/画像/テクスチャ塗りつぶし、影、3D、ベベル、グロー、変形、アウトライン)

保持(シャドウ効果、入力アニメーション、テキストカラーアニメーション、ブレットアニメーション、3D 効果はサポートされていません)

保持(シャドウ以外のアニメーションは失われます)

形状/画像への影響(シャドウ、反射、3D、ベベル、ソフトエッジ、グロー、アウトライン)

保持(スライド入力アニメーションを除くアニメーションがサポートされている)

保持

PowerPoint 2007 のフォント(Cambria、Calibri、Candara など)

サポートされているフォント

代替フォント

カスタムフォント

代替フォント

代替フォント

PowerPoint のスライド

  • スライドを画面共有しない。
  • サイドバーを使用して非線形ナビゲーションをおこなう。
  • メモや会話のポイントにサイドバーを使用する。

Captivate のパフォーマンスを向上させる方法

  • キャプチャを短くし、長いセクションをそれぞれ 2 分以内のセグメントに分割するようにしてください。
  • オーディオが必要な場合は、圧縮値を最低の音質に設定します。
  • ダウンロードの中で最も重い部分の 1 つであるオーディオを削除します。会議中のナレーションを自分自身でおこないます。
  • JPEG の画質を下げます。

ビデオを FLV に変換

  • Adobe Premiere、After Effects、またはその他のビデオエディターから FLV 形式で公開する。
  • Flash 8 または 9、SWF ファイルと FLV ファイルに変換する(C9 では、Flash 10 または 11 用にパブリッシュできます)
  • FLV を会議室に取り込む。

VoIP

  • https://my.adobeconnect.com/microphones でマイクに関する提案を確認する
  • スピーカーをオフまたはオフにするか、ヘッドセットを装着してください。
  • 会議メニューからオーディオ設定ウィザードを実行します。
  • 1 台以上のスピーカーを選択します。

録画

  • レイアウトを使用してインデックスを作成します。
  • WebLinks Pod と共有されている URL は記録されません。
  • 記録からポーリングすることはできません。
  • ユーザーがアーカイブ内のコンテンツを操作できるようにする場合は、会議中のコンテンツ(PPT と Adobe Captivate)の同期を解除します。
  • 権限を制御したり、使用状況レポートを表示したりするには、記録をコンテンツ領域に移動します。
  • 記録の特定の時点で録画を開始するには、archiveOffset を使用します。例:http://my.adobeconnect.com/{recording_id}/?archiveOffset=60000
  • オフセットはミリ秒単位なので、オフセット値は分 × 60,000 で求められます。つまり、録音の 1 分後に再生を開始したい場合は、オフセットを 60,000 にします。

Adobe Presenter HTML 出力でサポートされていない機能

  • PowerPoint プレゼンテーションのシャドウ効果は、Flash および HTML では表示されません。
  • PowerPoint プレゼンテーションのスライドインデックスが正しく反映されないことがあります。
  • ホストが同期を無効にしている場合でも、HTML クライアントユーザーは音量ボタンを使用して共有プレゼンテーションの音量を設定できません。
  • PPT / PPTx コンテンツは、Flash と比較するとぼやけて見えます。
  • 動機が無効になっている状態でホストが次のスライドボタンをクリックすると、テキスト/画像アニメーションはバイパスされます。
  • PPT を PPTx に変換する際、PPTConverter は画像ハイパーリンクを失うので、プレゼンテーション内の画像ハイパーリンクは HTML および Flash では失われます。
  • 多言語 PPT がハイブリッドコンテンツに変換された後、正しくレンダリングされません。
  • PPT の公開時に Flash の 3D 効果は失われます。
  • リンクされているオーディオは Flash や HTML では再生されません。
  • リンクされているビデオは、HTML ビューや Flash では再生されません。
  • グループ化されたオブジェクト上のアニメーションとハイパーリンク。
  • スライドに埋め込まれた GIF。
  • グラフオブジェクトの塗りつぶしカラープロパティ。
  • 弾丸のアニメーション。
  • スライド導入アニメーション。
  • 色ベースのアニメーション。
アドビのロゴ

アカウントにログイン